パントルセレブルの館 >> お知らせ >>

鉄道趣味に対する規制について

認可取り消しとその後の規制の経緯について

旧一家では、2014年8月に始まった「聖域無き見直し」の取り組みの中で、あらゆるものを見直しの対象とし、敵対勢力による焚き付けであるとの疑惑が見えていた鉄道趣味については、見直しの結果、敵対勢力が真実の追究をさせない目的で、電磁波犯罪の手口を以って焚き付けたものであるとの見解に達しました。
また、鉄道趣味によって多くの貴重な金員と時間が徒に失われたという重い事実を当局として無視することは出来ず、このため2014年10月下旬頃に、鉄道趣味の認可を取り消しサイトを閉鎖するとの結論に達したものであります。
この結論を受けて、当時運営されていた鉄道趣味サイトについては2014年11月13日を以って閉鎖し、同11月15日付けを以って鉄道趣味の認可を一家として正式に取り消し、機材を処分いたしました。
その後の一家の決定によって、鉄道趣味は一家として非合法化されましたが、現在では真実の追究が進んだことにより鉄道趣味だけの問題ではなく、全て趣味ごとには総じて煽りとハタカセのネタになり得るという考え方に移行し、鉄道趣味に限らない趣味ごと全体への総合規制に移行しました。この際に鉄道趣味についてはその活動が不当に敵によって規定され強要されたものが多かったこと、誘導の理由付けになったのはこの強要であって鉄道趣味そのものではなく、問題は敵一味の外には無いとして、敵一味が誘導し強要したような物を排除した上で対象を一家にゆかりのある路線に限定し経済状況悪化時には活動を差し止める条件付の限定免許を2016年4月1日付で交付しています。なお、鉄道趣味に特化したサイトの開設、他の鉄道趣味者との交流は引き続き禁じています。

調査結果について

非合法化後も含めた、一家(当時。以下同じ)としての調査の結果、鉄道趣味の焚き付けには以下のような背景と目的があったことが明らかになっています。

  • 2000年に一家がインターネットに参戦したことは、敵対勢力側にとっては真実が知れて目的が遂行できなくなる可能性がある、大きな脅威であった。
  • そこで、この敵対勢力が電磁波犯罪による洗脳手法を使い、当時一家としてはどうでもよくなっていた鉄道趣味をやおら焚き付け、真実の追究からスピンしそこに近づけないようにした。
  • この焚き付けにおいては、同時に金員をハタカセて蓄えさせないこと、交際に繋がる縁が出来てもそれを結実させないこと、鉄道趣味そのものを用いて敵対勢力の都合に沿った場所に誘導すること、精神的に本末転倒させて大事なことを優先して実行できないように陥れることをも目的としていた。
  • 真実の追究からスピンし続けて、なおかつ現実を見させないようにすること、及び現実を見て為すべきことを実行できないようにすることを目的として、鉄道趣味の焚き付け後に一時的に父子関係を断絶させ、その間に思い通りに宗教に誘導してこれに依存させるという手法が取られた。
  • その後、鉄道趣味が減速して真実の追究が行われるようになると、敵対勢力側は殊更にこれをスピンするために同じように刷り込んでいた「バイク」を用いて、同じように洗脳手段を用いて金員をハタカセて、追究の手が医療やテクノロジー犯罪にまで及ばないうちに人工透析への転落を急がせ、なおかつ病状の悪化を知られないように同じ洗脳術を用いて診察からドロップアウトさせて現実を見させないようにするという悪辣な手口が使われた。
  • しかしながら、当初疑われた敵一味によって捩じ込まれたものではないかとする論説については、趣味雑誌などのメディアによるところも大きく敵一味が捩じ込んだという決定的証拠、論拠が見つからず時期的にも証明が困難であるとの結論に至った。

このように、今日の不遇の原因となっている多くのことが、この鉄道趣味の焚き付けを起点として行われており、決して許されないものであると今日のシングスピール会では断じています。
また、鉄道趣味そのものがその後の調査で煽りとハタカセを内包した趣味であり、自然発生ではなく体制側によって作られた趣味であること、鉄道趣味界には苛烈な煽りの風が吹き荒れており、鉄道事業者も鉄道趣味業者もグルであること、更に放り出さない程度に適度にいじめてこの趣味にしがみつかせる悪質な手法が取られていることなどがわかっており、他の趣味ごとにおけるメディアの煽動と同様に当会として問題視しています。

趣味ごとに対する現在の考え方

趣味ごとは人間としての文化的生活に必要なものではあるが、度を過ぎて深みに嵌ると人生を狂わせる大きな原因にもなりえるものであり、深入りしすぎないように適正な規制が必要である。
趣味レジャー雑誌や御用サイトの類は総じて思考停止、脳内お花畑に民衆を陥れるためのNWO支配勢力の陰謀であり、煽りとハタカセ、資産簒奪のためのツールであるからそのようなものに頼らないようにして、対象を限定するなどして深みに嵌ることを防がなければならない。
また、趣味ごとの対象の中には権力者、支配層の都合と思惑によって捏造されたものが必ず存在するからそのようなものを見抜き、そのようなものは対象としてはならない。
趣味ごとに使うツール或いはグッズはあまり売り買いしないようにして、ひとつのものを長く使い続けるようにするべきであり、支配側が煽るような流行やトレンドなどには踊らされないようにしなくてはならない。また、趣味ごとによる所有物は必要最低限に抑制し、浪費を防がなければならない。

現在の統制について

現在、シングスピール会では鉄道趣味に限らずあらゆる趣味ごとは総じて煽りやハタカセのネタになり得るという考えから鉄道趣味に限らない趣味ごと全体に対する総合規制に移行。
鉄道趣味については、当時の活動が敵一味によって不当に規定され本当にしたかった活動は幾らも出来ていなかったこと、結局敵一味が捩じ込んだ趣味であるという決定的な証拠が得られなかったこと、敵一味が鉄道趣味だけの問題に矮小化して他の趣味ごとに対するマークを外させようとしていたことへの問題視、敵一味の遠隔洗脳操作による不本意な捩じ曲げによるところが大きかったことなどから敵一味の誘導や強制によるものを排除した上で一家にゆかりのある路線に限定し経済状況の悪い時には活動を差し止める条件付で限定免許を交付、息抜き程度の最小限度の活動を認める方針に転換した。