パントルセレブルの館 » 敵対者批判 »

すり替え

門外漢女を着ぐるみにした電磁波部隊による破滅の企みによって筆者はあらぬ嗜好を刷り込まれ完全に別人の、そして極めて低レベルの思考にすり替えられてしまった
いまは、忌まわしい洗脳に巻き込まれる以前の筆者の姿を取り戻さんとしているその途にある
取り戻す、というか再構築するといったほうが合っているかも知れんな
洗脳生活が長かったので、以前の記憶にあってはその多くが消し飛んでしまい全ては取り戻せないだろう
無いものは作るしかないが、そこにも新たな刷り込みやすり替えの機会を窺う徒輩の存在があり前途は多難である
あの卑劣な連中が刷り込んだ物は、そのメンバーの一人の嗜好が色濃く反映されているものである
ただし、アイドル好きは千ラシ裏の痴犬の趣味である
以下は、犯人グループの一人の嗜好になる
・リクスーフェチ
・ストッキング&下着フェチ
・黒タイツ好き
・長身が好み
・ミニスカとか短パンとかが好み
筆者の嗜好は
・パンツルック、ジーパンとかスラックスが好感度
・ポニテとか三つ編みツインテとか耳の出る髪形、ただし短髪不可
・シンプルで上品なファッションの似合う人
・派手なのとか体の線が出るのはNG
・スレンダー系が好みだが160cmくらいがベスト
そもそも、JDがいいとかリクガがいいとかいうのは犯人の一人のリクスーフェチから派生したものであると思われる
そこに女子大生信仰を添加物として加えることで筆者を深みにはめようとしたものであり恐らく門外漢女の意向が強く反映されているのだ
折角の縁を潰したのは、斯様の内容での洗脳を徹底する為であり紛れも無いガスライティングである
その存在は門外漢女を含む敵一味にとって頭が痛いのみならず、自分の嗜好からも外れるので気に入らなかったということなのだろう
そして縁は抹殺され、実体の無いリクガ信仰だとかが席巻していった
それは全て敵の意向であり私の意向ではない
そして、門外漢と痴犬だけが残ったということだったのである
しかし、元から筆者の中には無いものは無いので洗脳が解けてしまえばただの瓦礫である

現在の筆者はイデオロギーがあってアイデンティティが無いといういわばねじれ状態である
アイデンティティ探しが即ち私さがしである
近いうちに痴犬の悲惨な末路を目の当たりにするのではないかというのが専らの推定である

カテゴリー:敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-111.html