パントルセレブルの館 » 敵対者批判 » 三類の強敵 »

三類の強敵

ここ最近はすっかり鳴りを潜めていた敵対者連中であるが
陰険で卑怯かつネチネチとした策動が再び出てきている
やはり三類の強敵が無くなることは無いと実感するこの頃である
今日の状況というのは横山による執拗なソーシャルエンジニアリングというものがあり、そして奴がカルトの知人を頼ったことによって総てがあるのだ
回顧録にある「根掘り葉掘り」というのがソーシャルエンジニアリングに当たるものである
その後門外漢女による仄めかしがあり、そこからガスライティングが始まったのである
自動二輪圧殺事件やそれに続く原付車破壊策動&故障理由偽装事件の後に門外漢女とは疎遠化したために謀略団体幹部にとってはソーシャルエンジニアリングのほうが中途で中断してしまい策に詰まったところに筆者の派遣脱出計画が降って湧いた訳である
敵は、かかる危機(笑)を誘導作戦で免れたのみならず、ソーシャルエンジニアリングのスペシャリストを要求し、まんまと筆者を罠に陥れたのであった
このことはそのまま門外漢女の意向を満足させるものでもあったのだ
さすがにおかしいと気付いた筆者は門外漢女を公開で問い詰めたのだがその狡猾な言い逃れと口八丁の前に惨敗を喫してしまった
だが、奴の側もその場限りで誤魔化すのが精一杯で、この事が今日までの怨恨の根源となっているのだろう
その後門外漢女とは再び疎遠化し石之坊からも遠ざかることとなった訳だが、その事がはからずも門外漢女の潜伏と悪逆なる蠢動を許すことになってしまったことには忸怩の念を禁じ難い
いま失地回復史のほうでやっているのはここまでである
回顧録のほうではごく最近まで振り返っているのだが、そちらでは千ラシ裏集団に関してあまり書いていない
寧ろ千ラシ裏問題についてはここからが肝心要であり、まさしく核心の部分に迫らんとしている訳である
三類の強敵というのは先に書いた如く陰険かつ卑怯に、ネチネチと策動をけしかけてくるものであり、自らの正体を明かさずに息の根を止めようとするものである
その意味で門外漢女一派もSG・千ラシ裏集団も悉くこれに当たると云える
先日の盟友を狙った事件であるが、あれは広宣部の工作員であると見て違いは無かろう
クルマをわざわざ狙ったというのがミソであり、クルマに恨みのある者の犯行と思わせたいという念慮がそこにはあるのだ
裏を返せば、筆者を分断することを狙った策動なのである
言っておくが筆者はクルマには何の恨みも無い
しかしながら、クルマを持てるまでには至ってないのが一家の現状であり、未だ失地回復の途にあってはクルマにかかるコストが一家の財政を圧迫することになるので二輪車を使っているのである
昨年、自動二輪事業の決定に先立ち二輪と四輪双方のコストを試算した
その結果、二輪免許の取得に費用を費やしてもなお二輪のコストが圧倒的に小さいと判断したのである
つまり、敵対者連にとってそれは不都合なので執拗に妨害を繰り広げてコストのかかるクルマに押し戻さんとしているのである
いずれ明らかになる事と思うが、一派の先鋭化はカルトの宿命であり、だから宗内カルトというのである

カテゴリー:三類の強敵, 敵対者批判
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-116.html