パントルセレブルの館 » 粛清 »

粛清から3年 4

3年前の4月10日に大きな粛清があったのだが今や風化させてはならない節目のひとつになっている
焼け野原同然だったあの頃
戦災復興は未だ半ばであるが
焼け野原同然の状態は解放聖戦終結後一年近く続いた
しかし、そこから僅か一年強で自動二輪計画を奪還しそして生活の再生を果たした
よくぞあの焼け野原から立ち上がったものだ
だがそれを面白くない敵一味は筆者を始末しようとした
始末に失敗すると電磁波による操作で筆者を撹乱しようとした
持ちこたえていると電磁波ガスライティングで操作されてあの忌まわしい事件が惹起した
あの場にあって筆者を貶めようとした両名は間違いなく洗脳されている
その後も電磁波ガスライティングによる混乱が三ヶ月続いた
そこから辛くも逃れたのは仏天の力用に他ならない

生活の再生には筆舌に尽くし難い苦労があった
反消費主義への転換、そして信心第一への転換の取り組みがあった
更に直近では刷り込まれたものの排除粛清、悪習の排斥、アイドルなどの全面的禁止の取り組みを行った
そして、何より重要だったのは交際統制である
法統相続は重要であるが、拙速はならない
今は未だそこまで境涯が上がっていないと一家は決している

筆者は未だ戦災復興の途にあってまだまだ修行を積まねばならない
この状態で何かを作る愚を冒すことはできない
失地回復の重要性を無視して隙あらばねじ込もうとする徒輩は筆者にとっては失地回復の敵であり邪悪なる悪魔でしかないことをはっきりとしておく必要がある
斯様の徒輩は無慈悲に粛清することとなる旨通告する
一見鮮やかにも見えかねない生活再生には地味かつ地道なる数々の取り組みがあることを努々忘れてはならないのである
(おわり)

カテゴリー:粛清
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-121.html