パントルセレブルの館 » 敵対者批判 » 三類の強敵 »

三類の強敵

先日発生した事件であるがのっぴきならない事態に発展している
電磁波による操作で強制睡眠の被害に遭い就業が危機に瀕しているのだ
これは100%広宣部・電磁波部隊の仕業である
奴等も上からの指示によって動いており苦情の電話もそれによる為にする策謀でありガスライティングである
謀略団体の謀略団体たる所以である
以前にも書いたように三類の強敵は自らの正体を明かさず、卑怯で陰険なやり方で息の根を止めんとするものである

人間は電磁波を帯びた生体である
脳波も電気信号であり電磁波の一種である
電磁波犯罪は脳波の技術を悪用した犯罪である
要はこの脳波に割り込むように電磁波を発射して機械に接続させ、人間を不当にコントロールするものである
今までの調査で、少なくとも2004年終わり頃までにはこの犯罪による思考盗聴が始まったとみられている
経緯については門外漢女が学会の知り合いに余計なことを話したことで悪用されたというのが専らの推定である
この犯罪の基本は身体の操作と意識の深層に入り込んでのマインドコントロールであり目的はほぼ100%ガスライティングである
ガスライティングは予め決められたストーリーに強引にでも合わせて進められる
これは電磁波ガスライティングでも人手によるガスライティングでも同様である
敵は、偶さか現れてしかも情報までもたらした門外漢女を利用して筋書をつくりマインドコントロールを始めた―
これが真相であろう
創価の人間と係わるとろくなことは無いのだ
門外漢女は、周知の通り信心の怪しい徒輩である
敵は、その脆弱さに付け込んで奴を利用したのだ
しかしながら門外漢らの所業は決して許されるものではない
悪い考えをするから悪知恵を仕込まれるのである
敵は、利用できるものなら何でも利用してまで人を貶めることに余念が無いのだ
門外漢一味は実際に石の湯事件を初めとする数々の事件に手を染めてきた
そして千ラシ裏女率いる工作団はSG現場で数々の悪行を働いてきた
これらは事実である
そして、後者は創価と見て間違いない
何故両者の動きがリンクしていたのか―
そこに電磁波部隊が関わっているのだ
以下は、最新の推定になる
両者を結び付けていたのは電磁波部隊であり、彼奴らを操っていたのは学会の謀略であるというのが最新の推定である
SG現場などを舞台にしたガスライティングは創価が仕組んだのだろう
不当クレームも全てが創価に仕組まれたものなのだ
だから大粛清は正当防衛である
門外漢一味はマインドコントロールを受けて変質した徒輩の集団である
一度マインドコントロールを施されると解かない限りに於いてはその効果は半永久的である
刷り込まれた思考を自分の強固な意思と思い込んだ彼奴らは数々の悪行を働いてきたのである
石の湯事件があってから石之坊は変質した
現講頭・山崎は創価学会出身である
1991年の創価学会問題の折に脱会はしたが、学会式の曲がった信心のまま来てしまったことが変質につながっているのである
信心脆弱であったり信心が曲がっていると魔に紛動されるのである
何故電磁波部隊は石之坊を変質させたのか、ということを考える必要があるだろう
創価学会も戸田会長当時は純真な信心の団体だったが池田大作によって乗っ取られ変質した
池田が学会を変質させたように電磁波部隊が石之坊を変質させたとしたら―
全ては創価の策謀なのではないかというのが専らの推定であるが、騙されたからといって門外漢一味や千ラシ裏女一味の所業が許されるものではないのである

いかなる困難が競おうとも、困難な時こそ強盛な信心で乗り越えていくことこそ詮にて候え
魔が競わないのは本当の信心でない証左になる
逃げるのは退転であり臆病者との謗りを免れないのである
今後も計画通り信心中心生活の確立に精進する所存である
境涯を変えてゆける信心をと常に願っている
意外な展開ではあるが、敵の真の姿が見え始めてきた
これまでの記事の中にも、マインドコントロールの影響があるものが散見される他書かされた記述もあることがわかっている
これらについては柔軟に対応する方針であるが、対応には長い時間がかかるであろう
未だ全てが解ったとは限らないゆえ、記事の修正等は慎重に対応する

カテゴリー:三類の強敵, 敵対者批判
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-128.html