パントルセレブルの館 » 敵対者批判 » 三類の強敵 »

着ぐるみ

案の定雲行きが怪しい情勢になってきた
ある程度予想はしていたが
全ては謀略団体幹部の意向によってもたらされたものだろう
電磁波ガスライティングが念頭にないとその負の感情のマインドコントロールで持って行かれてしまうのだ
ただ、以前に謀略団体の名を現場で聞いた覚えがあるので何ともいえない

今日とんでもない感情のマインドコントロールを受けた
今までにない口汚さと強気が見受けられたが直ぐに判ったので紛動はされなかった
その理屈は謀略団体であるという確信を変えさせることに拘るのと同じである
今日は主に失地回復プロジェクトの歴史を中心に修正を行い進捗率が約60%となった
また、本年に入ってからの記事について校正ならびに修正を終えた
現在までに過去の多くの史実について明らかになっている
今までにない悪辣なマインドコントロールの企図には敵の狼狽が伺える
ある角度から見た時、何とかして確信を変えさせるために一連の謀略が仕組まれた可能性があると気付いた
あらぬ事をけしかけ、就業が危機に瀕する事態に持ち込んでおいて負の感情のマインドコントロールを行い、大憤激に至らしめて一気に崩しにかかる―
これが敵の描いたシナリオである
敵はその正体を隠すための着ぐるみとして門外漢女やその一味を利用していたのだ、最近までは
しかし、電磁波犯罪の資料が見つかったことでその正体が明らかになり、更に電磁波ガスライティングのトリックが白日の下になったことに焦燥した謀略団体幹部が先のシナリオを画策し作戦を指示したのだ
電磁波ガスライティングもまた、ターゲットに着ぐるみを着せるように違う人格にすり替え、あらぬ事を刷り込みあらゆる手段を駆ってけしかけ暴走させることで敵の思い通りのレベルにまで破滅させる犯罪である
敵対者連が無間地獄を見る日はそう遠くないことと存ずる
革命一家は何度でも立ち直ってみせるので心配はいらない

カテゴリー:三類の強敵, 敵対者批判
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-129.html