パントルセレブルの館 » 私さがし »

ロードランナー

いま革命一家では臙脂色革命の精神に立ち返るべく一つの決断を下した
臙脂色革命では古臭い資本主義的な理想像が否定され、反消費主義の導入により新たな価値観に基づく運営を目指した
信心中心・反消費主義の一家建設である
しかし、これは敵の都合に触れるものであった
そして、敵の誘導で気が付いたら元の悪しき失地回復論に戻りかかっていた
敵にしてみれば、まだまだ煽れる要素はたくさん残っていたのである
しかしながら、敵が拘らせるものほどくだらないと気付いた筆者は心の重荷を降ろさねばならないと決した
身の丈に合わない、そして何の関係も無い者は例え現実に存在したとしても筆者にとっては幻影に過ぎぬ
法統相続の未達という事態、パートナー不在の現状が問題を大きくしているといえる
敵は、パートナー不在の状態ままで押し止めながら、徒に実現不可能なレベルまで目標を吊り上げ、それによって取るに足らぬことに執着させながら身近なところにあった縁は悉く引き裂いたのである
解放聖戦があって、リクスーは断固として否定されることとなった
しかし、敵は震災後の非常事態に乗じたマインドコントロールによって法統相続を妨害した
あらゆる事犯の記憶を徒に誇大にフラッシュバックさせてがんじからめにするという汚いやり方で押し止めたのだ
横山容疑者も、それと知って妨害に協力していたのだ
奴等は万死に値する

革命一家では臙脂色革命の精神に立ち返り、実現不可能なもの、現実と乖離しているものを遠離し、不釣り合いな関係を排除し必要最低限を確保しつつ無駄の無い、継続可能な生活を維持してゆくことを永遠の指針とする
また、パートナー不在の状態を一日も早く解消し堅固たる体制の確立に努める所存である

思い悩んでいた時にふと浮かんできたのがロードランナーの姿である
ロードランナーのように無駄が無く機動力に富んだ身軽な姿が理想的である
身軽だからこそしなやかに、軽やかに立ち回れるのだ
革命一家も重荷を捨ててロードランナーのごとく機動的な運営ができるよう努めてまいる所存である
ミッミッ!

カテゴリー:私さがし
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-138.html