パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

雑感 7/4

国策の原発が問題となっている昨今であるが
これまでその辺についての発言を控えてきた
まだ多くを語るには早いと思われるが基本的には反原発の立場に私は立っている
原発が奪ったものは二度と戻ってこないだろう
だから、サイトの更新もままならないのである
その辺については心の整理がつけば機会を改めて書くこととする
福島の事故は原子力というものがそもそも人間の手には負えないものであるという事を示したものである
だから、脱原発・自然エネルギー推進に舵を切るべきなのであるが原発にしがみつく徒輩のおかげでそれができないのである
一部住民の原発にしがみつかんとする我利我欲ありきな姿勢には怒りすら覚える
いかなる物事においてもしがみつけばしがみつくほど事態というものは悪くなるものであることは私自身の経験からも明らかだ
また、しがみつこうとする人の姿勢は必ず悪用されるし
しがみつかせるために恫喝するという質の悪い徒輩も実際にいる
東電なんぞは電力使用率を水増し発表しているという
国も東電も既得権益を守るばかりで国民を守るという姿勢は微塵も感じられない
メディアの節電キャンペーンなんぞに踊らされて身を滅ぼさないよう警告を発する
実際、この節電キャンペーンがまったくの逆効果であることがすでに実証されている
ピークが夕方に移動しただけで何の効果も出ていないのである
むしろ過度な節電は熱中症などで命を落としかねない大変危険なものである
酷暑の際はクーラーを使って自分の身は自分で守ろう!
6900万KWくらいまでは大丈夫なのでメディアの発表に踊らされないように!
そもそも節電キャンペーンというのは東電だとか諸々の既得利権を守るために行われていると知るべきである
原発推進へ国民分断、メディア懐柔/これが世論対策マニュアル - しんぶん赤旗
これが原子力村の手口である
いざというとき役所やメディアは人の命を守ってはくれませんので
むしろ、役所やメディアが奪った命は数知れないだろう
それにしても東電は実際の供給能力を示す資料をHPから削除しているというから悪質である
東電、電力使用率を情報操作 恣意的に数値を高く見せる
あと、こんなものもある
東電、発電実績データをHPから削除
計画停電は最初から必要なかったということではないか!
被災地まで停電させたことなどからも明らかなように東電には良心というものがかけらもない
国民を欺き、国民を脅す東電を決して許してはならない
地デジの件でも明らかなように役所というのは既得権益に寄り添っている立場だ
そもそも役所とメディアはもっとも信用ならない相手であると知るべきである
その役所とメディアを鵜呑みにしているのが時の愚民どもであり門外漢、謀略女もこれと同じなのである
いずれにしても、正法を信ぜずして我利我欲を追求したところで真の幸せはありえないと知るべきである
関東大震災と阪神大震災で命を奪ったのは火災、つまり炎だった
今度は津波、つまり水である
日本の民よ、我欲を流せ!という諸天の戒めであると知るべきである

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-14.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です