パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 戦後処理 »

バイク売却完了

長年の政争の具であった「バイク」が名実共に終わりを告げた
本日付でバイクの売却が成立し、革命一家の車籍から抹消した
最終運行は9/5であった
精一杯の金額を出してもらったので何とかこの後の処理をしっかりして新たな体制の建設をしていきたい
車輌は、先ほど引き上げていただいたところである
あとは残余物品の処分が残っている

事の始まりは、1999年11月に一号形原付車を取りあえずの足として購入したことに始まる
それがいつの間にやら夢だの悲願だの尾ひれがついて止めることができなかった…
現実的対応として、リードまではよしとする
その先には行ってはいけなかったのである
今後の対応は、これからである
信心11年目にして、ようやく普通の男に戻れる

カテゴリー:戦後処理, 自主独立闘争関連
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-142.html