パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 化城の爪跡 »

化城の爪跡

突然であるが、筆者は今入院療養中である
早い話が敵の誘導にはめられた訳である
今年の中頃はまだ化城の崩壊前であり、まだバイクというものがはばかっていた時期であった
従って、まだ自由の闘士という幻想に支配されていた訳である
そこで敵が考えたのが、他の要素に対する計画的な攻撃によって注意を引きながら、自由の名の下に大切なことを外させることだった
詰まりは、薬からの解放という「自由」を謳いマインドコントロールに持ち込んだのだ
これは、中形バイクへの誘導とセットだったのである
「バイク=自由の象徴」というまやかしの思想に乗じた悪辣な誘導であった
化城の崩壊が時間の問題とされる中で敵が用意した大いなる報復であるといえる
つまり、敵はいつか化城が崩壊することを視野に入れており、バイクだけでは化城を支えきれず、また他に化城を支える柱を用意できなかったことによるものである

事の重大性に気付いたのはバイクの売却を決定した直後だった
血圧の異常に気付いて薬を直ぐ再開した
しかし、時既に遅く先日の定期診断でほぼ強制的に入院となった
電磁波ガスライティングに正当性などあり得ない
これだけ悪辣な誘導で人を貶めてただで済もうはずは無い
今頃敵陣営はやったとほくそ笑んでいるだろうが、かならず天の怒りが奴等を直撃するであろうことを予告しておく
無論一家はこれに屈すること無く必ず復活を遂げてみせるので心配はいらない

カテゴリー:化城の爪跡, 自主独立闘争関連
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-144.html