パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 化城の爪跡 »

化城の爪跡 2

入院から1週間が過ぎた
入院の判定が下されたのは9月21日の事だった
この日、どうにかして入れてもらった診察で非常事態が発覚した
しかし、問題の箇所は急に悪くなることがあるとのことで、それがほぼ同時期にあった診察と健康診断との大きな食い違いになっていた訳である
化城の爪跡は多岐に亘る
今の身分から現状、抱える病に至るまであらゆる事象が敵の都合によってもたらされた化城の爪跡である
長年の電磁波ガスライティングによって、筆者の人生はこんなにも狂わされ爪跡と教訓だけが残った
筆者は満身創痍であり、多くの病を抱えている
文字どおりの薬漬けであり、更に半永久的に透析の必要な状態である
恐らく、今後の進路を考え直す必要があるだろう
生活のことは成るように成る
何に希望を持って生きて行くことができるのかを考えなければなるまい
それは、二度と化城を作らせない様にすることと大きな関係がある
敵は、余計な夢憧れ等を押し込むことで化城を作りそこに筆者を押し込めて狂わせたのである
従って、余計な夢は見ない、見せられない様にすることが極めて重要である
結局は人は似た者同士でなければ解り合えないものである
この事を深く刻み込んで残りの人生を歩むことになる

カテゴリー:化城の爪跡, 自主独立闘争関連
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-145.html