パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 化城の爪跡 »

化城の爪跡 5

入院から二週間が過ぎ、やっと首の管が取れた
退院も近いが、先行きは不透明である
仮に続投となっても見通しは暗く、気持ちとしては現職を退く方に傾いている
話し合いが予定されているので、そこで合意退職の方向に持っていくつもりである
前にも書いた様に敵によって細部まで細かく規定されていた30年来の悪習を徹底的に解体する必要がある
それには今の生業では覚束ないのである
今もまだ、戦後処理は延々と続いている
革命一家では化城の産物は総て敵の意向や都合によるものであるとして公式イデオロギーの上で否定することとした
よって運営サイトに於いて係る記述を削除し、歴史の汚点として扱う
一部過去の組織名称は闇に葬り去り、「商業化」は同じく歴史の汚点として扱う
回顧録は初版の時に真の敵の正体が判明していなかったという事情があり、原版を参照しながら一から書き直す
半生記は敵の正体が判明してからの初版でありある程度真実が反映されているので、新たに事実が判明した部分を修正反映して公開する
いずれも、新サイトの立ち上げには間に合わないので、出来たものから追って公開する
闘争関連資料については、大幅な見直しが必要であり、今あるものは忘れてもらいたい
新しい闘争関連資料は、電磁波ガスライティングに重きを置いた内容になるだろう
但し、妄言集はそのまま出ると思ってもらって差し支えない
敵の意向があるとはいえ、実際に奴等が放った妄言であることに変わりはない
なお、半生記は単一のコンテンツとしての公開に改める

この記事は史実の修正などにより修正を実施しています。

カテゴリー:化城の爪跡, 自主独立闘争関連
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-148.html