パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 化城の爪跡 »

化城の爪跡 8

昨日は敵による悪質な印象操作事件が惹起した
敵の思考送信に関することを書こうとしていた矢先だったのでそれに対する先制攻撃か
敵のしていることは悪質な精神的レイプに他ならない
昨年の8・30事件の傷跡も未だ癒えぬうちによくも苛烈な攻撃をしてくれるものだ
敵のマインドコントロール事犯は30余年も前に始まっている訳だが爾来一貫して行われてきたのが負の感情のマインドコントロールだ
これは広宣部以前から変わらず行われているが最近は手が込んでいる
それと共に行われてきたのが本来の趣向とは違う趣向へのスリカエと誘導、それとカネをはたかせるための欲望のマインドコントロールだ
先に後者について述べる
つい最近問題になったことだが敵が行ったハタカセにナビの生産中止問題を悪用した策動がある
しかも二度も必要の無いものを買わせて計5万2千円の損害を出したのである(購入価格から売却価格を引いた実質的損害額)
筆者は2012年1月に購入したソニー製のナビを使用してきた
しかし、ソニーは最近ナビから撤退してしまっている
一応更新ディスクが出ているのですでに更新はかけている
しかし、敵は到底バイクでは使いようの無いパイオニアナビを買わせ、それが戦力外になるともうそんなに余裕が無いのに今度はパナソニックに手を出させたのである
購入先がいずれも創価系といわれている企業であることが問題となり、革命一家では原則これらの企業を利用しないこととした
恐らく先日書いたバイクの件と同様に簒奪して身内に流したということだろう
結局双方とも売却したが、5万の損害は大きい
何としても高級機材を買わせないための策動であることが明らかである
機材破壊策動やその後の復活妨害などについても学会員からの因縁付けによる依頼であると断定している
2003年の日蓮正宗帰伏に際して当時の常磐路浪漫街道サイトとの相互リンクを一方的に解除したとあるサイトの管理者がこれらを依頼したに違いない
近々機材破壊策動依頼の容疑で訴追し二度と復活できないほどの厳しい処断に付することになるだろう
敵のマインドコントロールについては散々書いているがその手口の一部について概説する
電磁波部隊の連中は広宣部の中でも知能指数の低い白痴の輩である
事実、毎日のように送信されてくる誹謗の送信は小学生以下のレベルでしかない
しかし、然様であっても連続的に送信を繰り返せば確実に精神を犯すといわれている
これらのことから推察するに、その手口とは白痴の輩でも簡単に覚えられ、なお且つ大きな効果を挙げるべく編み出された手法ということになる
毎日のように繰り返される三宝誹謗の送信は以下のようにして行われていると推察する
電磁波部隊の人間に大聖人や歴代上人の御名を書いたリストを手渡し、それに誹謗の接頭句をつけて送信させるというものであろう
そしてそれに身体操作と負の感情のマインドコントロールを追いかけるように送信してあたかもそれがターゲットの感情であるかのように偽装しているのである
その様な手法を編み出して実行させている広宣幹部やこれを実行している工作員どもは取り返しのつかないほど大きく重い罪障をその命に毎日のように刻み付けているのである
遅かれ早かれ彼奴等は大きな報いを蒙ることを決して免れないのである
もう一つ主権回復の大きな妨げになっているのが性的搾取である
所謂性産業や水商売の餌食にして性的に搾取し、以って孤立化状態のままに押し止めてきたのが敵のやり方になる
そして、筆者の交際相手になりそうな者が現れるとあらゆる手段を駆使して徹底的に引き裂いてきたのである
性的搾取にはもう騙されないが、引き裂きの手口はこれからも手を変え品を変え謀られるであろう
筆者のパートナーとして添い遂げるのは相当の覚悟が無いと叶わないであろう
それができないのは所詮その程度の女でしかない、ということになろう
いつしか必ず本物は現れるので慌てなくとも心配はいらない
筆者としても視野を広く持ってそれを見失うことの無いようにしたいと存ずる

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。また、再掲にあたり一部を削除させていただいています。

カテゴリー:化城の爪跡, 自主独立闘争関連
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-155.html