パントルセレブルの館 » 敵対者批判 »

千ラシ裏女の任務について

不本意な人生シリーズを続けていきたいところであるが、重要度が高い事柄なので先に書かせていただく
以前に筆者は通称:千ラシ裏女について、その任務を
「ソーシャルエンジニアリングとマーケティングにある」
と書いた訳であるが、その後千ラシ裏女がSG現場におけるガスライティングの実質的責任者であることが判っている
しかし、奴の任務はそれだけではなかった
まず、千ラシ裏女は交際類似行為でも処分されているが、この交際類似行為自体が任務の一部である
筆者の関心を常に引き付け、筆者が他の女との交際を成就するのを妨げ、孤立化に加担することが大きな任務であった
そして、もう一つの大きな任務が筆者に対する人格改造を強行するための策謀の実行であったのだ
この女には俗にいう復唱癖があった、と思われていた
しかし、それは単なる癖ではなく、筆者に復唱癖を植え付けるための工作だったのである
これが判明したのは、敵の吹聴の一部を意識の中で復唱させられていることが判明したからである
そこから、復唱といえば!あの女だ!とすぐに合点がいったのである
当時、言葉の送信による攻撃はまだ始まっていなかった
そもそも、千ラシ裏女はじめSG現場の輩は2009年の大粛清で一掃されているので3年近く間が空いている
言葉の送信が始まったのは2012年6月、敵の策謀から事故に巻き込まれた後である
しかし、その5か月後には電磁波犯罪が発覚し、併せて千ラシ裏女が敵側のエージェントであったことまで発覚している
そして、2012年11月28日を一期に永代追放処分となっている
その千ラシ裏女が人格改造の強行の一環として行ったのが復唱癖を植え付けるための工作だった、という訳である
それを工作員と気づかれないように実行する辺りは非常にしたたかであるという他なくこの手の人間はいくら諫暁しても時間を空費するだけである
それが証拠に、折伏しても余裕でかわし切り、任務を忠実に実行したのであった
筆者は勿論、他の者も一部工作員を除けば千ラシ裏女の真の素性を知っていたとは云えなかった
あの女のしぐさや素振りなどは99.9999%演技だったからである
それで本性を見抜けと云われて誰ができるのか
革命一家が千ラシ裏女を粛清してから敵による言葉の送信が始まるまで3年近く要していることについては、千ラシ裏女の犯罪行為を隠蔽するためという一面があると思われる
いずれにしても、復唱癖を植え付ける工作が行われた時点で言葉の送信工作も予定されていたということであるのは間違いない
千ラシ裏女が人格破壊工作のプロであることは間違いなく極めて危険な工作員であると云わねばなるまい
筆者にとってはこの人生を無残に破壊して貶めた悪の立役者の一であり未来永劫決して許してはならないのは云うまでもない

カテゴリー:敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-160.html