パントルセレブルの館 » 雑感 » バンドワゴン »

アイドルの話

現在旧ブログは店じまいしてしまったので解りにくいかもしれないが、敵によって都合よく利用されてきたのがアイドルの存在であった
敵がアイドルを捩じ込んできたのが、島流し時代の特に高校時代に入ってからであった
既に新回顧録でこの時代を記述しているので出し惜しみしないで書くが、某女子生徒との一件があって以降にアイドルは捩じ込まれた
ちなみに、その前にねじ込まれたのが某インチキロックグループアル爺である
以後、これらを敵は巧みに利用して印象操作に資して孤立化を推進してきた訳である
当時捩じ込まれたのはY.M、R.Hを中心に5、6名に上る(すべて粛清済み)
88年夏にY.Mのファンが惹き起こした尊属殺人事件が契機となり、アイドルはダメだということになってこれらを粛清し、「まともな」女性歌手の音楽を導入した
これは筆者の今日の音楽政策を決定付けるものであったが、敵は数年をかけてこれをひっくり返してしまった
今回顧録に載っているのはこの辺までである
顛末を云うと、敵はこの後某グループアイドルを二組捩じ込んだ
2000年末から2001年にかけてのことである
この二組はS会系と言われるA社からCDを出していた
「D」と「F」である
その後、過去の記事にもあるように2003年にアル爺を粛清したが、この二組はこの時点では残った
ただ、「D」でのメンバーチェンジの件もあり熱はかなり冷めてはいたが…
ただ、ファンサイトとかのことがありかなり引きずってはいたものの翌2004年にそれを閉め、これらは粛清された
当時、ソロにしろグループにしろアイドル自体が冬の時代で、ちょうどAKBの結成前夜といったところであった
「P」(粛清済み)も厳密にはアイドルであるが、あれは少し違う見方をされていたので除外するとAKBには興味なし、ちょうどMさん引き離し策動の勃発の頃に敵が捩じ込んだのは何と韓流アイドルであった
当時偶さか入っていたCATVが利用されてしまったのである
このCATVではKBSとやらが追加料金なしで見れたほかM何とかという有料チャンネルまで見させられた訳である
韓流アイドルSNSDがいいように利用される中でMさんとの仲は引き裂かれた
次記事で取り上げるが、並行して利用されたのが「リクガ」である
結局、Mさんとの仲は引き裂かれ、その後SG現場を「解放聖戦」で去ることとなった
その後、大震災があってそのあとのうねりの中で韓流の反日の実態が問題となりSNSDとはお別れとなり、その後粛清となった
しかし、敵はこの流れを読んでいたのかSNSD粛清前夜の頃にとあるアイドルグループを捩じ込むべく、筆者に点けさせたのは何と犬HKラジオだった
犬HKは犬HKでもテレビでカネ取るのは有名だったこともあり信用していなかったが、折しも大震災後で公共放送の重要性云々謂われていたこともあり、ラジオにはそれほど警戒していなかったというのが本当のところである
11年5月のある土曜日のことである
当時は敵の仕組んだ「リクガ禍の反動」で女性不信が席捲しており、そのことがアイドルにとって追い風となったのは疑う余地のないところである
この時犬HKラジオが流したのが、以前6人組で現在5人組の「M」である
その中でも敵が特に強烈にプッシュしたのが最年少の「桃」だったのである
その後、大震災後のうねりの中でSNSDと「P」が粛清され、「M」も約1年で粛清されることとなった
しかし、その後も敵はその元メンバーを捩じ込もうとするなどたたかいは一筋縄ではいかなかった
結局、「M」は元メンバーを含めて粛清されることとなり、ここにシングスピール家ではアイドル全面禁止が漸くにして実現することとなったのである
その後、アイドルは偶像崇拝であり謗法に当たるとして再度、禁止が徹底されている
「M」の粛清と前後して以前手放させられたり手放すまで行かなかったまでも疎遠になっていたアーティストたちを復活させる取り組みが行われて今日に至る訳である
これが今日に至るまでの対アイドル闘争史である
アイドルというのは男女間を引き裂き分断するためにあるといっても過言ではない
実際に、アイドルが原因で別れたり恋仲が実らなかったりという話しもよく耳にする
「他の原因があって別れた」が公式発表(?)であっても、それは起爆装置に過ぎず実際にはアイドルにはまっている相手方に大きな不満があるというケースもある
機材をIYHしたくらいで別れるというのは考えにくい話であり、アイドルのほうが主原因であるとしか思えない
敵に翻弄されてきた半生は、アイドルに翻弄されてきた半生でもあったということである
アイドルというのは人を誑惑するものであり、誑惑によって男女間を引き裂き分断する訳であるから相当の重罪を犯していることになる。
某アイドルメンバーが半年もたたぬ間に二度も骨折するなどというのは昔では聞いたことも無いような、信じ難い話である
当該グループはS会系であるとも謂われている、そのことも関係あるのであろうか
全てのアイドルを粛清した現在でも、敵は折に触れて何がしかのアイドルを捩じ込んでこようとするなど油断がならない
よりによって現代のアイドルはネットを宣伝・プロパガンダのツールとして巷間に捩じ込んでこようとしているのが現実である、心して警戒しなければなるまい
ご覧の方々におかれては、アイドルなどの誑惑に惑わされること無く、身近な縁を大切にしていただきたいと切に願うものである

カテゴリー:バンドワゴン, 雑感
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-167.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です