パントルセレブルの館 » 粛清 »

NEUTRAL

シングスピールは、今新たなスタートラインに立っている
先のエントリでもお知らせしたとおり、新しいプロジェクトがスタートすることになった
普通に考えれば人工透析から脱出など考えられないのだろうが

ここで、シングスピールはこれまでのもの全てを例外なく一度クリアし、フラットにしてニュートラルにすることにした
敵を切り、人工透析を切るには避けて通れない命題であるとも云える
敵は、毎日のように苛烈な揺さぶりをかけてきている
恐らく、筆者が偶然にも敵のオウンゴールによって目覚めたことにただならぬ焦燥があるのであろう
アタマの疲れが腎臓の疲れにつながることから、精神的な混乱と疲労を惹き起こすために行っているのであろうか
人工透析になってまだ7か月しか経っていないが、これまでに多くの印象操作が行われ、多くの軋轢を惹き起こしてもいる

先般、シングスピール家でもこのことが大きな問題になり、立て直しと綱紀粛正の徹底が叫ばれている
印象操作のネタになるものは全て敵であるという徹底した意識を持ち、綱紀粛正を進めている
人工透析からの脱出と完全な社会復帰のためには、塵一つのレベルに至るまで徹底した粛正が必要だということになる
また、その邪魔になるものは何であろうとも粛清の対象になり得るということでもある

恐らく、筆者に透析から脱出してほしいと考える医療関係者は皆無であろう
透析というのはそれだけ美味しいビジネスだからである
しかし、それは筆者の意向とは相容れないことである

綱紀粛正に当たり、交際問題に関して「医療関係者は大幅に割り引く」という申し合わせが決定した
可能性こそ残しているが、他の候補者がいればそちらを優先するということであり、事実上の規制である
他に候補者が現れないということはあり得ないし、もしあったとしたらそれは利権が動いたとシングスピールは見做します
どこの人間であろうとも、医療関係者であろうとなかろうとこの人工透析脱出と社会復帰のためのプロジェクトに理解を示さない者、支えることのできない者は交際から除外するということになる

さて、敵による交際破壊が行われた大きな理由が判明した
それは、筆者をより長期間にわたってマインドコントロールの支配下に置き愚弄し続け愉しむためという非常にくだらない、かつ人には非ざる理由のためにかけがえのない縁を破壊したのである
機材破壊工作も、因縁付けを別にすれば都合よく振り回して弄ぶためであったということになる
因縁付けはあくまで後天的なものであり、大きな理由はこれである
バイク戦争犯罪でさえ、最大の理由は同じである

そのバイク戦争犯罪においてはとあるサイトのブログを見続けさせることによって大きな影響を受けさせ、以って後追いをさせた敵の策謀によってなお且つ本来ある計画が捻じ曲げられていたことが判っている
本来40万円ほどであった計画が捻じ曲げられた理由は、ずばり「仏壇購入計画を頓挫させるため」である
また、頓挫させることによって店に行きづらくさせて分断するという許しがたい奸計が仕組まれていたことも判っている

以前の調べではバイクを始めたのが2009年の10月頃のことで、その直後の12月に敵による「自動二輪計画圧殺」の意図的発覚という出来事があったのである
これは偶さか解放聖戦の最中の混乱の中で起きた出来事が敵によって利用されたもので、対象者がバイクを始めたのを確認した上で2005年に門外漢女によって演出された「自動二輪圧殺」を意図的に発覚させることで、くすぶっていた「バイク」にガソリンをかけたかのごとく燃え上がらせ、軌道を狂わせたものである

そもそも自動二輪計画自体が敵による刷り込みかつ演出であり、横山容疑者による圧殺自体も同じく演出である
そして、彼の意図的発覚も同じく演出であるということになる
そもそもすべては広宣部主導による演出型ハラスメントの産物であり、すべてがマッチポンプ事犯である
そしてそのすべては、先に挙げたとおりより長期間にわたってマインドコントロールの支配下に置き愚弄し続け愉しむため、そして都合よく振り回して弄ぶためであったということである
更には、筆者を人工透析にまで貶めたことですら斯様の非常にくだらない理由において行われたということである
そして、今行われているすべての印象操作も同じくこの理由によって行われている
利権側の策動はあくまで別個のものであり、敵〔広宣部電磁波部隊〕と関連性は無い
敵は小さい理由でしかないものを殊更に大風呂敷を広げていかにもそれらしく見せて存在を誇示したがる習性があるということに注意しなければなるまい

自動二輪免許を取ることや、バイクの購入などは本来人生を変えたり人生を賭けるほど大きなイベントではありえないしそうであってはならない
その様に思わせたのも同じく大風呂敷であり、決して家運を賭けるような代物ではないということである
必要であれば買うし、便利であれば使うし不要になれば手放す、ただそれだけである
それは、今後においてもすべて同じとする
免許自体は人生において役立つ可能性があるので否定したりすることは無いが、今後の導入や運用においては確固たる信念を以って臨むこととするということである
どんなに大きくても150㏄クラスがいいところであり、それ以上は決して必要ないというのが以前から変わることの無い筆者のポリシーであるが、それをスリカエさせたのが敵の策動でありマインドコントロールであったということである
間違っても同じマインドコントロールに二度もやられるようなことは無いのである

敵による印象操作を含めたあらゆる操作や揺さぶりの手段になるものは元から絶たねばなるまいというのが一家の方針になる
復活の妨げになるものは、何であっても例外なく粛清の対象になるということである
それがNEWTRALにするということであり、すべては新しい出会いに期待するほかないということになる

透析にまで貶めたのがくだらない理由である以上、透析からは絶対に脱出して復活しなければならないというのがシングスピール家の確固たる方針になる
理由が何であれ邪魔すれば消される、妬みや未練そして自分勝手な感情で動く者はそのことによる予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことになる、そういうことである旨関係者は一々に肝に銘じるべきであると謂っておく

この記事は誤認定の取り消しにより2014.6.28 1:16に修正されました。

カテゴリー:粛清
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-172.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です