パントルセレブルの館 » 粛清 »

不当なる粛清、再び

結局、問題の件に起因して筆者は転院を強要されることとなった
16日に話し合いがあった訳であるが、話し合いと称するには到底ほど遠いものであった

前々日の時点で転院させるという話にはなっていないことを医師には確認している
しかし、当日の席において向こうから一方的に今後は他でやってもらうという話にいきなりなっていた
しかも、これまで病院側の人間が原因で起きたことや印象操作によるものを含め、総て筆者が一方的に悪いことになっていたのには開いた口がふさがらなかった
更に、問題の看護師は自分のやったこと総てに対してしらを切りとおすという大変悪質なざまであった
いずれにしても、この中一日の間に話が変わったであろうことは間違いなく、何者かの非常に強い圧力がかかったということである
看護師が問題行動を起こしたことは事実であり、それをすべて私のせいにして追及から「スタッフを守る」などという詭弁は到底信用の出来るものでないし納得など出来ようはずも無い

今回の問題は、折伏を前提に聞かれたことに応えたのを問題の看護師が横で聞いており、それからこの看護師による問題行動が始まり、更に電磁波によるマインドコントロールが併用されたものであり、恐らくこの看護師による因縁付けであろうと考えられる
恐らく、問題の看護師は「白樺」であったということであろう
そうでなければ圧力がかかったことが一目でわかるような対応にはならなかったであろう

ここに至るには、まず敵による双方に亘る印象操作があり、別の看護師による問題発言、これまた印象操作のための押し止めがあって当時の担当看護師との言い争いに発展し、それから問題の看護師に因縁を付けられて狼狽させられるという経過になっており、やはり追い出すための理由付けとしてマインドコントロールが用いられたということであろう

この原稿を書いている時点では転院先は未決であるが、数日のうちには決めないといけない状況である
同じ嫌われるのであれば、折伏を貫徹して嫌われようというのが筆者の決断になる

全ての同業者を一括りにするつもりは無いが、こういうことがあると医療関係者・従事者というものに対する見方が著しく悪くなってしまうのは避けられない
その意味で言えば今回の病院側の対応は最悪であり万死に値する

問題の看護師はこれで「守ってもらった」気になっているのであろうが、仏法というのはそんなに甘いものではないということを遠からず思い知ることに間違いなくなるのである
問題の件に対する一家の対応は22日に、惹起者に対する処断は23日にそれぞれ決定することにしている

いずれにしても、この一件に屈することなく今後とも失地回復のたたかいを貫徹してゆくということである

カテゴリー:粛清
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-177.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です