パントルセレブルの館 » 綱紀粛正 »

綱紀の自粛が決定

シングスピール家に於いて、今般の事犯惹起を受けた綱紀粛正の取り組みが決定した
この綱紀粛正プログラムは、生活再生の枠組みと不可分である

まず、交際問題については以下の通り決定している
新しく知り合った者、及び現に法華講員である者を優先する。
異流儀の会員、及び過去に会員であった者は交際の対象から除外する。
医療関係者、従事者は原則として交際の対象としない。
厳しい現状に鑑み、生活再生が動き出すまでは交際問題に対して慎重な対応を以って臨む。但し、交際が生活再生に大きく寄与すると判断した場合は積極的に交際締結に応じる。
交際の相手方となる者に関しては、身分の確認を徹底し、既婚者による事犯惹起の再発防止を図る。

この外、
なるべくカネを使わない運営を徹底して実践する。特に、取るに足らぬことに絶対にカネを使わないこと。
ここ一番の場面に対応できるよう、余裕を見込んだ運営とする。
その他、綱紀の自粛を徹底し、少欲知足に徹すること。
活動は、必要最低限にとどめること。
などを決定している

今般の一件も、惹起者による因縁付けがあり、そこからマインドコントロールで引きずり込まれたというのが専らの推定である

ここで、今般の一件について補足しておく
補足を要するのは、そのやり口についてである
当該惹起者は、当初より発覚を前提に策謀を仕組んでいるのであった
そして、自らが既婚者であることを知らせずに思わせ振りな所業に及んでいる
他の者に尋ねるつもりでいたが、分かってしまうと煽れないので押し止められたのである
発覚はまず、この件が単なる煽りのネタでしかないと分かったことに端を発した
ここで、敵による不安の煽動があり、そこから発覚させるように仕組まれていたのだ
更に、敵はその後の対処にまで介入して無用の追及をさせるように仕向けたのである
そして圧力によって不当に追放させる―
これは、現場の有力ポストに「白樺」がいなければ不可能な芸当である
つまり、それ程のことを決定できるポストに「白樺」がいたということであろう
最初から全てが仕組まれていたという点において、単なる電磁波犯罪とは異なるものである
つまり今回は工作員が主導であり、その策謀を電磁波犯罪がサポートしたものである

ともかく、いま必要なのは綱紀の自粛であり、今は雌伏の時であることを徹底して意識することにある
それと同時に、カネをはたかされないことが何にもまして重要であり、そのためのいくつかの決定があったことは云うまでもない
取るに足らぬことにカネや神経を使うなという決定がその主たるものである
それは、生活の再生を前提としたやり方に舵を切るということでもある

この原稿を書いている時点でも転院先が決まらないどころか紹介状も出されない有り様である
何やら雲行きが怪しいが、よもや悪辣な誘導を企んでいるのではないかと
既に病院側のウソがバレており、「白樺」を含む一部有力ポストだけで決めたことが確定している

やったことは全て書かれるというのがシングスピールの掟であり、誤魔化しは一切通用しないということをいい加減自覚するべきであると

いずれにしても、シングスピールは生活の再生を果たして必ず復活を遂げて見せるので心配はいらない

カテゴリー:綱紀粛正
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-178.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です