パントルセレブルの館 » 綱紀粛正 »

顛末と今後の対応について

既婚の看護師による交際類似行為に起因して転院を余儀なくされる事態となったことは以前に述べたとおりである
結局、これ以上事を荒立てたところで何の得にもならないことから一家では転院を急ぐこととしたが、病院側はとたんに「調整に時間がかかる」などと嘯いて時間稼ぎに及ぶ始末であった
ここは何事も無かったように終わらせるのが得策であると判断し、予定を早めて5月いっぱいで前病院での透析を打ち切った次第である

6月より、筆者は転院先での透析を開始している
転院に当たって、新たに送迎が行われることになったほかこれまで夕方に行われてきたところ午前中からの透析に変更することで朝型の生活への転換を図っている
実を言うと、転院自体は以前より検討がされていたものであったが、策動が起こせなくなるために押し止められていたという事情もある
革命一家では、転院に当たってより一層の綱紀粛正を図っている
後述するが医療関係者の女に対する対応を根本から改め交際事犯の再発防止を図った
いずれにしても、今後はお寺にいない人は難しくなる、そういうことである
始まらない関係には早々と見切りをつけるのが最良の選択である

今後の対応について

医療関係者に関する交際問題への対応については、以下の通りとしている

  1. 医療関係者に関しては、事情の如何に関わらず今後交際等には一切応じないこととする。
  2. 看護学生等についても、上記と同様の扱いとする。
  3. 医療関係者による今後の交際行為は、一律に不当交際行為として処断する。
  4. 法華講員であっても上記の例外とはしない。
  5. 役員・有力信徒等を頼んで交際をゴリ押しした場合にも、実力行使も辞さない断固たる姿勢で臨むものとする。
  6. 革命一家にとって不都合となる者は否応なく無慈悲に粛清する。

また、今後の交際問題については以下の通り対応することとした

  1. 今後の交際問題については、原則として法華講員と「医療関係者以外の」新たに知り合った者を対象にする
  2. 過去の優先権は、6月8日24時で失効させたので特権は一切無いものとする
  3. 過去の優先権者は、一般の新来者と同一の扱いとするものとする
  4. 過去の惹起者は、いかなる場合においても絶対に交際の対象とはならない
  5. 交際に際しては、法華講員となることを厳格に求めるものとする
  6. 年齢要件については、情勢を見て柔軟に対応するものとするが上限年齢は絶対に崩さないものとする
  7. 交際案件の対象者については、いかなる場合も身分確認を徹底する

いずれにしても一家では人工透析から必ず脱出することを大前提にしており、その意味において医療関係者の女は邪魔者でしかないということになる
いずれ透析など無かったことにする、という意味においてだ
医療関係者が交際相手では無かったことにはできなくなる、だからそのような関係など最初っから無いほうがいいのである
また、敵側団体の妄執を断ち切ることと、「白樺」を使えなくするという甚深の意義がそこには存ずるものである
縁が無かったものと諦めてもらう他は無いということである
なお、この件は全関係者に通っているので関係者への直訴はすべて無駄になるどころか無慈悲な粛清の対象となる旨厳しく警告しておく

いずれ詳しく書くが、人工透析が社会疎外の手段にもなっていると革命一家では見切っているということである
敵はマインドコントロールを悪用して人工透析に貶めることで筆者を社会から疎外させたということになる

あの日のこと

去る5月16日のことだった
筆者は、病院側の関係者から別室に呼び出されていた
容疑者の事実否認を鵜呑みにした病院側の連中は、これ以上当院でやることは出来ないという結論をほぼ一方的に押し付けた
そして、これまでにあったことその総てをこちらのせいにしてあらん限りの誹謗中傷を浴びせたのである
そして、「スタッフを守る」といういかにも尤もらしいまやかしを以って結論を押し付けたのである
しかし、事犯を惹起したのは当の看護師容疑者のほうである
つまり、この看護師が「白樺」であり、病院側有力ポストも「白樺」であったことによってもみ消しが成立したということである
こうして、結論だけが押し付けられ転院を強要された―
これが真相である

勿論、医師も「あちら側」の人間だったということになる
医師と師長についても、看護師と同様に厳しく処断することになる、無慈悲な処断は当然である
これで医療関係者は信用できないということが判ったので、先の決定の通り今後は交際に一切応じないことを決定した次第である
ただでさえ過去の生業において看護師や看護学生らの本音というものを聞いており、その浅ましい本性については重々承知していたはずであったが今般は史上最悪級のマインドコントロールにしてやられたということであった
しかし、同じ手が二度通用すると思ったら大間違いである
今後は決して騙されることは無いし斯様の失態は許されない
たとえ相手が仮に法華講員だったとしても、看護師等に関しては一の例外も一切認めない
何故なら、看護師は信用ならないからである

あとがき

今はその内容について書くことは憚られるが、この中間に三大奪還の一つが叶った
敵は、昨年の大型策動においてそれを押し止めることを大きな目的としていたが、押し止められた時の計画を上回る形でこれを奪還することが出来た
残りの二の奪還も最早時間の問題であり、同じように「倍返し」での奪還となることは最早疑いなき者である

一家に刃向う者、一家の方針に反して交際を画策する者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを敵対者連、及び医療関係の女どもは一々に肝に銘ずるべきであるということを改めて警告しておく

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。最新の情報は、「お知らせ」コンテンツ内ページをご覧ください。

カテゴリー:綱紀粛正
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-181.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です