パントルセレブルの館 » 敵対者批判 » 三類の強敵 »

策謀は全て敵の一方的都合

今般、バイク戦争犯罪に絡む事実認定に大きな誤りが見つかる事態となった
このことは、改めて敵が「理由付け」「言い逃れ」「遁走」「正当化」に強く拘っていることを如実に浮き彫りにする結果となった
敵の策謀、憎悪、都合、逆恨みそのすべてが一方的なものであり正当性の無いものであることを誤魔化すことに強く拘る辺りは身に覚えのある所以であるといわねばならない
故に、敵は常に関係のない第三者のせいにして逃げおおすことを謀るのである
また、電磁波犯罪は敵の「急所」であると云える
これが一般会員にバレるようなことがあればたちどころに組織が瓦解してしまうために何としてもひた隠しにしたいということであろう

恐らく、敵側団体はどこかで私のことをだしにして「学会に逆らったがために人工透析に陥った」などと吹聴して回っていることであろう
しかし、それは全てほかならぬ広宣部の電磁波犯罪によってもたらされたものであって、敵の喧伝する物には必ず裏があるということである

約6年に亘って筆者を害してきた門外漢女は完全に敵側の走狗であると云える
それが証拠に、敵は奴のことを書こうとするたびに大なり小なり妨害を加えてきたのである
それに対して、敵にとって都合のよい記述ばかりが煽られ、再三にわたってシングスピール・ウェブを汚染せしめていることが何よりの証左である
そのくせバレそうになると「門外漢女のせい」で結論を急がせ逃げおおそうとするなど悪質も極まりないというものである

・敵の為す全ての行為には正当な理由が無い。
・敵の為す全ての行為には正当性が無い。
・敵の為す全ての行為には依頼者がいない。居ても、本当の依頼者は絶対に示さない。
・依頼者がいた場合、それは全て学会員である。
・敵の為す全ての行為は、敵の一方的な都合・一方的な憎悪・一方的な逆恨みによって惹き起こされる。

もし本当の依頼者が判ってしまうと大変な事態を引き起こしかねないがために、敵は偽りの「依頼者」を捏造してそのせいにさせようとするのだ
その結果惹き起こされたのが事実誤認であり、元来は存在しえない「正当性」を捏造し、「理由」があったかのように偽装し続けてきたのである

理由も正当性も無い、という点ではこれまで六次に亘って惹き起こされてきた機材破壊策動においても同じである
筆者が機材を発展させ続けてきたことに一方的に逆怨みをして惹き起こされたのが機材破壊策動である
また、リクガ問題も筆者が複数の交際機会を得たことに逆恨みして惹き起こされたものである

バイク戦争犯罪、機材破壊策動、リクガ騒動の全てに協力し続けたのがSG現場の連中である
SG現場の連中は一人残らず工作員であったということである
特に千ラシ裏女が悪質な工作員であり、その証左が徒に処断を遅らせた敵の操作にあるのである
SG現場の前の現場の工作員H.I容疑者が門外漢女らとともに2010.5.7に追放されたのに対し、SG現場関係者の処断は遅れに遅れた
それは、敵がSG関係者特に千ラシ裏女の復活を企み手ぐすねを引いていたことに他ならない
結局、千ラシ裏女は最後の最後、2012.11.28になってようやく永代追放が決まりこれを以ってSG関係者は全て処断された
何の理由も正当性も無い策動に協力し続けた罪は何をしても滅せられないほど重いと言わざるを得ない

いずれにしても、全ての策謀が敵の一方的な都合のみによるものであり、そこには何の正当性も理由も存在しないというのが電磁波犯罪の基本である
ハラスメント殺人集団・広宣部の一日も早いイクスティンクトが喫緊の課題である

カテゴリー:三類の強敵
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-185.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です