パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

雑感 7/30

明日で7月が終わる
だからといって何も無いんだがそれは今、書かない理由にはならない
慧妙7/1号にマスメディアの危険性について触れられているが
確かに映像の恐るべき力といい大変危険であるといえる
また、そこにはマスメディアが資本、国家機関に誘導されている姿があるのである
テレビを見てはならないのは、映像なり電波放送なりを否応無く、放射能の如く全面照射されてコピー・イメージ・シンボル経験を受容させられるからである
また、報道される事実等は、あくまで資本・国家機関等の都合によって選択されたものであるといえる
だから、私はスポーツ中継しか見ないしそれらに対する執着も無い
音楽とかも同じ
私は、厳格な基準で吟味してそれを通ったものしか聴かない
マスゴミを鵜呑みにする、消費者として正常な感覚を持ち合わせない徒輩がなんでも惹き起こすのである
韓流にしてもアイドルにしても
マスメディアをのさぼらせた責任はこの国の消費者たち、我利我欲しか持ち合わせない小市民どもにあるといえる
テレビやラジオだけじゃない、雑誌とかも同じ
特に女性誌やファッション雑誌の類の酷さといったら無い
例の血液形恋愛本なんていうのはその典型だ
そんなもので私を落とせると思ったら大間違いだからねw
いきなり話が変わるが、今日本人は岐路に立っているといえる
日本人のアイデンティティは我利、我欲だとの石原の指摘は的を得ている
的を得ているからこそ反発も半端ではなかったわけだがな
本当のことを指摘されて怒り狂うのは日本人の悪しき習性だ
門外漢の行動なんかはまさにこれだ
しかし、罰(ばち)というのは逃げて逃げられる性質のものではない事を忘れてはいまいか
日本人は我利、我欲のアイデンティティを捨て、新たなアイデンティティを確立するべきときが来ているといえる
もうひとつ捨てなければならないのが、「長いものには巻かれろ」的な思想や考え方だ
大資本や大顧客、といった「大きな存在」に対する毅然とした対応が出来ない、そのためにこの国が大きく狂う最もたる元凶だ
それともうひとつ捨てなければならないのは、今の地位や生活(あるいは職場とか)にしがみつく習性だ
前にも書いたとおり、筆者においても過去に躓きの大きな原因となったものだ
それらが崩れ去ろうとするとき、決してしがみついてはならないのだ
しがみつかせるために圧力や恫喝を使う狡猾かつ悪どい徒輩はごまんといるので要注意である
また、今回の大震災、それに続く現在の状況は、正しい信仰という一大事を無視して自分の力だけでどうにかしようともそれだけでは決して目的は達せられないことを示している
真の幸福は、正法たる日蓮正宗の信仰なくしては決して得られないということを声を大にして言おう
仏法は体、世法(世間)は影なのである

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-19.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です