パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 戦後処理 »

新宿事件の女を追放

先日Twitter上において、1992年に惹起した新宿事件当事者の女を追放にする方針であると発表した。

回顧録で触れている、この新宿事件当事者の女は、忌まわしき島流し時代の同級生の女である。
この女については、その時代時代においてその解釈が分かれ、「史上最悪級の悪女である」といわれ後に惹起した瀬戸事件の女と併せて「S.S」と呼ばれ悪の象徴にまで祭り上げられたこともあれば、実は悪気など無かったのではないかとされたこともあった。しかし、事件から24年もの年月が経過し、今後この女に関して何かが惹起する可能性も薄れていたことから、他の重大事犯が優先され本件については放置されていたのが実情であった。

しかしながら、回顧録再興のために文書を精査していて当時の実情に触れ、内容を精査したところこの当該の女も新宿事件の時点では既に敵勢力側についていて、その意向を受けて交際類似行為を惹き起こしたものではないかという事に気づいた次第である。
本土への復員後も交流があったのはごく僅かであった。
その中に、友だち役を演じていた男がいた。
卒業後にあってもこの友だち役の工作員の男がこのT.Sのことを忘れさせないように工作を行い、後に予定していた事件への環境整備を行っていたことが明らかになっている。
その間約3年、T.Sとの交流はなかった。
およそ3年もあれば、人の心や信条などはいとも簡単に変わってしまうものである。したがって、その間に敵対勢力が人的手段で根回しをしてその結果敵側についていたとしても何ら不思議はない。

当時の経過をたどれば、敵の関与の有無にかかわらず、当該案件は重大な交際類似行為であり、到底許される者ではないことが明らかである。
しかし、本件に対する見解は、先述の通り敵の意向によって二転三転させられたところである。
何故か?
敵にとって格好の煽りネタだからである。
つまり、本件でさえも敵は人心操作のために煽りネタとして使い、筆者の人生を殊更に狂わせていたのである。
今更そんな事に煽られるとは思っていないが、なにぶんBMI兵器を持っている敵のことである。
こうした問題にはしっかり蹴りを付けておく必要がある。
このため、この問題に付いて精査を行い、

  1. 先述の通り、本件は重大な交際類似行為であり、その気も無いのに気を引かせるという引っ掛け事案と看做せること
  2. この事件には友だち役だった男が事前の環境整備などで暗躍していることから、当該の女もグルでありこの時点で既に向こう側であったと看做せること
  3. その後の筆者の生活に極めて長期間重大な悪影響を与え、精神的にも暗い影を落とし続けたことから、その目的で敵対勢力が手を引き、当人も協力していたと看做せること

という結論に達した。
これによって、当家としてこのT.Sを他の惹起者同様永代追放処分に処する方針を固めたものである。

当家では、「島流し」の四年間を歴史には残してはいけない四年間であったと決しており、既に何年も前から当該の離島を含む地域への渡航を一家として禁じているところである。
この処分によって、漸くこの問題にしかるべき蹴りを付けることができるものであると自負している。
現在は処分の発効日について最終調整を行っているところであり、近々正式に発効し20余年越しの決着が図られることになる。

いかなる事情、理由によろうとも、人を誑惑し以ってその人生を狂わせるような行為に及んだ徒輩が許されることは、決して無いのである。

-完-

カテゴリー:戦後処理
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-199.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です