パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

雑感 8/2

曇りであることを考えても8月としてはだいぶ涼しいな
7月前半に暑かった反動か?
今日のテーマは、ずばり「メディア」だ
メディアの危険性については慧妙7/1号にも触れられているが特に今のTVは見てはならない代物になっているということを改めて感じる出来事がいくつかあった
まずは高岡氏のTwitter騒動だ
たったあれだけで事務所解雇されるというのはただ事ではないし高岡氏の言ってることは正しい
実際、筆者も一部K-POPの版権を確認して驚いた
これは、もはや日本以外に宗主国がある状態であるとしか言いようが無い
それと、この事務所は某TV局(目玉)とズブズブになっているとも聞いた
そんな中、今度はこちらだ
止まらない芸能人の「韓流傾倒テレビ」批判 今度は芸人・ふかわりょうがJ-WAVEで苦言
(サイゾー)
この中の
「(前略)テレビの画面を通して世界を見てたら、自分が痛い目に遭うっていう時代になっちゃったな、と。つまりテレビだけを信じて生きてったらその人がいつか痛い目に遭ってしまう」
とのふかわ氏の言は的を得ているし私もそのように痛感している次第だ
その意味でドツボにはまっているのが門外漢をはじめとする敵対者連でもあるわけだがな
あいつらの鵜呑みっぷりは半端じゃないからな
○vexがS会だというのを私が長年知らずに恥をかいたのは記憶に新しいが
あんな連中が人気になってしまうのはやはり我々消費者の責任だということだ
敵対者連はそんなことも調べずにメディアを疑わずに鵜呑みだからな
そんなんで私と馬が合う訳は無いということだ
話を戻すが、先のふかわ氏の言はテレビ以外にラジオ、雑誌といった「メディア」にも当てはまると私は考える
その最もたる例がこれだ
「だからあなたは結婚できない!」、「CLASSY.」の結婚教が次のレベルに
(サイゾーwoman)
この雑誌「CLASSY.」は相当危険なメディアであるというのが私の見解だ
まさにブライダル産業の、ブライダル産業による、ブライダル産業のための御用雑誌ということになるな
そもそもブライダル産業自体、謗法の心が強盛な人間がやっているものだしそこにいる者もみな謗法の心が強盛な徒輩なんだということだな
日本女が信用ならない最もたる理由が、そのメディア鵜呑みっぷりだ
だから私は、総ての交際要求を断ったのだ
私も少しそれら女性誌の中身を見たのだが
あんなの見てたら思考回路おかしくなりますよ
だって前にも書いたでしょ
ほとんどの雑誌、特に男性誌・女性誌は御用雑誌だよって
私は鉄道雑誌ですら御用雑誌だと思ってるし大して信用していない
総ての御用雑誌は消費者の感覚を狂わせいたずらに無駄な消費をさせるためにある!
ということを肝に銘じていただきたいのである
つまり、消費者が消費者責任をきちんと果たせばそんなものはいくらでも潰せるということなんだよ
だから奴等は消費者の正常な感覚を麻痺させるためにメディアを活用して誘導させたということなのだよ
先にも書いたとおり世法は影だ
だから、世間体も影だ
影ばっかり追いかけても何の実にも成らないということだよ
消費者よ、メディアを離れよ!

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-20.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です