パントルセレブルの館 » 自主独立闘争関連 » 戦後処理 »

身辺整理

現在、パントルセレブルは将来に向けた身辺整理を行っている。
2015年1月10日に忌まわしき宗門を脱退したが、その後ここに至るまでの道のりは極めて厳しいものだった。
2稿前の記事で書いたとおり、脱退時の対応に問題があったが、真実追究が未だ中途である中で脱退となったことと、当時はまだ確認するという習慣がついていなかったことにより、敵にいい様に誘導されてしまいその後のゴタゴタに繋がってしまったのだった。

今般の身辺整理においては、不要物を徹底して捨て去るとともに、脱退後も当家に残ったままになっていた宗門関連の物を始末し事実上の離壇届けとなる信徒籍削除の要求文書を本尊などとともに郵送し、この問題に一つの蹴りを付けることとなった。
これによって晴れて宗門とは関係の無い外部の人間ということになったので、今後は書きたい様に書かせてもらう。

離壇に対する妨害工作が1年もの間続いた訳であるが、これは敵対勢力S会だけの意向ではない。
私を宗教の教義でがんじがらめにして思考停止にさせることで、利益を得或いは利益を維持しようとする勢力が複数あるということである。
そのことは、離壇から1年を経た今なお、敵がBMI犯罪の発動によってあらぬ勘違いをさせ、以って自分から宗門のほうに戻るように仕向けようとしていることが示している。
BMI犯罪が用いられているのは、最早外部からの人手によるやり口(脅迫やまやかし)では捻じ曲げたり転向させることが出来ないからであり、敵側もそのように認識しているということである。

私が宗教の無意味さに気づき、そのことを民衆に向けて発信することはまさしく民衆の利益に適っている。
何故なら、宗教は安心できる嘘で騙して搾取し、以って真実からの的外し、目暗ましをして利益を得ているからである。
宗教の役割とは民衆の人心を操作し、支配勢力に矛先が向かないようにすることにあるのである。

私を薄汚い辺境の地に幽閉し、浮上させないようにすることで利益を得ている勢力は一つではない。
父逝去時の寺院サイドが取った、安心できる嘘で騙して以って必要な対応を取らせないようにする策動は、敵対勢力S会と、これに連なる医療利権の謀略であった。そして、まさしくこの寺院こそが共犯者であり、最初から安心できる嘘で騙して貶め、孤立させて搾取する腹づもりだったのである。つまり、門外漢女を私に対する刺客にしたのは他ならぬ寺院側だったということである。私がこの女を追及した際に寺院側が徹底してこの女を擁護する側に立って私を一方的に悪者にしたことも、これで説明がつく。

本来であれば、石之坊を脱退した時点で宗門からも決別し、その時点で離脱するのが最良の善後策であった。
父の病気を救うどころか医療利権側と結託して真実には目を向けさせず、安心できる嘘で騙して必要な対応を取らせなかった時点で、この宗教に力が無いどころかグルになって私を貶めているものであることは明らかだったはずである。
そもそも、私を宗教に誘導したこと自体が敵対勢力の離間工作・孤立化工作の一部だったのである。
それは、宗教にのめり込んだ人間は例外なく嫌われて叩き、いじめの対象になるからである。
既に手元には無いが、宗門側の出している洗脳の手引きにはこのことに対する尤もらしい言い訳が指南されている。
このように、宗教は当たり前のことさえも否定して自分たちが正しいと主張し、他のものを否定することで従わせようとしているのである。

宗教によってがんじがらめにされていた11年間は、歴史には残してはいけない11年間であった。
34歳から45歳という、まさしく人生最良の時期を宗教によって台無しにされたという事実は、いかなるまやかしによっても消えるものでは無い。
折角の縁も、宗教に雁字搦めにされていたことで取るべき対応を取れず、みすみす逃させられることになってしまった。
これが現実なのである。
ところが、ある法華講の役員(私に対して太鼓持ちの振りをして、裏で悪評を吹聴していた)はこれに対してこんな暴言を吐露している。
「結婚することが幸せなこととは限らない。」と。
これこそ、人口削減計画そのものではないのか。
この宗教では、男女が仲良くすること、交際することに著しい制限を加えている。
このことから言って、陰謀論者が支配勢力の狙いとして上げている「フリーセックス」は、支配勢力の狙いではなくまさにその真逆であるということになる。
何故なら、宗教そのものが支配勢力のためのものだからである。
支配勢力の実際の狙いは人口削減であり、そのために男女間の関係に著しい制限を加えて引き離そうとする試みは、今の時代に始まったことではなく、キリスト教では古くから謂われていることなのである。
つまり、この点でも宗門はキリスト教的価値観を受け入れていることになり、まさに日蓮ふうキリスト教そのものであるということであり、この点は創価も顕正も同じである。
キリスト教の祝日である1月1日を祝っていることもそうだし、そもそも新年を祝っていること自体がキリスト教に右ならえしていることになるのである。

宗教に誘導したことが敵対勢力S会の意向であり、しかも宗門側もグルであったことから、見直さなければならないものがある。
三本柱の化城である。
つまり、実際には柱は三本ではなく四本だったという意味でである。
実際には、宗教・鉄道・バイク・リクガの四要素によって構成され、その上に敵によって捏造された「自由の闘士気取り」と「宗教への隷属(強要)」が乗っかっていたわけである。
その意味で、柱が三本倒れても最後の極太の一本である「宗教」が残っていたというのが正解であって、三本の柱が倒れた時点で「自由の闘士気取り」も崩壊はしていたが、最後の一要素である「宗教への隷属」が残っていたので完全な崩壊とは言えなかったのである。
しかし、そのことに気づかれてしまうと全要素が崩壊して都合が悪くなるので、その最後の一本にはなかなか手を出させようとしなかったということである。つまり、宗教こそが敵による精神誘導のまさしく「大黒柱」であったということになる。
しかし、真実の追究によって他の柱と外壁が次々に倒され、その宗教についても「聖域なき見直し」の対象となって、決別という結論になり、化城はあっけなく崩壊したのである。

化城崩壊直前、私は鉄道趣味の非合法化をほぼ決断し、売れる物を始末しようとしていて、太鼓持ちの振りをしていた問題の役員に協力の話を持ちかけた。(先の暴言の役員)
しかし、この役員は応じなかった。
何故か?それは、どこかから情報が行っていて、協力するなという命令が出ていたからである。
つまり、「鉄道」を放り出すことは化城の崩壊につながるので、この売却を察知した敵対勢力から話が行って、「N(私のこと)が協力を要請してくるが、協力するな」という命令が上位の役員から下っていたのである。
つまり、問題の役員に直接命令を下したのは他ならぬ法華講だということである。
やはり、これらは利権によってつながっていたということである。
宗門とS会と医療利権は、派閥の違いこそあれまさしくその全てが支配勢力側であり、相互の利益になることであれば、手を結ぶことがあるということである。
そもそもが現在の宗門トップとS会の最高幹部同士が旧知の仲でもあり、完全な決別はあり得ないということである。
宗門・創価・顕正等は、実際には一体であり、支配勢力の命でそれぞれが与えられた役を演じているだけの話なのである。
なお、本山任務者の工作員の男が「敵」という一連の表現に激しく激昂したのは、一に自分たちが敵と看做されていることが気に入らないこと、二に実際にグルであり、そこを突かれたと思ったことで激しく狼狽したことによる。つまり、この「敵」という言葉に激昂したことで、宗門側もグルであることがバレてしまったのである。自覚が無ければ「敵」という言葉に反応する必要は無いからである。

今般の身辺整理は、その先にあるもの―この忌まわしき11年間を清算することにつながる重要な意義を持つものである。
この忌まわしき辺境の地に幽閉された11年間と、宗教によって雁字搦めにされた11年間は大体重なっているものでもあり、またこの地に誘導されたこと自体が誘導した宗教に最適化するために敵が意図した環境整備だった。
そのことから謂って、この薄汚い辺境の地から出来るだけ早く脱出して新天地を求めることこそがこの忌まわしき日々を清算する事になるのである。

カテゴリー:戦後処理
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-200.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です