パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

雑感 8/9

ご存知のとおり例の問題に対する対応で大わらわになっていて情報収集にも支障をきたしているが聞き捨てならない話があるので紹介する
生協のパルシステムで子供が被曝する
(BLOGOS)
これこそ「命より経済」を象徴する出来事である
こんなことが許されるのも悪しき「おしん体質」によって悪質業者に付け込まれていることの証だな
また、これは生協があのような危険な農作物を強引に出荷しようとする悪質な農家連にへつらっていることをも示している
このような農家は多数の国民の命より目先の暮らしや利権にしがみつく事が優先なんだな
これは重大なことである
つまり、「未必の故意」もっと言えば「未必の殺意」が農家側にはあるということの証である
賢明な皆さんにあってはどうか「風評被害」という言葉には騙されないでいただきたい
とどのつまり、「風評被害」という言葉こそ物事の本質を見えなくする悪魔の言葉だからである
今起こっていることは、風評被害などではなく原子力村が、そして政府や立地自治体が惹き起こした人災であるということだ
被災地に対する同情をいいことにこのような悪どい事をやろうなどとは言語道断だ
それを「風評被害」などとは消費者をなめているとしか思えない
政府の言う「安全」は決して安全などではないことぐらい消費者だってわかるだろう
つまり、東電・政府のみならず福島県までもがすべてグルだということである
水に落ちた猛犬は助けてはいけないのだ、ということである
必要以上の同情は悪人に付け込まれるという事を警戒するべきである
国民よ、「おしん体質」を捨てよ!
大切なのは目先の復興などではない!

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-24.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です