パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

ウマい話には気をつけろ

セシウムさんが原因ではありませんw
CMを流したマスゴミの責任はどこへ?和牛オーナー制度はそもそも成立しないビジネスモデルだったのか?
(livedoorニュース)
これまでことごとく破綻してきた和牛オーナー制度の「最後の砦」といわれてきた安愚楽(あぐら)牧場が遂に支払停止に追い込まれた
そもそもこんなものはビジネスモデルとして成立し得ないであろう事は素人でもわかろうというものだが人間、特に日本人の愚かさというのはカネに弱い、カネに目がくらむところにある
あえて言おう、カネに目がくらむのは人間として最低の徒輩であると
翻ってカネに弱いマスゴミはこんな胡散臭い商法のCMまで垂れ流しにしていたわけでそのようなことに対する社会的責任は全くといって果たしていないことになる
カネに目がくらむのは、日本人がアイデンティティとして大したものを持たない、まさに石原が指摘した我利我欲がそれになってしまっているところに深い病理の根があるといわねばなるまい
今さまざまなところで何がしかに「しがみついている」徒輩というのは当にこれであり我利我欲が第一になってしまっているためにそのことが主敵たる某国家に、そしてその手先に付け込まれてしまったのが韓流問題であり、在日問題などである
人々が我利我欲に走っている間にその隙を突かれたわけであり人間として最も情けないことではないか
わたくし的に申し上げれば、和牛商法に引っかかるのはカネに目がくらんでしまったおろかな徒輩どもの自業自得であり当然の果報であるということである

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-25.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です