パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

韓流に関するある事実

韓流ブームはやはり作られたものだったようだ
そして、聞き捨てなら無い事実が存在する
それはNRT出迎えのことだ
まずはソースから
「ファン800人が羽田で歓迎」のチャン・グンソク 実際は「謝礼2,000円」の応募者が100人……
(CYZO)
まぁ、こういうソースが出てくれるだけまだ某国よりましな訳だけどな
彼の国は言論弾圧大国だからな
その話はまたの機会に
で、要は2000出して応募してきたのを並べて、どう見ても100人程度しかいないものをスタッフの男が報道陣に「主催者発表800人です」などと触れ回っていた訳である
で、それを鵜呑みにした報道が「800人出迎え」などと報じていたわけだな
自分で好きで出迎えに来たヤツなんか一人もいないということではないのか
その100人にしてもどう見ても物好きにしか見えないし実際金で買われた、魂を売り渡した非国民でしかない
これはどう見ても「捏造」の域を出ないものでありこういう売り方あんのか?といわれても仕方が無いものだな
だから、ブームといわれても実際にはそんなに売れていない可能性が高く信用は無いのである
目玉の惹き起こした韓流ごり押しも、思ったようにいかないことからくる焦りが背景にあるようである
ソースは今探しているのであとで掲載する
それとS会系のレコード会社の話
運にも見放された!? エイベックスが社運を賭けるK-POP&AKB48移籍に予期せぬ事態
(CYZO)
これは、○vexの「終わりの始まり」ではないのか
韓流ブームはもはや否定されたものであり未来は無い
○vexがS会系であることもいい加減に常識となりつつあり知ってる人はもう手を出さない
仏様の御心にそぐわないものは必ず滅び行くのである
こちらも参照あれ
『マンガ嫌韓流』の作者・山野車輪がお台場の「嫌韓デモ」に首をかしげる理由とは
(CYZO)
記事の内容よりも冒頭の参加者の声が事実を物語っていると思うが
韓流ブームそのものが「無い」ということのようである
あと目玉にはこんな火種もある
「花王ショック再び!?」”高岡騒動”で懸念されるテレビ局のスポンサー離れ
電波法に抵触する実態に加え、御用学者を使いウソばかりの東電を擁護するという、これが8の実態であり到底公器には値しない
過去には本社前で暴力事件も起こしている(記事はMyNewsJapanにある)それが目玉というものである
消費者の果たさねばならない責任は大きい
彼の国が差別的政策、及び侵略的政策(韓流コンテンツの金にあかせた押し売りもそう)をやめ、国民の意識が改まらない限りは日本人は韓流を受け入れることは無いだろう
韓国で日本国民は不当に差別されているし捏造された歴史認識を強要されているのである
修学旅行であの国を訪れるのはやめよう!学校がやめない場合は生徒個人としてボイコットするのが日本国民として当然の行動であると云っておこう
しかしながら、理由が何であれ過去に少しでも筆者を侮蔑した徒輩の復活は絶対にありえないし何度謝っても絶対許さないことをここに宣言しておく

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-27.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です