パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

民主新体制について

似非民主党の代表選は犬HKの作為的誤報、つまりデマによって最悪の結果をもたらした
予想通りの、政官業&米国隷属政治を磐石とするための工作が行われたということである
多くの国民が犬HKから離れない限りこのような弊害は無くならない
ここで3党合意の意味について少々申し上げる
この3党合意は、民主党悪徳勢力&自公がもはや一体の物となりつつあることを意味する
大連立・大増税は復興の役には全く立たないものである
ただ単に復興を口実に財政官僚の言いなりになっていることの表れでしかない
財政原理主義ではこの国の窮地を救うことはかなわない
政権が国民に目を向けるどころか政官業社会主義の維持に腐心していることの表れである
良心があるなら今すぐ党を分裂させて新党を旗揚げするべきである

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-30.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です