パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

言論弾圧が惹起

遂に半島勢力によると思われる言論弾圧が惹起した
danatsu
どういうことか説明しよう
この動画を転がしていたアップローダのアカウントが不当に停止されたため動画削除となった
このスクリーンショットの中ほどに注目していただきたい
複数の申立人とあるが本当に複数であればいくつかの名称が並ぶはずだ
しかし、ここでは「Yomiuri Telecasting Corp.」なる名前が繰り返し並べられているのみであり、これで不当な圧力がかかったということがわかる
読売自体既成マスゴミの一角であり自由の敵である
その一方で、いくら申し立てをしても削除されない動画もあることを忘れてはなるまい
いずれにしても、無いものは再生できないので泣く泣く削除となってしまった
代替の動画を探しているのでしばらくお待ちいただきたい
早速だが、少年犯罪が増えているかのような情報操作についての動画を見つけたので貼り付ける

なぜこのような歪曲報道がなされるのか考えてみた
その際に、見落としてはならない前提条件がある
少年犯罪がセンセーショナルに報道される一方で、25歳以上の女が起こした犯罪はほとんど報道されていないのだ
しかも、その辺に関する統計資料も無いので簡単に隠匿できてしまうという重大な事実がある
何らかの勢力がこの世代の女どもに利益となるような誘導を行っている可能性があるということだ
25歳以上といえば、一家の敵であるSG現場絡みの敵対者の女らが属する世代である
この世代の女は悪知恵に長けており、ずるがしこく非常に狡猾である
しかも、連中はマスゴミやその片棒を担ぐ御用雑誌の流すことは全て鵜呑みにする
ある意味、都合がいい連中ということになろう
したがって、一家ではこの世代の女どもを一律にシャットアウトしてきたわけである
一方でその下に属する若い世代というのは真実を見抜く力に長けておりこれからの日本を変えてゆく可能性を秘めている
つまり、この若い世代の存在が不都合な連中(団塊とか)がその力を恐れているということではないのか
それでこの若い世代で犯罪が発生すると不必要なくらいセンセーショナルに報道してこの世代に悪いイメージを植えつけようとしているということである
しかし、筆者がそれにだまされることは無い
犯罪なんぞ、どの世代でも発生するものだからである
一方で、この世代の存在が不都合な連中が他にもいる

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-33.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です