パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

とある国策グループについて

先の記事でも触れたようにあるアップローダが弾圧されてしまった
このアップローダの動画にはもちろん一家でも問題となった「少女時代の『独島はわが領土』」が含まれていた
この動画はリンク先の記事に貼り付けてあったものである
当時、「あまりにも衝撃的なのでタイトルは勘弁してほしい」と書いたが今回はもうなんとも無いので書かせていただく
あの「少女時代」が歌う、『独島は我が領土』。韓国の報道、「度を超えた少女時代叩き」。
(きらやまと・さらいにこ)
現在のところ、リンク先でもそのままにしてあるようである
当日誌でも別の動画を貼り付けていたのだが今回の弾圧で削除されてしまった
削除されてしまったことを風化させないため、当該記事の修正は行わずそのままにしている
もちろん、別のところで発見した暁には「ネット上にいくらでも転がっている」ことになるだろう
当日誌の常用句なので意味は推して量るべし!
話を少女時代に戻す
この少女時代が韓国の国策によって生まれたグループであることはもはや常識となりつつある
趣向もジャンルも志望もばらばらの野合集団であることは見れば明らかである
野合集団でありいさかいも絶えないのではあるが、先に書いたとおり国策で動いているグループなので簡単には分裂しないのである
もし分裂につながるような争いごとが内部で起きても国策で分裂を押さえ込んでいるのである
一方で、KARAの分裂騒動も単なる話題づくりであり演出されたものであるとの見方が強まっている
こっちもこっちで国策でありハニートラップだからな
その国策が簡単に潰えては戦略も…ということだろう
あまりにも注目されなかったので分裂騒動を捏造して世間の注目を集めようとした姑息な策略!
このような連中に注目が行ってしまった理由について振り返る
当時、韓流特にK-POPはあまり注目もされていなかった
一方で筆者宅にはケーブルが入っているので一部の韓国放送局もデフォで見れるようになっている
(これは今でも変わっていない)
そこに惹起したのが韓流問題でありSG問題である
それでこれらに嫌気がさした筆者がそれらを例の放送で発見してしまったという算段である
つまり、他の一般大衆に先駆けてその策略にはまってしまったことになる
このような連中に影響されてしまったことを深く恥じて反省するしだいである

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-34.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です