パントルセレブルの館 » 「新天地からの手紙」からの編入記事 »

時事総論 10/16版

ねじれ国会となって久しいが
今の民主はもはや終わってるといわねばならないところまで来ている
参院予算委 首相答弁、際立つ公明への配慮
長く政権を握ってきた自民がその座を追われたのは公明と手を組んでしまったがためだ
今度は菅直人がその愚を犯そうとしているということだ
こんな安直な考えしか出来ないこの男を再度総裁に選んでしまったのは愚としか言いようがない
何故実力に勝る小沢氏を選ばなかったのか
小沢氏であればもっと強気に出て戦ってゆけるはずだ
スキャンダルとかイメージとかそんなところばかり見て政治家を選んでいるからおかしな事になるんだよ
クリーンさがどうのこうのなんて二の次だ
公明党が某セクトの傘下団体であることは重々周知の事実だ
故に、公明と手を組んだ自民は自滅の道を辿ったのだ
いずれにしても、某セクトに都合の悪い記事は流さないマスゴミの言うことを鵜呑みにすると取り返しのつかない過ちを犯す事になるということだ
それでは視野が狭く杓子定規な誰かさんみたいになるということだ
たとえば最近やたら「ネットは危ない」だの喧伝される理由を考えてみればわかることだ
要するに都合の悪いものを見せたくないがための喧伝という事だ
フィルタリングソフトに潜む危険というのはそういうことだ
確かに怪しいサイトというものも中には存在する
しかしだ、そういうところに行かないようにすれば済むだけの話しだ
要は、インターネットの力を某セクトが恐れているためにそういう喧伝が行われるのだ
AOKI労組「会社が脱退勧奨」、救済申し立て
くら寿司「報道の横暴」と大反論 TBS「私どもの見解とは異なる」
これらの企業は、いずれもかなり前から2CH上などで某セクト系であると言われている企業である
しかし、それは氷山のほんの一角に過ぎない
そう、探せばあるんだよ、探せば
あと、平成になって熨してきた某音楽企業が某セクト系で所属者も多くが某セクトだという
これも10年前にすでに言われていたらしいのだ
そういえば誰かさんが聴いていた「O」もそこだったな
後はきりが無いので各自探していただければと存じる
役立つサイトがあれば随時リンクに追加してゆくことにしている
況して、我々法華講員はそのようなことに敏感にならないと謗法与同になってしまうので
安ければいいんです、などと言っているととんでもない事になるということだ

カテゴリー:「新天地からの手紙」からの編入記事
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-6.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です