パントルセレブルの館 » 日常生活 » 編成会議 »

今後のあり方について

現在、我が一家は新たな行政思想に基づいて失地回復への歩みを粛々と進めているところである
我が一家の根本思想は信心中心・反消費主義である
この反消費主義というものを一家の暮らしにしっかりと根付かせることがまずは肝要である
反消費主義というのは、簡単に言うと「出来るだけお金を使わない」ということであり、出来るだけ消費をしない(させられない)生活をすることである
1年前には考えも付かなかったことなのだが、大震災前くらいから新たな戦災復興・失地回復の歩みを進めていくさなか、この反消費主義の暮らしをしている人々がいることを知り、そして私自身がお金で何かをする、ということに限界を感じたこと、そして資本・消費主義の汚いやり口を知った(見抜いた)ことが、反消費主義への転換を決断するに至ったものである
我が一家に革命が必要なことは一昨年の夏に病に倒れて以降ずっと言われていたことなのであるが、最初からその終着点が見えていた訳ではなく、特に昨年秋口以降さまざまなことを知った中でその形が見えていったということである
この先、日本で格差社会が崩壊する可能性はほぼ無いと思われる上、現在の境遇から大きく上のほうに行くことはもう考えにくい状況である
しかも格差意識、差別意識というものが多くの民に染み付いているので、これを拭う事は容易でなく、法華講の者でも差別意識丸出しの醜態を露にするような有様(筆者所属寺院ですら散見する)、まして、得られるお金というものに限界がある以上、それらを乗り越えて何かをすることはまず不可能と考えるべきである
資本原理主義・消費主義・商業主義のやり口は云うまでも無く「煽り・脅し・プロパガンダ」である
しかして、その煽りに乗せられるがままに消費をしていたのでは、当然にいつか綻びが出て必ず破綻するのである
よって、失地回復の焦点というものもこれらの理由によって当然に違ってくるのである
解放聖戦の大きな代償を今も、この先しばらくも払い続けなければならない状況にもある
極力繰り上げて償還をする方針ではあるが、それでも相当期間償還が続く見込みである
これを出来るだけ早く解決することが失地回復事業の重要な焦点になっている
したがって、今後はなるべくお金を使わないこと、必要最小限のものを揃えたら後は最低限の衣食住以外なるべく消費をしないようにすることを一家の政策としている
自動二輪は暮らしをしてゆくために必要なので推進するがこれまでの計画を変更して進めてゆくほか、反消費主義の暮らしに適したものを選定するしたぶん新車は買わない
交際政策については既に書いているので詳細は割愛するが、簡単に言うと「格差交際、格差婚は絶対に無い」ということである
生まれた境涯は皆同じではないし、学歴や収入、地位などにも千差万別の違いがあるし、そこには乗り越えられない、否、乗り越えてはならない、取り払ってはならない壁があるのである
この「取り払ってはならない壁」のことは消費主義・商業主義にとって大変都合が悪いことなので誰も教えないのである
一般的に「格差婚」というのは所謂「逆玉」のことであり、金持ちでない女が金や地位のある男のところに嫁ぐ「玉の輿」のことを格差婚とは言わない
学歴や収入以外にも、職業や財産状況等多くの点で格差と差別が存在するのが現実である
今の日本人の考え方では、お金をかけて育てた娘を収入の低い人のところにはまず嫁がせない
その証拠にさまざまな差別用語まで存在するのである
法華講の者でもこういう考え方をする者が多いのが現実だ
反消費主義の生活に同意できる者だけが交際の継続を勝ち取れるのである

カテゴリー:編成会議
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-61.html