パントルセレブルの館 » 粛清 »

粛清

今日は雨の中買出しに出かけた
もちろん必要なモノしか買っていないけどな
しかしこの季節はとかく出費が嵩みがちで苛立たしくなる

ここから本題に入るが
とかく新しいことだとか革命だとかに粛清は付き物である
一昨年の4月10日に大きな粛清があったわけだがあれから2年が経った
腐敗しきった前寺院に対して追及ができなかった結果三行半を突きつけた訳だが
宗内カルトの傀儡講頭から見ればもはや邪魔な存在でしかない筆者を追放したかったということなのだろう
そうでなければ筆者が退場するまで門外漢を来させないなんてことはしないだろう
それが門外漢を一方的かつ完全に擁護したということであり、だから宗内カルトの傀儡講頭と呼ばねばならないのである
いずれにしてもあの粛清は一家にとって非常に意義深いものであり一家における革命の出発点であったといえる
その宗内カルトであるが、決して沈静化したとはいえない
相変わらずマイナートラブルが頻発するしPCの死亡も恐らくサイバーテロだろう
尤も、自動二輪計画はテロで潰せる代物ではないということを思い知る事になるだろう
そんなことをしていて仏天の加護など得られるわけが無かろうが!
解放聖戦・臙脂色革命以前の状態に引き戻そうとしている、或いはそれ以前の筆者に戻ることを画策する連中は筆者にとっては最早邪魔者でしかないということをはっきりとしておく必要がある
特に2009年以前の筆者に戻るということはあり得ないしそれを望む徒輩は必ず粛清の対象となるであろう
そういえば筆者と敵対するような徒輩は大抵浪費家か消費に溺れているとしか思えない徒輩、メディア鵜呑みな徒輩が殆どだが某サイトの運営者にもそういう傾向が見て取れるので革命一家そのものに対し小さからぬ敵愾心があるのかも知れんな

歴史は繰り返すのか、今年の同じ日に大きな粛清があった
Aさんのところでなw
反革命勢力は粛清されるのが世の常ということなのだろう
ではAさんに対抗して?まだ貼ってなかった桜の写真を

写真:千葉県野田市某所にて 2012.4.9撮影

カテゴリー:粛清
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-62.html