パントルセレブルの館 » 粛清 »

偶像

筆者を長年誑惑し苦しめてきたものがある
それはいくら愛しても手の届かない存在である
たとえ何億遍の唱題を以ってしても、それに手が届くことはない

80年代はそれらの全盛期だった
しかし、平成にもなるとそれらは衰退し筆者も趣向を変えた
しかし、2000年頃に再びそれはやってきた
当時書いたことはもう残っていないし忘れているとは思うが
忘れていない人はこれを機に忘れてください

2004年にとあるアイドルのファンサイトを閉めてからそういうものに興味は持たなくなった
しかし、SGでゴタゴタがあった頃に海の向こうからそれはやってきた
何だかんだで4年くらいそれに付き合わされた
だが、韓流ブームが去ってチャンチャンとは行かなかった
あの卑劣な連中が某創価系グループを刷り込んでくれやがった
挙句の果てにそれが創価系だと解って実行委員会の命でそれを切ったのだが刺客がまだ残っていたのだ
あの青い粛清女だった

アイドルは所詮は偶像でしかないし生活に何ももたらさないただの収奪装置だ
そして、それがあるがために大切なことに気づくのが遅れたのだ
それは門外漢女にとっても大変都合のいいことだったのだ
アイドルは門外漢女の味方だったのだ!

さすがにあの卑劣な連中も、刷り込みが限界に達していることくらい解っているだろう
たとえ新たに刷り込んだとしても、すぐに判ってしまうので無駄である
なんといっても、調べたり検索することが習慣付いている

アイドルの体裁を取っていなくとも、門外漢女が聞いていたAだとかOだとかは紛れもなく偶像の類だ
あれらは女たちの耳目を惑わすための偶像なのだ
詞や曲を書いているとかそんなことは問題ではない
まともな歌手でも詞や曲を書いていない人はいるしその逆も然りなのだ

偶像は何ら生活にプラスをもたらさない
所詮は誑惑の偶像崇拝に過ぎないということにいい加減気が付けよ
いけめんに踊らされているバカどもは収奪装置の格好のカモなんだよ
人の価値は見てくれや地位や収入などというそんなものじゃない
槍が降ってもトドはトドなんだよ

カテゴリー:粛清
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-94.html