投稿者「パントルセレブル」のアーカイブ

言い逃れ

あれだけの不祥事(自動二輪圧殺、デジタル一眼スキャンダル、吹聴によるトラブル惹起)を起こしておきながら何故門外漢女が不問になるのか。
そこには、巧言による籠絡と狡猾な言い逃れ、更に買収があると考えるのが自然である。
もとよりこの女は教えを厳格に守るという頭が無く、世俗に固執し軟風にかぶれて迎合する傾向が強かった。
事もあろうか創価系として有名な徒輩の音楽でさえ、そう教えても棄てることが出来ないほどであった。
そのときは私とてその全てを知っていたわけではなかったが、そのユニットは既に創価系として有名であった。
なお、後に判明したことだが横山が口にしていた歌手のうち一人は創価系A社の所属であり、犬HKにも曲が採用されるほどであったから「ガチ」であるといえる。
もう一人も目玉グループのレコード会社だったので可能性はある。
しかも、その歌手当人が後にうっかり本音をしゃべってしまいその本性がばれてしまっている。
そんなものを聴けば「私が私が」になるのは自明の理であったのだ。
ただその点では当時の私も調べが甘かったといわざるを得ない部分があったが、判明すれば片っ端から決別している。
また、最近は創価系であることを隠して何でも出てくるので注意が必要である。
最近の事例だが、犬HKがラジオで某創価系アイドルグループの粉飾満載の万歳翼賛宣伝番組を流した。
2011年5月のことである。
当時は犬HKに対する認識がまだ甘かったので危うく取り込まれるところであった。
しかし、既に大震災後の大きなうねりが始まっていたこともあり、時間はかかったが辛くも免れることが出来ている。
話を戻すが、現講頭は2007年の暮れの年末御開扉の折、たまたま私が持っていた借り物の白レンズ(ググレカス)を指して
「趣味に金を使っている」と誹謗してきたのだ。
これが「レンタル機材誹謗事件」である。
当該レンズは後に保有する(現存せず)ことになるが、当時持っていたのはあくまでレンタルした借り物であった。
今思えばだが、以前から本山参詣時には一眼のセットは持参するのが当たり前になっていて、世話人も見ているはずである。
況して以前には私が総登山の集合写真をやっていたのだ。
それが突如非難を浴びるというのはやはり合点がいかない訳で、誰かが吹聴した、と考えるのが自然である。
ここからは推定になるが、悪い奴は何でも隠れてやるので推定でもやらなくてはいけない。
門外漢女には最早私とまともに対決しても勝てる自信が無かった。
そこで、力のある人間に取り込んで、巧言で籠絡して庇護を得るようになったのだ。
つまり、この段階で既に講頭は籠絡されていた、つまり買収済みであったと考えなければならない。
この時点でそれが解っていれば、石の湯事件後に脱出できていたかも知れぬ。
当時の私は悉く認識が甘く、最悪の事態を防ぎきれなかった。

その昔、かの民部日向が巧言を以って波木井に親近し日興上人を平然と非難した史実に通じるものを感じる。
しかし、その世話人にしても年がら年中私を非難するというわけではなかったので見抜くのは難しかったといえる。
だが、その立場(当時、副講頭兼世話人。後に講頭復帰)で石の湯事件を事後まで知らなかったというのはあり得ないわけで、「私も知らなかった」という言葉に釈然としないものを感じながらも鵜呑みにしてしまったことが今も悔やまれる。
誰かの吹聴で「知らなかった」事になっていたと考えるのが現在では自然である。
それを考えると私もそれだけの事態が起きていながら決心が付かなかったのは痛い。
こうして考えると2010年4月初に問題解決のため立ち上がった折の講頭の暴言・誹謗もこれで説明が付く。
つまり、門外漢の巧言と親近を受けてその軟風にかぶれ、当時講内で勢力を伸ばし力を持っていた門外漢に迎合するようになったのではないかというのが専らの推定である。
300万円の乗用車を何とも思わないのに10万円するかしないかのレンズにケチをつけるというのはやはりおかしかったのである。
ここで、門外漢女が如何様な言い逃れと巧言を使ったかを考察してみる。
先に、自動二輪圧殺事件について。
当該事件のときに奴が使った「バイクは正法じゃない」という言葉。
これを理論(屁理屈)として焼き直したものを使ったのだろう。
「バイクはまともな人の乗り物じゃない(これこそ偏見ではないか!)から正法の敵である」
くらいにのたまったのではないか。
デジタル一眼レフスキャンダルも同じ理屈で
「趣味にお金をかけすぎるるのはよくないので言った」
くらいにのたまったであろう。(これこそ偏見丸出しだ!)
そして、
「**(私の名前)のためを思ってやった」
とでも言ったのであろう。
まさに先の記事で書いたように適当な理由をつけて正当化をしていたのである。
悪い奴の使う典型的な言い逃れパターンでもある。
たかがカメラに100万も200万も使うわけでもないのに…
バイクは十数万使ったかもしれないが、バイクは有用な交通手段である。
しかも、バイクがあればバイクで参詣できる。
カメラは数年にわたって使うものだしレンズは10年以上持つ。
しかし、カメラ、レンズで数年持つのは中級機以上のしっかりした作りのものに限られるし、バイクだって安い物は早く壊れる。
そこで、デジタル一眼スキャンダルにあっては安物買いをさせておいて早期の買い替えを誘発し、銭失いをさせて、更に悪循環に陥れるという念慮があったに違いない。
カメラの知識は無くとも、「安物買いの銭失い」の道理は誰でも知っている。
云うまでもなく門外漢女は「お上」の指示に則ってこのような悪辣な策謀に及んだものである。
2007年以降、機材迷走をきたしてずいぶんと損をした。
が、その背景には「門外漢ら目先の敵対者への憤り」があった。
07年5月、それまで使ってきたカメラを中級機に買い換えることにした。
カメラを買うお金は既にあって、カメラだけ買い換えれば済む話だった。
しかし、そのとき私を迷走させたのは横山らへの憤り(の負の感情のマインドコントロール)だった。
持っていたレンズは、70-200mm F4と28-105mmと18-55mmだった。
もちろん、次のカメラでも使えた。
今まで使っていたカメラを売って、資金の足しにしようと考えていた。
しかし、レンズを査定にかけたところ相当の金額を提示され、迷いが生じてしまった。
そのとき、ショーケースの中にレンズメーカー製70-200mm F2.8があった。
生産終了した新品の残りの特価品だった。
血迷った私はレンズを全て売って買い換えてしまったのであった。
そこから機材迷走が始まったのだった。
しかしてそれから一年半後、SGで機材破壊工作が惹起した。
2007年の失敗以降、懸命の立て直しでカメラは当時の最新型になり、70-200mm F4は70-200mm F4 IS(手ブレ補正搭載)になっていた。
そこで敵の憤激が頂点に達したのであろう。
そして、私が未だに派遣で働いていたことを利用した。
というより、利用できるように派遣からの脱出を防いでいたのであった。
恐らくはSGの連中も、門外漢から見た「お上」によって買収済みだったのだろう。
門外漢は折伏もせずにこんなくだらないことに精を出していたのである。
そうとわかっていて除名はおろか参詣停止にすら出来ないこと自体がおかしいのである。
なお、当時横山がPCで私のサイトを見ていたであろうことは前にも指摘したとおりである。
何故なら、携帯サイトは早々に閉めてしまいPC版だけでやっていたからである。
あれは当時のガラケーでは見れない。
今のスマホとは性能が違いすぎる。

以下に掲げる女は極めて危険である。
・安物買いを煽る
・おだてるのが巧い
・「頭が弱い」を使う、おバカなふりをする
・感情的な行動をする
・特に憤激しやすい
・メディアの流すものを疑いもしない
・やたら情熱だの夢だのを語る
・偏見に基づいた発言や行動がある
一つでも当てはまれば、直ちに決別するべきである。
法華講員か謗法者かを問わずだ。
それと、カメラ・バイクで感情的な行動を取るのは極めて危険である。
他者への憤りはさし措いて冷静になって考えたほうがいい。
感情に任せた行動は後で必ず後悔することになるのである。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 言い逃れ はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-76.html

今後の展開について

当ウェブサイトについてはウェブ改編以後迷走が続いてご心配をおかけしていたところである
このたび「新天地からの手紙」は常磐路ウェブからの独立を果たし独自ドメインと共に定住の地を得ることとなった事をご報告申し上げます

半年も空いてしまった理由としては
・前回記事以降、二輪免許取得で多忙を極めた後もさらに闘争や事故療養があり、とても時事どころではなかったこと
・前回記事以降の心境の変化が激しく自分でも先が読めなかったこと
・今後、どのようにしていくか決めかねていたこと
等の事由があった訳である

また、この間にある一つの結論を得ることともなった
それは、
「人間は、結局は与えられた場所でしか生きてゆくことが出来ない」
ということである
与えられた場所というのは、たとえば境涯であり社会への適性であり自らの得手不得手であり自らの出自であったりする
これらを変える事はなかなか難しいのである
しかして、小生もその決められた場所で人生を送っているということである
これが解ったことにより、妄執の一つを諦め決別することが出来た訳である

この国の社会の最大の問題は権力3兄弟の中でもなかんずくメディアであり、それに盲従するメディアスレーブである
メディアに盲従する限りは真の幸福を得ることは叶わないのである

今後に関しては、肩肘張る事無く主に人生論とメディアスレーブの問題を中心に綴ってゆくこととしたい

今後とも新天地からの手紙をよろしくお願いいたします

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-75.html

生存報告 2012.11.8

では久しぶりにオリジナル記事を。
ウリジナルではありませんw
以後、用語集にあるものはいちいち説明しません。
予習してきてください。
この2ヶ月間というものの地獄のような思いをしてきた。
そしていろいろと考えなければならなかった…。

あまりにも用意周到な公開処刑。
あれだけのものを考え出せる団体は一つしかない。
敵宗門は公開処刑のスペシャリストである。
この点について詳細は改めて稿を起こすが、最早自分では何も手がけられない寺院サイドが、何がしかのコミュニティを通じてエージェントを仕立てたに違いない。
真犯人共は住職の居ない時を狙い、何かが起きるのを獲物を狙うコヨーテのように待っていたのであった。

今回の事態を受け、幕府では生活の再建と体制の立て直しを急いだ。
そして、大幅なリストラクション(再構築)を経て、息を吹き返した次第である。
まず、すべての権力を幕府に集中させ、その上で無駄を徹底的に省いた。
失地回復のためには多くの労力とリソースが必要だ。
不要不急なものにリソースをとられていては物事を前に進められぬ。

さておき、かつて千ラシ裏女は敵側のエージェントとして幕府を苦しめた。
その報障はさて何でしょう?
千ラシ裏女は、メンヘルになってしまったのである。いまや半狂乱だとか…
これが悪行の報いでなくて何だというのだろうか。
これまでに幕府の行く手を阻んだ者、今後幕府の行く手を阻む者は例外なくメンヘルとなって自滅の末路を辿るであろう。
顕正会とか正信会とかって頑固で偏頗だからな…
某団体もそうだけどな。
これら最悪カルトの一日も早いイクスティンクトが喫緊の課題である。

今日では敵一味の正体は宗創医連合軍であると看破しており、これに基づいて記事の修正を行っております。

この記事は史実認定の修正により2016.10.24 3:34に修正しております。

カテゴリー: 日常生活, 運営局面 | 生存報告 2012.11.8 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-74.html

「日払い」云々が出てきた裏事情とは何か

不用意な発言は事態を大きく悪化させることがある。
K.Y入信当時(2004年)、私には自己防衛の知識が皆無では無いがあまりにも不十分だった。
なぜなら誰も教えてくれないからだ。
学校でも教えない。
だがエリートどもは知っている。
これもれっきとした格差だが、都合が悪いことなのでメディアも教育もひた隠しにする。
エリート階級にはそうした知識の蓄積がある。
だがエリートでない階級にはそれが無い。
何故か?
それは、搾取が出来なくなるので都合が悪いからである。
本題に戻るが、結果から言えば、自己防衛の知識がK.Yにはあって私には著しく欠けていた。
況して相手を陥れる方法など知る由もなかった。
前に書いたが、頭が弱いとか自分で言う奴にろくな奴はいない。
何故なら、それは相手を陥れるための巧言だからである。
本当に頭が弱い人はそんなこと言わない。
芸能界を見ても一目瞭然。
おバカキャラに限ってとんでもなく悪知恵が働いたり、あるいは名門校を出ていたり。
他では、清純キャラが信用ならない。
清純派で売っていたS.Tとその姉の「金づる使い捨て」は有名だ。
清純キャラが信用ならないのは実社会でも同じ。

先に大塚の口から何故「日払い」云々が出てきたかを分析した訳である。
うっかり何かをしゃべるとそういう風に流用される。
現講頭・山崎はこれについてずいぶんと恩着せがましく、且つ尊大な言い口で大塚を擁護した。
「**(私の名前)のことを考えて言ったに決まっている」云々。
本当にそうだったらそんな言葉は出て来ない。
況して大塚ほど上のほうの社会階級の者なら、日払いの弊害くらいわかるはずだ。
考えられるのはK.Yの巧言を大塚が盲信したことくらいである。
それが無ければ社会保障制度の活用が先に出てくるはずだ。
K.Yは嘘がばれても更に嘘を上塗りして幹部連を納得させ、取り込んでいたのである。
偶然にも私の側で社会保障制度の活用が決まっていたので、「日払い動議」にはぶれることが無かった。
同時に、あの日々には戻りたくはないという強い感情が私の側に湧いて出たことが二重のブレーキとしてぶれを防いだ。
経験者でなければ「飛んで火に入る夏の…」になるところだ。
改めて日払いの弊害を解説する。
まず、毎日(当然、休みの日は除く。)お金が入ってくるのでその日限りの生活になりやすい。
実際、私も日払い時代にはまとまったお金を用意するのに苦労していて、相当の決心が無いと実行できなかった。
実行したとしても、必ず計算に狂いが出て予想外に苦しくなることが多かった。
その日限りの生活では、毎日お金が入ってくることで安易な気持ちから無駄なお金を使いがちである。
そのことから、常に余裕の無い生活を送ることになる。
また、その日のことしか考えなくなる。
それを抜け出すのは並大抵のことではない。
さらに、日払いの職場は大抵劣悪な環境にある。週払いの職場でもこのことはあまり変わらない。
劣悪な環境にあっても抜け出せないという悪循環がそこには常にある。
こういうことは不思議と誰も書かない。
いずれにしても、生活を考えるサイクルとして一日とか一週間では短すぎるのだ。年では長すぎる。
それと、日払いだとか週払いということは、即ち非正規雇用を意味する。
これについても、大粛清までの経験から非正規雇用からの決別を固く心に決めていたので、紛動されずに済んだ。
しかしながらあの劣悪な環境から抜け出し悪縁と決別できたことは仏祖三宝尊のご加護とお導きの賜物であることは疑い無く、ただただ報恩感謝あるばかりである。
まさしく正法信仰の功徳以外の何物でも無い。
知恩報恩。
K.Yであるが、相手選びの基準において職業と収入に軸足が置かれていたであろう。
あとは腕力。
何故か?
都合の悪い奴を力ずくで黙らせるために決まっている。
それで無くとも職業や収入をもって人格を判断していたのは疑いようが無い。
そう言えるのは、私の職業をそれとなく聞きだしていたからである。
職業や収入、社会的階級、腕力で人を判断するのは、もちろん正宗に於いては大きな間違いである。
私はその意味において、「信心深い人を伴侶に選ぶべきだ」ともK.Yに言ったことがある。
一方では「ご本尊を御安置できるように」との進言どおりにしながら、他方では都合の悪い進言を聞かなかったことになる。
あくまで都合優先なのである。
それと同時に、このことはその時点ですでにそのような狡猾な下心があったから聞けなかった進言であったといえ、最初から都合が悪くなったら潰すつもりでいたのだ。
そんなだから最初の男には捨てられたのであるが、K.Yサイドにおいても当時の相手に対してそこまでの感情が無かったのだと言え、その都合優先ぶりが露骨に見えていた。
このような実態は何もK.Yに限った話でなく、殆どのイルボネサウォンニョがそんな様な考え方なのであり、これで男女間が巧くいくはずが無いのである。
男たちはもう見抜いているのであって、イルボネサウォンニョはオワコンであり不良債権なのだ。
さておき、私の職業や状況などを根掘り葉掘り聞きだしたK.Yは、直ちに私に人間失格の烙印を押していたのは間違いない。
また、大粛清による退職の後の私の動向を、おそらく他の講員からの風の噂(?)で知っていたのだろう。
怨嗟を向けるターゲットであり、何としても蹴落としたい相手である私が非正規雇用を脱出することがK.Yにとって面白く無いであろう事は、自動二輪計画の復活や自分が誘導して採用された粗悪機材と相性の悪いレンズをドナドナして高級化したことが面白くなかった事例に照らして容易に想像が付く。
前にも書いたように、K.Y自身が非正規(派遣)だったからである(過去において)。
だから、私が正規雇用を勝ち取ることを何としても邪魔したかったのであろう。

以上、某所より7/27付け記事の転載、一部追筆にてお送りしたがこの先は実行委員会の都合で。
今後の身の振り方であるが、しばらくは現状を静観することとし、情勢の推移を見て判断する。
いろいろ考えたが、ここで辞めてしまっては今までの9年間があまりにも報われない。
一つだけいえるのは、必ず「俺5.0」を実現するということだ。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 「日払い」云々が出てきた裏事情とは何か はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-73.html

千ラシ裏通信 2012.11.1

今日の千ラシ裏通信は某所で7/29に掲載した記事の再掲である。
宿敵どもは今後何か妨害でもしようものなら閻魔法王と獄卒からの呵責を受けることになることは疑い無い。
もちろん、何者かを送り込んで代行させても結果は同じである。
その場合は代行者ともども地獄行き。
ところで、例の一丁目(SG)の連中もその意味ではあの宿敵の代行者と同じである。
途中で写真やってる奴が入ってきたが、一度も筆者の味方たり得たことは無い。
あの場所に筆者の味方は居ないからである。
よって、千ラシ裏女も筆者にとっては敵であるということだ。
後から敵になったのではない。
最初から敵だったのである。
そして、味方になることは未来永劫ありえない。
いたって簡単な方程式だ。
何故なら居てはいけなかった場所だったからである。
SGでの4年間は歴史に残してはならない4年間だった。
ほんの数ヶ月で済んだはずが4年だから影響は絶大だ。
なお、SG中期に一人、末期にはもう一人写真をやってる奴が入ってきていた。
2008年末以降に機材破壊の策謀があの場所を舞台に起きた。
舞台はあの場所だが、私はある人物が千ラシ裏集団にけしかけて起こしたと見ている。
悪い奴は何でも裏でこそこそやる。

SGにおいて機材破壊工作が起きたことも、自動二輪を否定する文言が続出したのも、いずれも敵対勢力の意に沿うものだ。
石之坊とは全く関係が無いはずの例のSG一丁目で門外漢一派の考え方に沿ったことが起きているのは事実だ。
火の無いところに煙は立たぬ。
他人を信用してはならないのはバイクでもカメラでも同じ。
バイクの場合はその道のプロがショップに居るが、カメラの量販店には居ないところが違う。
よって、カメラの場合は安物に飛びつかないことと、経験を重視することが大切になってくる。
況してカメラのことは、カメラをよく知らない門外漢に相談してはならないし話をしてもいけない。
このことは意外と誰も書かないし、誰も知らないので覚えておいて損は無い。

再掲に当たり一部を編集させていただきました。ご了承ください。

カテゴリー: 千ラシ裏通信, 敵対者批判 | 千ラシ裏通信 2012.11.1 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-72.html