投稿者「パントルセレブル」のアーカイブ

千ラシ裏通信 2012.10.29

失われた26年を否定することは我が一家の一貫した方針であるが、失われた26年間の中でも最も痛恨だったのが、SGでの四年間とそのはるか昔の高校時代である。
後者については赤ブログでもタブーであり、語られることは無い。
語ったら最後、消されるだけである。
ここでは当然、前者についてである。
SGにおいては、自分の意思や感情とは正反対の対応を取らねばならない場面が殆どで、ある意味私には最も向いていないといえる。
元々人間関係を大の苦手とする私においても、特にやり辛かったのはいうまでも無い。
今にしてみれば、何であんな敵だらけのところで四年間も我慢し続けなければならなかったのかと思う。
本音を言えば、千ラシ裏女には二度と立ち直れないほどの暴言を吐き捨ててやりたかった。
それが出来なかったのは単に当時の立場によるものであって、特に千ラシ裏女に対する対応は私の本心とはかけ離れざるを得なかったのだ。
千ラシ裏女はその点を理解できないでいただけで、よもや私が好意を持っていたなどとは思っていないだろうな。
好意を持っていたのではなく、
仕方なくそのように振舞ってやったまで
である。
本心を言えば、二度と立ち直れないほどの暴言を吐き捨ててやりたかった。
ただ、相手はメンヘルなのでそれをやると傷害罪に問われかねなかったので出来なかった。それだけのことである。
某家でもニコンを使っていたらしいが、そんなことを言っていたら国産カメラメーカーが5社(ニコン、ソニー、シグマ、キヤノン、ペンタックス)しかない中で何も使えなくなってしまうしそれこそ愚の極致になってしまう。
しかしながら、キヤノン中でもKiss Digital初代は一眼スキャンダルがもたらした機材であり、それ故の機材トラブルも多かったのだ。
折角の大事なシーンをそれで汚す事になってしまったことも、SGで四年間も我慢をしなければならなかったことも、今の不遇も大方はK.K(今はK.Y)によってもたらされたことである。
K.K以前の石之坊講員の影響も小さくは無いが、ここでは省き稿を改める。
いずれにしても、横山無くして千ラシ裏女無しなのである。
大粛清(※用語集参照)から3年の月日が流れ、元関係者のほうも記憶が薄れ始めているかと存ずるところではあるが、横山にしても千ラシ裏女M.Nにしても私にとってはその存在自体が黒歴史であり、無かったことにしてしまいたいのである。
無かったことには出来なくとも過去を清算してやり直すことは出来る。

カテゴリー: 千ラシ裏通信, 敵対者批判 | 千ラシ裏通信 2012.10.29 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-71.html

千ラシ裏通信 2012.7.26

つくづく女には自分の事をしゃべってはならないと感じる今日この頃である。
例の一丁目で、千ラシ裏の女(M.N)に鉄道趣味のことをしゃべってしまったこと。
当初ずっとひた隠しにしていたが、あまりのしつこさに音を上げてしまった。
自動二輪にしても然り。
自動二輪の世界では他者を信用しないのは常識らしい。
自動二輪計画についても、その流れでしゃべる方向に持ってかれてしまったのだ…。
狡猾な女で無いにしろ、この千ラシ裏の女を安易に信用することはあまりにも危険だったのだ。
しかし、K.Yの巧みで狡猾な計略の全貌に気づいていなかった当時の私はそれを防ぐことすら出来なかった。
最近、どこのサイトに行っても婚活サイトの広告が五月蝿い。
今だから解るが、あれに惑わされてはならない。
色仕掛け(エロ仕掛け?)はあまりにも大きな負の一面をひた隠すためにある。
性格の悪さとか、狡猾さとか、決して良妻にはなれない女とか。
特に制服OLの類は信用できないと、これまでの経験から言える。
性的アピールに目がくらんだ時点で負け。
もっと本質を見て、本質を見抜かないと。
その教訓から、二輪車等(二輪車か自動車)で通勤できることを後の再建・就活においては絶対条件としたのだった。
それと、妙齢の女が職場にいないことも条件にした(失地回復を妨げないため)。
必要以上に怖がるのもどうかと思うが、警戒を緩めるのが早すぎるのだ。
こちらの素性を出すのは、相手の素性を見抜いてから。
特に二十台半ば以降の女は非常に狡猾になっている。
今の社会構造が続く限りこれはいかんともし難い。
そして彼奴等はメディア鵜呑み。
言っておくが、テレビや新聞等のメガマスコミだけがメディアではない。
雑誌とか週刊誌とかもれっきとしたメディアだし、見方を変えれば個人のウェブサイトだってメディアたり得る。
おいしい言葉、甘い言葉には裏がある。
徒に交際や結婚を煽る風潮は危険である。
相手の本質を見損なうと一生の後悔につながる。
色仕掛け、性的アピール、ルックスやファッションといった上辺だけでしかアピールできなかったり、あるいは相手(男)の寂しさや苦境などに付け込もうとする女は大抵中身が無い。
人格、性格、人生観(ポリシー)抜きで考えると、痛い目に遭う。
しかしながら、そうした大多数の日本女の特質が都合のいいビジネスが二つある。
一つは婚活ビジネス。
婚活ビジネスの煽り方は酷い。
もう一つはブライダル業界だ。
あれはイベント商法、或いは記念日商法にも入るだろう。
チョコレートの絡む2大イベントも、イベント商法だ。
日常生活にはまったくといって不要な宝石類を買わせる為の「月収の3ヶ月」。
あれは売るためのでっち上げだ。
しかし、メディアは書かないし取り上げない。
売るためのでっち上げは至るところにある。
メディアはひたすら提灯記事で煽り立てる側に立っている。
誰も異議を唱えないのは、まともなジャーナリズムは既に圧殺されてほぼ存在しないから。
日本女の「夢」という名の幻想は既に破折し尽くされている。
もう一つ。
経済を基準に物事を考え動くことは危険だ。
幻想に付き合わされることは無い。
現実を見よう。

カテゴリー: 千ラシ裏通信, 敵対者批判 | 千ラシ裏通信 2012.7.26 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-70.html

千ラシ裏通信 2012.7.22

2009年末から奪還を言い続けて、気が付いたら2年半の月日が過ぎた。
本来は2011年に奪還の予定だったが、昨夏に原付車の故障があったのが大きな誤算だった。
それ以外にも前後のタイヤ交換が続いたり、ブレーキパッド等の交換があったりで思いの外金がかかりすぎた。
やはり原付車の復活より免許取得を先んじるべきであったと思うが、横山の計略にはめられているとは気づかずに順序を間違えてしまったのが今でも悔やまれる。
ココからはいつもの千ラシの裏。
例の千ラシ裏の女だが、この女は不遜にも二輪持ちであったのだ。
免許の種類までは知らんが、あの女に400は無理だろう(除くアメリカン)。
で、この女も100の車に乗っていたのだった(スクーターではない)。
しかしながら、筆者の二輪計画に対しては常に否定的であったのだ。
何かにつけては似合わないだの何だのと、ポジティブな言葉を聞いた試しが無い。
二輪持ちが他人の二輪を否定するとはライダー精神にもとる。
筆者がそのことを忘れると思ったら大間違いだ。
同じ100でも奴の車とは大違いだしこっちは2ストだから。
ところで、この女もクルーザーを否定していたな。
今更クルーザーにする気も無いがな。
K.Yと同じだなw

キハ283系が燃えたのは石勝線。おおぞらだったっけか?
そう、この女は北海道出身だったのだ。
ちなみに、帯広から約54キロのところである。
まぁ、ふるさと銀河線が無くても困らないらしいから(ry
誰が行ってやるもんか!
こっちにも来るな!
北海道に来るなだのお前の頭と同じでな(剥げている)だの散々言っておきながら絶縁宣言すると涙目になるとか大粛清の後何度も電話してくるとか…
とにかく都合が良すぎる女なのだ。
前のブログで「いけめんでも漁ってろ」と書いたので、いけめんでも漁ってるのだろうかw
いずれにしても、二度と逢うことは無いのである。

カテゴリー: 千ラシ裏通信, 敵対者批判 | 千ラシ裏通信 2012.7.22 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-69.html

1ナノ

今日再度診察を受け、診断書を受け取った。
詳細は省くが全治3ヶ月。
詳細を省いたのは、マッチポンプの「ポンプ」の押し売りが来るのを防ぐためである。
狡猾な女というのは少しでも隙を見せると力ずくで入り込んでこようとする。
そういう例はいくらでも見てきた。
そういうことである。
幸い、手首をしっかり固定すればそこそこの事はこなせる様になって来た。

もちろん、3ヶ月も有閑を決め込むつもりは毛頭ない。
その為には総てを一から立て直す。
信心にかかわることも含め、見直すべきは見直す。
助けは拡大有識者会議だけで十分だ。
有識者の意見は尊重する。
しかし、狡猾女には1ミリたりとも隙を与えない。
1ナノのほうが良かったか?

で、その狡猾女についての一般論を少々。
私は、女性の行きすぎた社会進出は社会をおかしくする一因だと考えている。
エスカレータで四大or短大まで出て、社会に出て何年も仕事をしているといろいろとずる賢いことを覚えてしまうからである。
メディアも狡猾になるような悪知恵を女たちに刷り込んでいる、というのもある。
事実、過去の惹起者は皆20台半ば以上なのだ。
瀬戸事件のときに、女は裏切るということを身をもって経験しているので警戒はしていたわけである。
しかし、その例だけでは知識としてあまりにも不十分だったということなのだろう。
もちろん、ネット導入以降できるだけ多くの情報を得るようにはしてきたのだが。

では、何故更なる狡猾女を防げなかったのか?

私も人の子、かつてはメディアを結構信じてしまっていたというのもある。
メディアというのは商売のためにありもしない夢とやらをでっち上げて夢を見させて警戒心を薄れさせる。
「本当にあった話」とやら、特に甘い話系は殆どでっち上げ。
それがわかっていれば、余計な夢を見ることも無かっただろう。

多くの「結婚」が破綻するのは、それが殆どでっち上げの「夢」とやらの上に乗った幻想の産物に過ぎないからであり、メディアの喧伝に騙されるからである。
それがわかっている今だからこそ、云えるわけでもあるわけで。

180万円もったいなくね?ほんの一例だけど。
超大型正宗仏壇が買えてしまうがねw

夢憧れなど持たないほうがいいのである。
大体で以って信心の妨げにしかならない。
夢は悪魔である。
夢は狡猾の始まりでもある。

最後に、この場面でポンプとして現れそうな女を破折っておく。
この女は既に32である。大粛清のときに切った女なので3年間顔を見てない。
でもって、かつて某所の30女の話をこの女が引き受けてきてしまったのである。
その理由を明かしておこう。
四大卒である自分の建前を守るためである。
歴代狡猾女ほどの狡猾さは持たない女だが、自分に都合の良い考え方しか出来ないのだ。
誤解のないよう言っておくが、私が30女を嫌ったのは過去の惹起者が皆20台半ば以降という事実を踏まえたからだ。
あの時は大迷惑だった…。
無いとは思うが、この女が仮に来ても門前払いするつもりでいる。

カテゴリー: 戯言, 雑感 | 1ナノ はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-68.html

ネット弾圧の惹起について

相互リンクしていただいていたブログがネット弾圧で閉鎖に追い込まれた。
中々返事が返せず、返事を書こうと思っていたところでのこの事態だったのでかける言葉が見当たらない。
なぜ石之坊から遠く離れた寺院でこういうことが起きたか考察してみる。
先程のエントリで問題にしたページには寺院の電話番号が載っていたのだ。
恐らくこれを見た工作員が別の工作員を介して寺院にタレ込んだのではないかと。
とすると、やはり例の宗内カルト以外に考えられない。
いまやインターネットはれっきとした人権として世界的に認識されている。
ネット弾圧をするのはファシズムやカルト等の常套手段である。
要するに外の世界を見せないというやり方である。
ネット弾圧が有名なのはあの顕正会である。
私の所属寺院では特に規定も制限も無いし御住職も言論統制を否定されているので問題は無いが、やはり寺院に迷惑がかかるといけないので所属情報は非公開とさせていただいている。
この現況では所属寺院の公開には甚だ問題があると私は見ている。
ブログ上で自身の所属を明かすのは現時点では問題があるのでブログをやる時は所属寺院を伏せておいたほうが無難である。
問題の件については「寺院名で検索した」などと弾圧者がほざいているがこれは門外漢によって予め口車が用意されていたと見る。
実は門外漢らによるタレ込みなのだが、ばれると宗内にいられなくなるので伏せてくれ、検索したことにしてくれと併せて依頼していたというのが専らの推定である。
また、門外漢はやたらめったら他の寺院の信徒と交流関係を作っていた(当人がうっかり口にしていた)ので、そのネットワークが利用されたのではないか。
いずれにせよ、それほどまでに門外漢はネットを恐れ、ネットの恐怖なるものを拡散しているのだということである。

※対処法
圧力をかけられても決して閉鎖はしない。
言論の自由を楯に訴訟も辞さない姿勢を見せる。
幹部といえども言っている事を鵜呑みにしない。
反論できない時は一旦席を立ち、後日反撃する。

最近の一部法華講幹部はとにかく威圧的で圧力をかけてくる。
役職であることを傘に着て横暴な振る舞いをする者が後を絶たない。
圧力をかけられた場合であるが、とにかく大人しくしていてはいけない。
大人しくしていると相手はどんどんナメてかかってくる。
逆ギレするくらいで丁度いいほどである。
だったら辞めさせて頂きます、という姿勢でなければ勝てる訳がない。

カテゴリー: 言論の自由, 雑感 | ネット弾圧の惹起について はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-67.html