投稿者「パントルセレブル」のアーカイブ

「三高思想」にメスを入れる

違う趣旨の記事を書くために調べ物をしていたら私の主張を決定付けるものが出てきた
記事を保護するためURLは差し控えるがWikipediaから引用する
この記事では、
『社会学者山田昌弘は、「女性が結婚しないのは高収入男性を求めるため」(いわゆる三高)と題する記事を『週刊東洋経済』2006年7月1日付に寄稿したが、この主題そのものが政治、メディアでは強いタブーであるという。(中略)
「未婚女性が結婚相手に求める年収は、現実の未婚男性の収入に比べれば相当高い。」「このことは、私は10年以上言い続けているが、大きく取り上げられることはなかった。こんなこと言ったらクビが飛ぶと、ある官僚に言われたこともある。多くの人は薄々知っているが、公に言ってはならないタブーなのだろう。かくして、根本的な原因にはメスが入れられず、間違いではないが、根本的でない要因のみが強調される。『出会いがない』とか『キャリアが中断される』から少子化か起きると言っていれば、誰からも文句を言われることはない。どうも、日本社会は、本気で少子化対策を進めたいとは思っていないようだ」』
とあるのだ
根本的でない要因のみを強調するというのは昔からのメディアの手口であり明らかな印象操作、情報操作である
あえて強調しよう、
「女性が結婚しないのは高収入男性を求めるため」
であるとな!
この「三高思想」に極めて忠実なのがかの門外漢女ことK.Yなのだ
この女ほか敵対者連については新たに書きたいことがあるのでそれは一家サイトのほうでやる
この「三高思想」を誤魔化す印象操作記事をポストセブンが書いたので言及する
「男性の条件は”三高”ではなく”三平”」と題し、曰く「平均的年収、平凡な外見、平穏な性格」なのだという
しかし、これでも容姿や収入が偏重されていることには変わりなく、根本的問題があたかも存在しないかのように書き殴っている悪質なものである
案の定、マーケティングライターの命名だって
それって、商業主義の操り人形やないか!
これでポストセブンも「御用メディア」決定である
あえてここで筆者の主観に基づいて書かせてもらう
学歴、身長(容姿)、収入のいずれも、男性を選択する際の要素にしてはならないのである
そのうちひとつでも追求しようものなら、直ちに「ためにする輩」に該当することになり、必ずどこかで行き詰まり破綻することになるのだ
ただし、女性の場合にはある程度の容姿を保つ努力をすることは女性の義務であることは付け加えておく
それと、「結婚=ゴール」という思想がそもそも間違っている
三高思想にしろ、結婚=ゴールにしろ、いずれもメディアが商業主義のために偽り煽り立てたものであろう事は容易に想像が尽くしまず間違いないだろう
「結婚=ゴール」がでっち上げられたのは、ブライダル業界が恒常的にぼろ儲け出来るように常に結婚を煽り立てるために「ゴールが近づくと全力で駆け込もうとする」人間の習性を悪用したものだろう
ブライダル雑誌の類の存在自体も、またそこに書かれている「常識」も、メディアによってでっち上げられたものなのである
もうひとつ三高思想が存在する理由について私の見立てを述べよう
これは、官僚、学閥をはじめとする「権力3兄弟」の階層にとって有利に働くためのものである
つまり、女たちが真実や真に大切なことに気づくことなく、常に「地位ある者」のほうを向くように仕向けるための悪巧みなのである
また、これは女たちに貧困階層などを叩かせるためのものであり、民衆を分断するための手口のほんの一部なのである
また、このことは「鉄叩き」「オタク叩き」とも深い関係があるものである
鉄道趣味者に対するものにしろ、二輪趣味者に対するものにしろ、それら偏見を刷り込んできたのはメディアであり「叩き」を行うことで憂さ晴らしをさせる卑怯なやり方なのである
いかなるものが対象であろうとも、メディアに誘導されるがままにそれら対象を「はけ口」にすることは人間としてあってはならないものであり私はそれを絶対に許さない
それを敵対者らも、その他の女たちも平気で行ってきたのだ
あえて宣言しよう、一度でも「叩き」をやったことのある女は例外なく交際から除外することを!
いずれにしても、「叩き」をやるのはその時点でメディアスレーブ決定!なのである
特に敵対者連がそうであり、彼奴等はまさに「筋金入りのメディアスレーブ」であると言わなくてはなるまい
如何にすばらしい容姿を持とうとも、いかに××であろうとも、メディアスレーブ女に用は無い!
それとメディアが悪用する「枝葉」をあえて破砕して差し上げよう
まずは「出会いが無い」について
出会いが無いのはメディアに操作されるまま「出会い」そのものの定義を狭窄なものにして、なお且つハードルを極めて高くしてしまっているからなのである
つまり、それを無くしてしまえば出会いはいくらでもある!
それをさせまいとしているのは「いい学校、いい会社」つまり、やはり「三高思想」なのである
前にも書いたが愛とは親と戦争をしてでも成就させるべきものなのである
また、見ず知らずの人に対しての不安を徒に煽り立てるのは、じつは権力3兄弟や学閥にとって都合の悪い「出会い」を一掃する為であり、その為にメディアは何か事件やことが起こるたびにそのような不安を煽り立ててきたのである
次に「キャリアが中断される」について
これもメディアの煽りをそのまま真に受けているだけのことである
キャリアが中断されたら人生お終い、みたいな事を実に実にしく書き立てて女たちを引き付けてきたのである
企業社会主義、商業原理主義、学閥主義にとって都合のいい口実に過ぎないのである
キャリアが中断されたら人生お終い、だったら私は何度も死んでいる計算になりますが?
キャリアなんぞ、人生にとってちっとも大切などではないのである
それはまさしく「ためにする」考え方であり、仏法にも背反している
で、三高思想に戻ってもう一度破砕する
「いい学校、いい会社、いい男」と言う考え自体、「ためにする」考えであり、世の中をおかしくしているのである
ましてそれが正法信仰者のするべきことではないことであることはあまりにも当然過ぎる
しかしながら、「心の時代」が来ると権力3兄弟をはじめ企業社会主義、商業原理主義、学閥主義にとって都合が悪いのでメディアは全力を挙げて「心の時代」を粉砕し「格差社会」を煽ったのだ
しかし、企業社会主義は「ためにする」主義であるから必ずや行き詰まり終焉を迎えるのだ
いずれにしても恋愛や結婚に「条件」を設けること自体が「ためにする」ことに他ならないのである
逆に、生理的に受け付けないもの、或いは趣味や嗜好がどうしても合わないものはどうしようもないと思うのだが如何だろうか?
実際に、そのような「ためにする結婚」をしたような人に限って、程なく婚姻が破綻してしまっているのである
この他にもタブーはあるが、とかく企業社会主義、商業原理主義に反するものはことごとくタブーとされ、これらに影響しないようメディアによって情報操作、印象操作されてきたのだ
この国で猛威を振るうのがほかならぬ「利権」である
利権が存在すること自体が、官僚支配の動かぬ証拠であり、権力が腐敗していることをも裏付けるものである
リサイクルが利権になっている事も含め、それらは改めて深く掘り下げる

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-56.html

雑感 2012/3/2

今日は午後から病院であったのだが待っているときに待合ロビーで流されている犬HKの番組で鯨料理何ぞが扱われていた
この国が世界から孤立している最もたる原因のひとつが違法な捕鯨(ここでは「調査捕鯨」という美化した名称は使わない)である
そしてこの違法捕鯨もまた、この国の悪しき利権構造のひとつである
犬HKが鯨料理なんぞを流したことはまさしく犬HKが権力や利権に寄り添う存在でしかないことを如実に表している
その犬HK、大半の世帯が何らかの理由で視聴料を払っていないにもかかわらずとんでもないぼろ儲け、つまり濡れ手に粟なのだ
そういえば紅白出場が目標とか云っているグループが在ったっけ
このグループは犬HKのラジオ放送に出たことがあった、言い換えれば犬HKがわざわざ粉飾満載の某グループ称賛番組を流したということである
更にこのグループの所属プロは反原発に圧力をかけた8CHとの関係も深いとされている(ただし、高岡氏の件でだいぶギクシャクしているそうだが)
そのことでもわかるように、芸能人、芸能界というのは権力3兄弟のためにあるといっても差し支えないであろう
以前にも「アイドル」の意味を調べてみたことがある
idol【名詞】偶像;崇拝されるもの、アイドル
と辞書にはある
辞書にも書いてあるように、アイドルというのはあくまで偶像に過ぎない
権力3兄弟はこのアイドルをさまざまに利用して衆目を引き付け、真実から巧みに目をそらしてきたのである
無論、アイドル以外の芸能人もこれに該当するだろう
原子力の記事ではないので詳細は割愛するが、実際に原子力の広告塔になっている芸能人や(似非)文化人などは結構多いのだ
もちろん、犬HKに限らず総てのメディアは権力3兄弟、企業社会主義の提灯持ちである、ということは私が一貫して言ってきたことである
無論カメラ雑誌もそうで、都合の悪い記事は書けない提灯持ちメディアなのである
写真家協会とやらも、云うまでも無く「御用協会」なのは間違いない
カメラ雑誌に出ている時点で怪しいと思わなくてはなるまい
先月はあまり多くの記事を書くことが出来ず忸怩たる思いである
今月はその失敗を教訓に、要点を煮詰めた上で記事にしてゆくつもりである
特に、大震災後に行われてきたことを今一度当日誌上で検証していくことにしている
あの大震災は確かに酷い悲劇ではある
しかしながら、あの大震災が無ければこの国の実態におけるさまざまなことを炙りだすことは出来なかっただろう
だからこそ、大震災後に権力3兄弟がしてきたことというのをつぶさに検証してゆく必要があるのである
他事は記事を改めます

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-55.html

既得権益を守ろうと必死なメディア その2

まずは代表的御用新聞のゴミ売新聞の件から
読売新聞なんぞをありがたく購読している者は馬鹿ばかりじゃないのか
(BLOGOS:天木直人氏)
消費税増税のいかさまはすでに多くの人が知るところとなっているがゴミ売新聞は
「消費税増税が「必要だ」と答えた者が63%に上った」
などとたれている有様である
これは調査の結果というよりも調査などされてはなく、ただ単に煽り・脅し・プロパガンダの一環として適当なことを書いて国民を欺こうとしているだけの話である
コンビニの店頭にもゴミ売新聞が並んでいるが今日は原発再稼動を煽るいかさま記事がトップになっている
三流タブロイド紙も相変わらずくだらない煽り記事のオンパレードである
そもそもノダルフ・ヒトラーは利権で焼け太っている、およそ庶民の感覚からは程遠いノーテンキ官僚集団の言いなり、というか犬でしょw
ゴミ売新聞は権力3兄弟の犬!である
もちろんこれはゴミ売に限った話ではなく総ての新聞がそうだというべきであり、テレビもそうだしありとあらゆるメディアがそうである
年金制度にしてもあれはサラリーマンの場合だと本人と企業が折半で払っているものなのでそこを踏まえないととんでもない誤解をする事になるし消費税の件だってあれは巧みに「増税が必要」という誤解をさせるために民衆を欺こうとしているだけの話なのである
それを狙っているのが権力3兄弟であるということをゆめゆめ忘れてはならないのである
権力のしていることもそうなのだが、商業主義のいかさまぶりも相当なものである
そこで暗躍するのも、またメディアなのである
こちらの場合は、前記のメディアも少なからず関与しているのだが、ここで最も猛威を振るうのは主に雑誌類や三流タブロイド紙である
連中のやり口は、物事の本質をさし措いて「これを買えば××できますよ」「これがあれば○○はばっちり!」見たいな宣伝(ぁ、喧伝か)文句を連呼し、これとあわせイメージで以って消費者を欺いて大して役にも立たないようなものを買わせてきたのだ、何十年もの間
雑誌の類に書いていることはいかさまが9割w
だし、前に書いたように民衆同士を反目させることに主眼が置かれているので(これはテレビや新聞も同じ)そんなものを読めばろくなことにはならないで当然なのである
で、当の雑誌の方はやはりこれまでの「あまりにもおいしい」いかさまビジネスを死守するべく以前にも増して煽り・脅し・プロパガンダに明け暮れている有様である
ちょうど近いので云うが、バレンタインデーにチョコを贈っているのは日本だけだしそんなもんで人を動かせると思ったら大間違いなのである
これこそ製菓業界の一大いかさま商法であると早く気づくべきである
いかさまなのはファッション業界もそうだしブライダル業界もそうだ
これらは99.9999%いかさまであるといって間違いない
そして、その行灯持ちをしているのが女性向け雑誌なのである
また、メディアはやたらと「結婚」を煽っているがこれは大変危険なものだし人生を台無しにするもとである
そこに欠けているのが、ずばり「物事の本質」なのである
前にも触れたが今の日本女の実態は酷いものである
メディア鵜呑みなのもそうだしとにかく欲深いに過ぎる
そんなものに付き合っていたら金がいくらあっても足りないし命がいくつあっても足りない
しかし、前記利権の絡む業界に加えて権力側も何とかして民衆をそっちのほうにもって行きたいので、本質のことはさし措いてイメージなどという胡散臭いものを前面に出してとにかく「恋愛」「結婚」を煽ってきたのだ
なんでも色恋沙汰のほうに持って行こうとするのは権力側の典型的なやり方なのである
だから、「恋愛体質」などというものは権力の洗脳によって生み出されたものに過ぎず、そのようなことを言っている輩ほど要注意なのである
なぜなら、それだけメディア鵜呑みだということだし、メディアスレーブだって事だろ
しかし、大震災以降常識とされてきたあらゆるものが音を立てて崩壊しつつある中、そのようなやり方は通用しなくなってきているのである
メディアをはじめとするさまざまなもののいかさま振りが今次々と明らかになっている
権力もメディアも商業主義も、皆いかさまだらけだし胡散臭いものだらけなのである
胡散臭いものを胡散臭いと見抜かなければ、これからの激動の世の中を生き抜いてゆくことは出来ないのである

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-54.html

既得権益を守ろうと必死なメディア

このところのメディアの荒唐無稽な狼狽ぶりにはいい加減に目に余るものがある
そして、この実態こそがメディアの本質を示しているといえる
どこにも根拠の無い地震の話かと思いきや今度は荒唐無稽もいいところの富士山噴火の話
予測技術も無いくせによくもこんな話を出してくるもんだ
しかも、「200年灰だらけ」とかに至っては江戸の大噴火でも無かった様なでたらめの与太話であるとしか言いようが無い
あと、地震の話では「130万人」がどうだらこうだら書いているけどそんな訳無いだろ
民衆を煽りたくて煽りたくてしょうがないというメディアの手の内が見えてしまう程の荒唐無稽振りである
その江戸の大噴火のときも大石寺では毎日連綿と丑寅勤行が行われてきたのだからな
まぁ、今までのやり方では民衆を煽れなくなってきているし、それほどまでにあの地震は今までの常識を覆してしまったのだと言える
まさかここまでぼろが出るとは当のメディア自身も想像だにしていなかったであろう
だが、「ためにする」輩というものは必ずどこかで計算が狂い、ぼろが出て行き詰る様にこの世界はなっているのである
誰かさんの耳には非常に痛いだろうけどな
テレビや大手新聞だけではない、雑誌や三流タブロイド、女性誌(ある意味、これの煽り方が最悪であるともいえる)に至るまで煽りと脅しとプロパガンダのオンパレードである
これらは総て権力3兄弟の手先なのでまともに受けたり鵜呑みにしてはダメであるのは今更ながら言うまでも無い
まして犬HKとか見ているようなのは論外であるとしか言いようがない
余談になるが、某弁当チェーンで某タレント集団がいかにも旨そうにして肉食ってる写真が使われているがあれがメディアのやり方だから
そんなタレント集団とかに振り回されているのは莫迦みたいな話だしそういうの使っているところは怪しいと思わねばなるまい
人を利用したり誑かして(これも「ためにする」うちに入るだろう)伸して行こうという徒輩はいつか自分が利用され誑かされることになるしそのようにこの世界はなっているのである
それと、今ソーシャルメディアが大流行しているが筆者は小生一家としての確固たる信念のもとこれらには参加していない
その理由については誰が見ているかわからないので伏せるが
FacebookやTwitterでの書き込みは総て米帝の当局にモニタリングされているようである
前者は本名でやらないと削除されるそうであるがそういう理由があったのか
で、その書き込みがもとで英国の若者が米帝に入国を拒否されたのだとか
たいした書き込みでもないしあの程度のジョークも聞き流せないとは…
で、同じく米国のYoutubeであるが在日関連の動画を登録していたアップローダがアカウントを止められるという事態になっている
やはり権力3兄弟による圧力だろうがな
メディアの話に戻るが前述したような各種メディアだがその書いている物や番組などによって言っている事、書いてある事がまるで違うものになっているのだ
総じて言えるのは、いかに民衆をそれぞれ違う方向に引き寄せて反目させるか、つまりいかに民衆を分断してゆくかということを主眼にしてあるので、それをまともに受けると間違った発想や考え方が染み付いて自己中心的になってゆくということである
前にも書いたように、自己中心的な輩ほど実は権力3兄弟にとっては都合がいいのでそのようになっているのだ
だから、あらゆる偏見や差別、視野狭窄、杓子定規的発想も総てメディアを鵜呑みにしているからそういう発想になるのだ
あらゆる偏見や差別は総てメディアが作り上げ、垂れ流してきたのだ
だから、誰かさんはメディア鵜呑みの杓子定規野郎ということになるな
鉄道趣味者に対する偏見だとか三脚禁止云々とかいうのも総てそうだ
三脚禁止だとかそんな場所に行ってまで撮影をやろうとはこれっぽちも思っていないけどな
もっとも、今は手ぶれ補正のおかげでほとんど三脚など使っていないけどね(動画やる時は別)
特にY支社が酷いけど3人以上敵対者出している(全部女)のもそっち方面だけだしな
どっちにしても日本女の偏見はとにかく酷すぎる
井の中の蛙に限ってメディアの出した与太話でやたらめったら騒ぎ立てるんだよな
それと、補足になるが先日の記事で「そこにあるのは、落胆と幻滅が総てである」と書いたがもうひとつ重要な要素があった
それは、ずばり「失望」である
しかも、並みの失望ではないだけにその反動は限りなく大きいものである
その証拠に、スマホの中に入れていたそういう画像は総て消しましたw
今交際を謀る奴はその反動の「津波」をもろに被ることになるだろう
手加減はしないので女どもは粛清が嫌なら近づかないほうがいいだろう
そう、これがまさに「恋愛禁止条例」というやつである
尤も、タレント活動に際して恋愛禁止とかってそれ人権侵害&前近代的だろ→某タレント集団

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-53.html

「ためにする」輩について その2

東大地震研の出したとされる「予測」はやはり胡散臭いものだったようだ
何しろこの東大地震研とやらこそが地震研究の正しい発展を妨げてきた張本人だという
しかも、予測するに足るデータなど持っていないとの推定まである
つまり、先日の「予測記事」も所詮は権力3兄弟による「煽り・脅し・プロパガンダ」の領域を出ないものに過ぎなかったことになる
たとえ近日中にそれが来たとしてもだ
予測自体がでたらめなのだから、それが的中しようがしまいが正当化するに足らない戯論に過ぎないということである
地震に対する対策・心構えは常に必要なものなのだから、このような煽動に惑わされず常に一定の準備と警戒をしていればいい
日本における地震研究は東京大学の独壇場である
(BLOGOS:ガジェット通信)
二重の社会主義の一大構造である「学閥」の弊害が正当な研究を妨げ、東日本大震災における被害をとてつもなく大きなものにしたとしか言いようがない
まさしく、この国で「ためにする」人生を送る、或いは「ためにする」事に慣れ切っている輩が大半であることをもこの事は示しているといえる

「ためにする」輩は、その性質からそのほとんどがメディアスレーブであるとも言えるし、操る側、操られる側の双方が「ためにする」人生を送り、或いは「ためにする」事に慣れきってしまったその結果が今日の閉塞した社会を招いているといえるのである
その意味では筆者と敵対してきた連中などもまさしく「ためにする」人生を送り、或いは「ためにする」事に慣れ切っている輩であると言える(この件については後日一家ISのほうで取り上げる)し、筆者もそのような輩であると気づかずに他人に期待をしてしまってきた事が今日の状況を招いてしまったともいえる

このような社会、このような輩が蔓延する現代
その中で抱いた期待がことごとく期待外れに終わってしまったのも、ある意味当然のことであると言えよう
その意味でも、「失われた26年間」は、無かった事にしてもらいたい
そもそもが出会わなければよかったものばかりなのだから
「所詮は、そういう連中だったのか」
そこにあるのは、落胆と幻滅がすべてである
今後は、そのことを前提にして総てに対してゆかねばならないという事であろう
なお、私は基本的に「ためにする」ような考え方は無いが、私に対して「ためにする」行為で主権を侵さんとする輩に対してはそれ相応の対処をするのでくれぐれもお間違いの無いように

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-52.html