門外漢・SG・千ラシ裏問題」カテゴリーアーカイブ

これまで「縁」であったとされていた事象について

これまで、SG現場においては「縁」とされる事象が二つあるとされていた。
そのうち一つは、SG現場における煽動のネタにもならずに例の洗脳手段によって反目させられ、相手がたった一週間で辞めていって縁を断たれたものであり、こちらは可能性があったとしている。
(勿論、元には戻らないが。)
それに対して、某鉄道会社関連企業の社員であった(現況は不明。)Y.Tと、これとつるんでいたA.TについてはとくにY.Tの件についてSG現場で大々的な激しい煽りが行われ、毎日のように工作員どもが盛り上がっていたという事実があった。
今回はこの後者の事象、Y.Tがらみの事象について最新の見解を述べる。

まず、これを論じるうえで重要なのは、敵は必ずといっていいほど、「無いもの」を使って煽ってくるということである。が、これが判明したのはなにぶんここ1年ほどのことであるゆえ、それ以前の記事では論じている内容にぶれがあり、余りの酷さに再掲に当たってかなりの修正が入ったところである。
この、「敵が煽るものは無いもの」ということを基準にしてみると、SG現場の人間は殆どが工作員か敵側の人間であること、その今では「敵」と看做せる連中が毎日のように煽り立てて盛り上がっていたことを併せて考えると、Y.Tの件は最初から無かったものだったのではないかという結論にたどり着くに至った。
また、敵側の人間は平気でウソをつくということを考えると、このY.TはSG社員Gが示した、龍ヶ崎の地には最初からいなかったということであり、そのことを知りながら地図で探させたものだったということになる。道理で、いくら探しても見つからないわけである。まさしく、「無いもので煽った敵工作員」であったといえる訳である。

では、なぜY.Tは2007年の某日に列車に乗り合わせ、取手を越えて乗車していたのか?
その「佐貫」も、あくまでY.Tの口から出ただけで、単なる工作のために鉢合わせるように行動したものであろう。
実際問題、その後SG現場を辞めるまでに2年を超える時間がありながら、二度と列車で鉢合わせることは無かった訳である。
だから、その後の足取りがわからないにしても、乗車時刻などから取手の先で折り返して、東京都心を通り越えて終電前に反対側の沿線に帰ることは十分可能であり、ただ単に龍ヶ崎のほうに住んでいると思わせるための工作だったに過ぎなかったと見るのが妥当であろう。
もっと言えば、もしこのY.Tが敵側についている人間だったとしたらどうだったかと言う事であり、筆者を見送った後藤代なり佐貫なり適当な駅で降りて、そこで待っている迎えのクルマに自宅まで送ってもらえば済む話ではないか。
したがって、そもそも「佐貫」には住んでいなかったのであり、端から「無いもの」で煽っていた事になる。
これらを勘案して、こちらの記事で述べていた通り、Y.Tらには端から私などと付き合うつもりなど最初から無く、SG現場の工作員らと共謀して大掛かりな交際事犯を演出し、これをネタに煽り立ててハラスメントを行うべく演技を行っていたのであり、奴らも敵対勢力側の工作員であり、「最初から無かった」関係だったと看做すことができるのである。
なお、この両名、敵側の刷り込んだ「嗜好」に合わせてSG工作員と連携する行動を取っていたことも明らかであり、やはり敵側の人間だったとするのが適当であろう。

結論としては、
・鉄道会社関連企業社員だった、Y.T、A.Tとも、「向こう側」に属する工作員だった。なお、その親会社もS会側についていると専ら謂われている。
・奴らは、SG現場の工作員と共謀して大掛かりに交際事犯を演出し、筆者に対してまともな交際に向かわせないように仕向けるのが役割だった。
・2007年に発生した、いわゆる「鉢合わせ事件」は、私を騙すためにこのY.Tが演技を行ったものであり、重大な交際事犯であるといえる。
・総合して、Y.Tの件は最初から「無かったもの」であり、無いもので煽るという敵側の要諦通りの工作であったといえる。
ということになる。
これを以って、本件における当家の固定の見解とさせていただくものである。

これを受けて、当家としては、本件は重大交際事犯に該当するものであり永代追放に値する大重罪であり、このY.T、A.Tの両名とも敵工作員と看做すことが出来ると判断するに至ったものである。
SG現場の各種事件同様、筆者の人生を大いに狂わせるに足る重大事犯の一部であったと看做して、近々この両名については永代追放の厳しい処分に踏み切ることになろう。

当時は宗教に洗脳されていた上、敵によって焚き付けられていた鉄道趣味などというものが生活のリソースを占領していた時期であり、その最中でおきた事件がY.T疑惑だったということである。
したがって、今後何があろうとも、鉄道趣味を非合法化した当家にあっては許されるような関係ではなく、決別したことはその意味でも間違っていなかったのである。
少なくとも、まかり間違って関係を結ぶようなことがあれば、それは即破滅を意味したのであり、付き合ってはならなかった関係だったということである。

-完-

カテゴリー: 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-197.html

再審について

一家は、先日惹起事犯に対する処断を決める審判を行ったがそれに先立って過去の惹起事犯に対する再審が行われた
対象は、千ラシ裏・SG集団と門外漢女の集団である

ここでは、各別に再審の内容に関してお知らせしておく

SG・千ラシ裏集団

千ラシ裏女を中心としたSGの連中に関しての再審は大変厳しいものとなった
何故なら、彼奴等によってもたらされた結果が非常に重大なものであったからである
結論から言うと、再審による赦免者は出なかっただけでなく、新たな永代追放者が出る始末であった
千ラシ裏女については、この事件を本当に主導したのかということに対する疑念は消えないものの、もたらされた結果があまりにも重大であったこと、自らも積極的に策動に参加していたこと、その気もないのに筆者の気を引くなどしたことが交際類似行為に当たることなどから永代追放を維持するという決定が下された
交際類似行為に関しては、それだけで永代追放の要件を満たし得ることから、それ以外の策動について慎重に審議し、最終的に4件程度にまとめられた上で永代追放を維持するということになる
なお、新たに取引禁止業者が出たことを追記しておく

門外漢女とその取り巻きについて

云うまでもなく、門外漢女はこともあろうに法華講内において筆者に対する数々の誑惑やスキャンダルを演出し信行に重大な影響と禍根を残し大きな悪影響を及ぼした、許されざる輩である
そのもたらした結果の重大さは今更並べ立てるまでもなく、永代追放の維持は当然であるほか何があっても決して復権させないという新たな付帯決議が可決される始末であった
その他、法華講内において派閥の形成に及んだことなどが重大視されている
門外漢女については、
自動二輪計画圧殺事件の演出、デジタル一眼スキャンダルの演出など証拠の残らない巧妙なやり方での仄めかし等ハラスメント行為
継続的な交際類似行為
講内における孤立化策動を行ったこと
口車を駆使して筆者を粛清させたこと
の件について、改めて永代追放を宣告し先述の通り復権絶対不可の付帯決議を付した
他の容疑者についても、永代追放の維持が決定している

一家を害する者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを関係する者は一々に肝に銘じるべきであるということである

なお、4日に行われた惹起事犯審判の内容については改めてお知らせする

カテゴリー: 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-180.html

千ラシ裏女の任務について

不本意な人生シリーズを続けていきたいところであるが、重要度が高い事柄なので先に書かせていただく
以前に筆者は通称:千ラシ裏女について、その任務を
「ソーシャルエンジニアリングとマーケティングにある」
と書いた訳であるが、その後千ラシ裏女がSG現場におけるガスライティングの実質的責任者であることが判っている
しかし、奴の任務はそれだけではなかった
まず、千ラシ裏女は交際類似行為でも処分されているが、この交際類似行為自体が任務の一部である
筆者の関心を常に引き付け、筆者が他の女との交際を成就するのを妨げ、孤立化に加担することが大きな任務であった
そして、もう一つの大きな任務が筆者に対する人格改造を強行するための策謀の実行であったのだ
この女には俗にいう復唱癖があった、と思われていた
しかし、それは単なる癖ではなく、筆者に復唱癖を植え付けるための工作だったのである
これが判明したのは、敵の吹聴の一部を意識の中で復唱させられていることが判明したからである
そこから、復唱といえば!あの女だ!とすぐに合点がいったのである
当時、言葉の送信による攻撃はまだ始まっていなかった
そもそも、千ラシ裏女はじめSG現場の輩は2009年の大粛清で一掃されているので3年近く間が空いている
言葉の送信が始まったのは2012年6月、敵の策謀から事故に巻き込まれた後である
しかし、その5か月後には電磁波犯罪が発覚し、併せて千ラシ裏女が敵側のエージェントであったことまで発覚している
そして、2012年11月28日を一期に永代追放処分となっている
その千ラシ裏女が人格改造の強行の一環として行ったのが復唱癖を植え付けるための工作だった、という訳である
それを工作員と気づかれないように実行する辺りは非常にしたたかであるという他なくこの手の人間はいくら諫暁しても時間を空費するだけである
それが証拠に、折伏しても余裕でかわし切り、任務を忠実に実行したのであった
筆者は勿論、他の者も一部工作員を除けば千ラシ裏女の真の素性を知っていたとは云えなかった
あの女のしぐさや素振りなどは99.9999%演技だったからである
それで本性を見抜けと云われて誰ができるのか
革命一家が千ラシ裏女を粛清してから敵による言葉の送信が始まるまで3年近く要していることについては、千ラシ裏女の犯罪行為を隠蔽するためという一面があると思われる
いずれにしても、復唱癖を植え付ける工作が行われた時点で言葉の送信工作も予定されていたということであるのは間違いない
千ラシ裏女が人格破壊工作のプロであることは間違いなく極めて危険な工作員であると云わねばなるまい
筆者にとってはこの人生を無残に破壊して貶めた悪の立役者の一であり未来永劫決して許してはならないのは云うまでもない

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 千ラシ裏女の任務について はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-160.html

門外漢問題のからくり

これまでに真の敵が仕組んだ壮大な謀略の多くが明らかになっている
2004年以来一家は門外漢女やその一味が端緒となって惹起した一連の問題、そして正体不明の敵による攻撃による甚大な被害を受け一時は最低レベルにまで破滅させられていた訳である
昨年末に謀略団体による電磁波ガスライティングが判明したが、その後も最近までは門外漢一味が主犯であると思われていた
結局は再び新たな情報がもたらされ、門外漢一味は着ぐるみとして利用されていたことが明らかになっている
これによって主犯は謀略団体の電磁波部隊を中心とした勢力であることが確定している
謀略団体の電磁波部隊はその正体が判明してもなお門外漢一味の仮面を被り続けたのだ
それができたのはその何重ものトリック、からくりによるところが大きい
門外漢一味は自動二輪圧殺事件を手始めに数々の事件を惹起し石の湯事件という大きな事件を惹き起こした
更に寺院内における筆者の孤立化のために策謀を巡らせ、その結果筆者は石之坊から粛清された
これが面に出ている史実になる
しかしながら、不可解な事件が多く更に門外漢女の怨嗟だけでは説明の付かない壮大さが問題視されていたのだ
そこに降って湧いたのが8月30日事件である
この事件を端緒とする混乱の最中に筆者はあるウェブサイトにたどり付いたのである
そこで判明したのが謀略団体による電磁波犯罪である
これにより筆者は信心を取り戻し、信仰活動に復帰したというのが顛末である

通常では電磁波ガスライティングは電磁波によるマインドコントロールや操縦の世界だけで成り立つ
しかして、門外漢女をはじめとする一味が多くの事犯を惹起してきたことが全容の解明を遅らせてきたのであり、壮大なからくりを構成する一大要素になっていたのである
ターゲットだけではなく周囲の者まで操作出来ることが判明したことで全容の解明に大きく前進した
門外漢女が敵対者として養成されたことにも相応の理由というものが存じたのである
まず、敵は電磁波ガスライティングを始めるに当たって隠れ蓑を探した
そこで、同じカルトでありながら対立関係にあった顕正会の出身者を隠れ蓑に選んだのだ
謂わば顕正会を隠れ蓑にしたも同然である
そして、その中でも信心の薄弱な徒輩を選び洗脳を施したのである
それが門外漢女である
門外漢女を洗脳した敵は、後にエージェント養成プログラムをも奴に授けたのである
そして筆者を本山から遠ざけ、門外漢女に徒党形成の時間を与えたというのが専らの推定である
それ以後の門外漢女は筆者殲滅のエージェントという役どころを見事に演じ切ったのである
この事が、敵が筆者に主敵は門外漢女であると思い込ませるに当たって大いに信憑性を与えたのだ
確かに門外漢一味は多くの事犯を惹起してきた
しかしながら、それは全て謀略団体幹部の意向によって電磁波部隊をはじめとする敵一味が仕向けて行われたことなのである
そこには何重ものトリックが仕込まれていたのである
その一方で敵は筆者にあらぬ嗜好や考え方を刷り込み、電磁波ガスライティングに精を出してきたのである
そして、それを資けたのが千ラシ裏集団をはじめとするSG潜伏の工作員どもだったのである
しかしながら、筆者は千ラシ裏女の工作員としての資質に疑問を持っている
カルト会員に違いはないと思うが慎重に再検証を進める所存である
その結果がどうであろうとあくまで主敵は謀略団体の一味である
電磁波による手口と実地による手口が併用されてきたという見解に変わりはない
だが、その主従関係には今までとは違う見解に達している
当初から今日まで電磁波が従で実地が主である、というのが最新の見解になる
そこにも集ストや離間工作を隠すためのトリックが仕込まれていたということである

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。再掲に当たり、一部を修正させていただきました。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 門外漢問題のからくり はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-130.html

計略

歴史編は少しお休みしてまた忘れてしまわないうちに書き留めておかねばならないことを先に綴る

筆者は洗脳とガスライティングの標的にされ今日も厳しい戦いが続く
何度も書いている通り、敵の要諦の一つに「法統相続をさせない」というものがある
最近の敵の攻撃内容から、何としても二輪にしがみつかせて車を買わせまいという計略が見え見えである
また、激しい刷り込みが続いており厳しい対峙が続いている

しかしながら、その様なやり方で一家の方針を変えられると思ったら大間違いである
そもそも門外漢らは信心のかけらも無い連中であり仏の前に敗れるのは必然である

敵は、筆者が派遣脱出を図った際にSGに誘導することを決定し実際に筆者はSGに誘導されている
だが、このことには先の「法統相続をさせない」という要諦に相反する危険があったはずである
この危険を敵が克服するために何をしたかを書いておこう

その危険とは、謀略団体幹部の意向に反して筆者が出会いを結実させることの「危険性」であった
法統相続=危険、というのは千ラシ裏の痴犬が「きけ~ん!!」と言い放ったのも同じ論理である
つまり、門外漢も痴犬も「法統相続=危険」という見解で一致していたことになる

敵の悪辣な計略というのは、仮に出会いがあっても筆者がそれを結実させることの無いように洗脳してしまうことにあったのだ
リクスーやアイドルを刷り込んだ最大の理由である
つまり、いくつかの出会いを潰したことに関しては、最初からその様なことを意図していたことなのである
その様なレールが、最初から敷かれていたことになる
韓流を刷り込んだのも同じ理由だ
いずれにしても、それら刷り込んだモノに現を抜かさせ、万一それを覆すような女が現れたときには全力でその縁を叩き潰すことを最初から考えていたのだ
何度も書いていることだが、「頭が弱い」はただの逃れ口上であり悪知恵が働くことを隠す為のごまかしである
自分でそんなことを言う奴にろくな奴はいないから頭に叩き込んでおく様に!

回顧録にも書いた「バイクは正法じゃない」にも、その様な計略とともに門外漢の悪辣なやり口が凝縮されているのだ
門外漢は、その我見を正当化するのに何かにつけては正法を持ち出し、正法を錦の御旗にするのが常套手段であった
奴は、正法を錦の御旗にすることで筆者に疑いを持たせないようにしていたのだ
例の「頭が弱い」も、同じく疑いを持たせないように重ねて謀った念慮だ
自動二輪と法統相続を潰す為の計略を正法の名の下にすり替えてごり押ししたというのが真相である

その姿には、ご本仏への供養と偽って巨額の財務を漁る某団体の姿にも通ずる重大なものがあるのだ
(この部分削除)

その門外漢集団であるが筆者がこれだけ綴っているにも拘らず今日までだんまりを決め込んでいる
また、石之坊においても石の湯事件はもとより一派の惹起した不祥事についてだんまりを決め込んでいる
だんまりを決め込んでいるのは、反論が不可能であることと、謝罪と賠償を逃れんとして決め込んでいるという極めて卑劣で悪辣なやり口だ
そんなものがいつまでも通用すると思ったら大間違いだから覚悟しておけ!

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 計略 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-114.html