敵対者批判」カテゴリーアーカイブ

再審について

一家は、先日惹起事犯に対する処断を決める審判を行ったがそれに先立って過去の惹起事犯に対する再審が行われた
対象は、千ラシ裏・SG集団と門外漢女の集団である

ここでは、各別に再審の内容に関してお知らせしておく

SG・千ラシ裏集団

千ラシ裏女を中心としたSGの連中に関しての再審は大変厳しいものとなった
何故なら、彼奴等によってもたらされた結果が非常に重大なものであったからである
結論から言うと、再審による赦免者は出なかっただけでなく、新たな永代追放者が出る始末であった
千ラシ裏女については、この事件を本当に主導したのかということに対する疑念は消えないものの、もたらされた結果があまりにも重大であったこと、自らも積極的に策動に参加していたこと、その気もないのに筆者の気を引くなどしたことが交際類似行為に当たることなどから永代追放を維持するという決定が下された
交際類似行為に関しては、それだけで永代追放の要件を満たし得ることから、それ以外の策動について慎重に審議し、最終的に4件程度にまとめられた上で永代追放を維持するということになる
なお、新たに取引禁止業者が出たことを追記しておく

門外漢女とその取り巻きについて

云うまでもなく、門外漢女はこともあろうに法華講内において筆者に対する数々の誑惑やスキャンダルを演出し信行に重大な影響と禍根を残し大きな悪影響を及ぼした、許されざる輩である
そのもたらした結果の重大さは今更並べ立てるまでもなく、永代追放の維持は当然であるほか何があっても決して復権させないという新たな付帯決議が可決される始末であった
その他、法華講内において派閥の形成に及んだことなどが重大視されている
門外漢女については、
自動二輪計画圧殺事件の演出、デジタル一眼スキャンダルの演出など証拠の残らない巧妙なやり方での仄めかし等ハラスメント行為
継続的な交際類似行為
講内における孤立化策動を行ったこと
口車を駆使して筆者を粛清させたこと
の件について、改めて永代追放を宣告し先述の通り復権絶対不可の付帯決議を付した
他の容疑者についても、永代追放の維持が決定している

一家を害する者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを関係する者は一々に肝に銘じるべきであるということである

なお、4日に行われた惹起事犯審判の内容については改めてお知らせする

カテゴリー: 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-180.html

敵が対象者を煽る手口

人生の大半に亘るこれまで30余年の歳月が、敵によって何ら理由も無く不当に暗いものに貶められてきた訳である
その過程では敵側団体の構成員どもによる攻撃や因縁付けそして誑惑などもあったことは紛れもない事実である
敵は、ただ都合よく筆者を愚弄し振り回すだけのために意味の無いものは掴ませ、大切なものは失わせるということを延々と続けてきたわけである
先日の事件もその一環であり、創価員による因縁付けによって誑惑事犯が画策され、これに電磁波犯罪も併用されたものであった

煽りの手口

敵は、必ずといっていい程「無いもの」を使ってターゲットを煽り立てる
逆説的に言うと、敵が煽るものは無いものであり、敵が煽り立てる道は決して進んではならない道である
敵は、ターゲットを煽り立てるためにまず無いものを使って幻想を仕立て上げる
つまり、捏造、でっち上げである
この捏造は、ウソの塗り重ねによって構成されるのが常である
最初にAというウソをでっちあげる、そしてそれをもとにしてBというウソを塗り重ねる
更に同じ手法でCというウソ、Dというウソを重ねてゆくうちに、最初のAというウソがいつの間にか「真実である」ということになっているのである
そして、それを前提に捏造の感情を刷り込んで煽り立てるのである
今般の交際事犯も、この手口から何ら外れるものではない

これまでの闘争の中で惹起した大きな事件の中で云えば、「リクガ禍」と「バイク戦争犯罪」がこのやり口に当たる
ここでは、前者を例に説明する
リクガ禍については何度かここでも書いているが、これは特殊なケースでもある
つまり、都合よく愚弄し振り回すためのものではあったが、そこにはもう一つの悪辣な奸計が仕込まれていた
それは、「身近な縁があっても決してモノにさせないため」というものであった
つまり、身近な縁という本当に大切なものから関心をそらしてそれを徹底的に破壊するために予め仕込んだものであるのだ
前にも書いた通り、敵は「本物の就活生でなければならない」などという前提条件を捏造してそれに執着させ、さらに韓流アイドルを利用するなどして身近な縁を徹底的に破壊した
更に、ことさらにリクガ禍を煽り立てるために創価工作員まで動員して妨害を演出までしたのである
「自由の闘士気取り」を形成するのと同じやり方のバンドワゴンである
そして、そのようにしてすっかり狂わされマインドコントロールにかけられていることを知りながらSG現場の連中は逆バンドワゴンを行い、まずまず反発させるというやり口で引き裂いたのである
これは、まさしくいくつものウソによって構成された貶めの手口そのものに他ならない

ターゲットの行動の中で、偶さかうまくいかないことがあった時にもウソの塗り重ねによる煽りが行われてきた
実際には敵が仕込んでいない事でも、敵が仕込んだという内容のウソを刷り込むことで殊更に煽り立ててきたのだ
そこに負の感情のマインドコントロールを捩じ込んで一丁上がり、という訳である
そしてこれを繰り返すことで延々と煽り立てて振り回す、という手口である
更には、周囲の者まで電磁波によるマインドコントロールで操作して演出を繰り返してきた訳である
電磁波犯罪は新種のガスライティングであり、演出型ハラスメント以外の何物でもない

敵は、あらゆるものをウソの塗り重ねによって演出し、ウソや捏造によって筆者の人生を不当に貶めてきた
執着していると思っていても、それはそうではない
敵の操作によって執着させられている場合が殆んどなのである
敵の煽るもの、敵が執着させるものは無いものであり、決して進んではならない道なのである
敵はウソしか言わない、ウソしか流さないのでこのことは覚えておいて損は無い

敵の捩じ込んだ妄執を断ち切るため、革命一家は今般一つの重大な決断を下した
現在の諸々の施策は、それに沿ってすべて行われている訳である
施策の内容は、自粛内容に抵触する故正式発表まで今しばらくお待ちいただきたいと存ずる

現在、敵とのたたかいは重大な局面に差し掛かっており、今まさに厳しいたたかいが繰り広げられている最中でもある
このくだらない敵という諸悪の根源を断ち切らない限りにおいては何をやっても無駄になると決している、そういうことである
厳しいたたかいの最中には書けないことというものがどうしても出てくるということをご了承いただきたい

カテゴリー: 三類の強敵 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-179.html

千ラシ裏女の任務について

不本意な人生シリーズを続けていきたいところであるが、重要度が高い事柄なので先に書かせていただく
以前に筆者は通称:千ラシ裏女について、その任務を
「ソーシャルエンジニアリングとマーケティングにある」
と書いた訳であるが、その後千ラシ裏女がSG現場におけるガスライティングの実質的責任者であることが判っている
しかし、奴の任務はそれだけではなかった
まず、千ラシ裏女は交際類似行為でも処分されているが、この交際類似行為自体が任務の一部である
筆者の関心を常に引き付け、筆者が他の女との交際を成就するのを妨げ、孤立化に加担することが大きな任務であった
そして、もう一つの大きな任務が筆者に対する人格改造を強行するための策謀の実行であったのだ
この女には俗にいう復唱癖があった、と思われていた
しかし、それは単なる癖ではなく、筆者に復唱癖を植え付けるための工作だったのである
これが判明したのは、敵の吹聴の一部を意識の中で復唱させられていることが判明したからである
そこから、復唱といえば!あの女だ!とすぐに合点がいったのである
当時、言葉の送信による攻撃はまだ始まっていなかった
そもそも、千ラシ裏女はじめSG現場の輩は2009年の大粛清で一掃されているので3年近く間が空いている
言葉の送信が始まったのは2012年6月、敵の策謀から事故に巻き込まれた後である
しかし、その5か月後には電磁波犯罪が発覚し、併せて千ラシ裏女が敵側のエージェントであったことまで発覚している
そして、2012年11月28日を一期に永代追放処分となっている
その千ラシ裏女が人格改造の強行の一環として行ったのが復唱癖を植え付けるための工作だった、という訳である
それを工作員と気づかれないように実行する辺りは非常にしたたかであるという他なくこの手の人間はいくら諫暁しても時間を空費するだけである
それが証拠に、折伏しても余裕でかわし切り、任務を忠実に実行したのであった
筆者は勿論、他の者も一部工作員を除けば千ラシ裏女の真の素性を知っていたとは云えなかった
あの女のしぐさや素振りなどは99.9999%演技だったからである
それで本性を見抜けと云われて誰ができるのか
革命一家が千ラシ裏女を粛清してから敵による言葉の送信が始まるまで3年近く要していることについては、千ラシ裏女の犯罪行為を隠蔽するためという一面があると思われる
いずれにしても、復唱癖を植え付ける工作が行われた時点で言葉の送信工作も予定されていたということであるのは間違いない
千ラシ裏女が人格破壊工作のプロであることは間違いなく極めて危険な工作員であると云わねばなるまい
筆者にとってはこの人生を無残に破壊して貶めた悪の立役者の一であり未来永劫決して許してはならないのは云うまでもない

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 千ラシ裏女の任務について はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-160.html

バイク戦争による損害の考察

撮影機材をキヤノンに戻したのは8月末のことだった
昨年の機材混乱は大いなる損害をもたらしたが、売った機材が高かった分40Dの再奪還のみならずカメラ2台という恵まれた再スタートを切ることもできた
その後、EF-S 17-85mmも入手することができたうえスピードライト(鉄道ではほぼ使わない)も手に入れた
しかし、その前にもっと大きな好機があったはずであった
敵は、行き倒れ策動の際に高額な新車バイクに手を出させることでそれを封じたのであった
恐らく敵幹部の指示は次のようなものであったであろう

「カネを徹底的にはたかせろ。ただし、撮影機材は一切買わせるな。すべてバイクで使わせろ。

この指示を裏付けるものとしては、マインドコントロールによって中身が入れ替わってしまったバイクの導入計画にあった
当初PCX150を中心に検討されていたものがなぜ400㏄にすげ変わったのか
PCX150:総額約35万円
実際に入ったバイク:総額77万円
後付けのボックスやアクセサリーは抜きの乗り出し(前者は凡その見積もり)価格での比較になる
それでも、両者には倍以上の開きがありその差額があればとっくに高級機材を取り戻していたに違いなかろう
それ以外にもPCX150であれば必要なかったであろう駐輪場所整備(約3万6千円)や同じく必要なかったであろう大型スロープ(配送料込みで約3万3千円)など係るスリカエでおよそ50万円も大きくなっていることは特筆に値する
敵がいかにしてカネをはたかせつつ機材を買わせないように、そしてキヤノンに戻させないように腐心していたかが窺える
もしこのすり替えが無ければどうだったか?
仮にニコンのままだったとしても、80-400VRやD600、70-200/4 VRなどが検討されており、それらを入れていれば後のシステム戻しの際にもそれが資産価値を発揮してかなりの高額機材が買えたであろうことは想像に難くない
しかし、筆者がニコンのVRに視覚的違和感を感じていたことを敵も読み取っていたのであろう
もしそれらが入ったとしてもVRの違和感を克服できずにキヤノンに戻す―
という敵にとって最悪のシナリオが見えていたのであろうか
これが敵が誘導して導入に至ったはずのニコンシステムの機材さえも買わせなかった理由ではなかろうか
しかし所詮はマインドコントロールによる化城の産物に過ぎないのはバイクもニコンも一緒である、いずれは崩壊する定めにあったのだ
実際に化城の崩壊を前に筆者はキヤノンEOSシステムに戻す決断を行い実行に移している
なお、3万6千円かけて整備した駐輪場所は今は自転車置き場になっている有様で大型スロープはただの死蔵品に成り下がっている
また、5月18日を最後に9月の入院まで鉄活動が無かったことについて併せて考察する
この間、機材はずっと保有しており鉄活動できない理由は無かった
にも拘らず鉄活動ができなかったのは何故か?
敵幹部が、何らかの理由(無論、身勝手な理由である)で筆者に鉄活動をさせたくなかったためであると断定して間違いない
そのために、化城生成の頃の鉄活動の極大化を謀ったのと同じ理屈でバイクの極大化を実行に移しこれを利して鉄活動をも封じたのである
化城生成の時には極大化させておいて、都合が悪くなったり策謀の役に立たなくなると今度はそれを封じるというのは常人の神経ではないしあまりにも手前勝手・ご都合主義に過ぎる
いずれにしても計画はすり替えられ、巨額の損失を筆者は蒙った
そして敵は、走ることだけに熱中するよう煽動を行い、勢いが付いたところで行き倒れ策動を加速させ薬を外させたのであった
しかし、既出の通り9月初旬には異常に気付いて薬を再開し、診察を無理にでも入れさせたことで一命を取り留めたのであった
行き倒れ策動は、マインドコントロールを重ねに重ねて何重ものトリックによって初めて成り立つ特殊な暴力である
大切なものを外させるというのは、ターゲットに勢いがついてないとできないマインドコントロールでもある
今回は計画のスリカエについて主に論じたが、バイク自体が敵によって捩じ込まれ自家用車の復活を妨げたものである
また、そのバイクを捩じ込むために「クルマは金食い虫」という吹聴を繰り返し繰り返し行い「バイク」に引きずり込んだという事実がある
PCX150の新車は35万円であるが、政策転換後に購入した乗用車はそれより安く、バイクの売却益で賄って余りあるほどであった
このことに怒り狂った敵は、殊更にカネをはたかせた上でマインドコントロールを行い、入院妨害を行ったのである
しかし、その病状が特定疾病に該当したため限度額認定の恩恵を受け、翌月には医療費がかからなくなったのである
いずれにしても、リードの後は乗用車にするのが正しい道であったのは間違いない
実際に、そのことが頭になかったかというとそうでもないし乗用車も検討した
だが、それでは困る敵によってそれを圧殺するためのマインドコントロールが行われ、上記のごとき経緯となったのである
筆者は元々は乗用車に乗っていた人間であり、敵はそれが面白くなかったであろうことは想像に難くない
敵は約15年余りに亘って乗用車の復活を妨げるための策謀を重ねてきたものであり、筆者が乗用車に乗ることはその15年の策謀が水の泡となることを意味したからである
しかし、その乗用車ですら導入決定時にはすでに「先が無い」ことを敵が確認していたものと思われ、所詮はマインドコントロールによる産物に過ぎなかったことが判っている
バイク戦争犯罪に関わった徒輩に関してはこれを徹底的に裁かねばなるまい

この記事は、史実認定の修正により2014.7.3 21:17に修正を行っています。
また、この記事は真実追究を押しとどめられていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針と異なる記述が一部に含まれています。

カテゴリー: バイク戦争犯罪, 敵対者批判 | バイク戦争による損害の考察 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-151.html

門外漢問題のからくり

これまでに真の敵が仕組んだ壮大な謀略の多くが明らかになっている
2004年以来一家は門外漢女やその一味が端緒となって惹起した一連の問題、そして正体不明の敵による攻撃による甚大な被害を受け一時は最低レベルにまで破滅させられていた訳である
昨年末に謀略団体による電磁波ガスライティングが判明したが、その後も最近までは門外漢一味が主犯であると思われていた
結局は再び新たな情報がもたらされ、門外漢一味は着ぐるみとして利用されていたことが明らかになっている
これによって主犯は謀略団体の電磁波部隊を中心とした勢力であることが確定している
謀略団体の電磁波部隊はその正体が判明してもなお門外漢一味の仮面を被り続けたのだ
それができたのはその何重ものトリック、からくりによるところが大きい
門外漢一味は自動二輪圧殺事件を手始めに数々の事件を惹起し石の湯事件という大きな事件を惹き起こした
更に寺院内における筆者の孤立化のために策謀を巡らせ、その結果筆者は石之坊から粛清された
これが面に出ている史実になる
しかしながら、不可解な事件が多く更に門外漢女の怨嗟だけでは説明の付かない壮大さが問題視されていたのだ
そこに降って湧いたのが8月30日事件である
この事件を端緒とする混乱の最中に筆者はあるウェブサイトにたどり付いたのである
そこで判明したのが謀略団体による電磁波犯罪である
これにより筆者は信心を取り戻し、信仰活動に復帰したというのが顛末である

通常では電磁波ガスライティングは電磁波によるマインドコントロールや操縦の世界だけで成り立つ
しかして、門外漢女をはじめとする一味が多くの事犯を惹起してきたことが全容の解明を遅らせてきたのであり、壮大なからくりを構成する一大要素になっていたのである
ターゲットだけではなく周囲の者まで操作出来ることが判明したことで全容の解明に大きく前進した
門外漢女が敵対者として養成されたことにも相応の理由というものが存じたのである
まず、敵は電磁波ガスライティングを始めるに当たって隠れ蓑を探した
そこで、同じカルトでありながら対立関係にあった顕正会の出身者を隠れ蓑に選んだのだ
謂わば顕正会を隠れ蓑にしたも同然である
そして、その中でも信心の薄弱な徒輩を選び洗脳を施したのである
それが門外漢女である
門外漢女を洗脳した敵は、後にエージェント養成プログラムをも奴に授けたのである
そして筆者を本山から遠ざけ、門外漢女に徒党形成の時間を与えたというのが専らの推定である
それ以後の門外漢女は筆者殲滅のエージェントという役どころを見事に演じ切ったのである
この事が、敵が筆者に主敵は門外漢女であると思い込ませるに当たって大いに信憑性を与えたのだ
確かに門外漢一味は多くの事犯を惹起してきた
しかしながら、それは全て謀略団体幹部の意向によって電磁波部隊をはじめとする敵一味が仕向けて行われたことなのである
そこには何重ものトリックが仕込まれていたのである
その一方で敵は筆者にあらぬ嗜好や考え方を刷り込み、電磁波ガスライティングに精を出してきたのである
そして、それを資けたのが千ラシ裏集団をはじめとするSG潜伏の工作員どもだったのである
しかしながら、筆者は千ラシ裏女の工作員としての資質に疑問を持っている
カルト会員に違いはないと思うが慎重に再検証を進める所存である
その結果がどうであろうとあくまで主敵は謀略団体の一味である
電磁波による手口と実地による手口が併用されてきたという見解に変わりはない
だが、その主従関係には今までとは違う見解に達している
当初から今日まで電磁波が従で実地が主である、というのが最新の見解になる
そこにも集ストや離間工作を隠すためのトリックが仕込まれていたということである

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。再掲に当たり、一部を修正させていただきました。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 門外漢問題のからくり はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-130.html