敵対者批判」カテゴリーアーカイブ

計略

歴史編は少しお休みしてまた忘れてしまわないうちに書き留めておかねばならないことを先に綴る

筆者は洗脳とガスライティングの標的にされ今日も厳しい戦いが続く
何度も書いている通り、敵の要諦の一つに「法統相続をさせない」というものがある
最近の敵の攻撃内容から、何としても二輪にしがみつかせて車を買わせまいという計略が見え見えである
また、激しい刷り込みが続いており厳しい対峙が続いている

しかしながら、その様なやり方で一家の方針を変えられると思ったら大間違いである
そもそも門外漢らは信心のかけらも無い連中であり仏の前に敗れるのは必然である

敵は、筆者が派遣脱出を図った際にSGに誘導することを決定し実際に筆者はSGに誘導されている
だが、このことには先の「法統相続をさせない」という要諦に相反する危険があったはずである
この危険を敵が克服するために何をしたかを書いておこう

その危険とは、謀略団体幹部の意向に反して筆者が出会いを結実させることの「危険性」であった
法統相続=危険、というのは千ラシ裏の痴犬が「きけ~ん!!」と言い放ったのも同じ論理である
つまり、門外漢も痴犬も「法統相続=危険」という見解で一致していたことになる

敵の悪辣な計略というのは、仮に出会いがあっても筆者がそれを結実させることの無いように洗脳してしまうことにあったのだ
リクスーやアイドルを刷り込んだ最大の理由である
つまり、いくつかの出会いを潰したことに関しては、最初からその様なことを意図していたことなのである
その様なレールが、最初から敷かれていたことになる
韓流を刷り込んだのも同じ理由だ
いずれにしても、それら刷り込んだモノに現を抜かさせ、万一それを覆すような女が現れたときには全力でその縁を叩き潰すことを最初から考えていたのだ
何度も書いていることだが、「頭が弱い」はただの逃れ口上であり悪知恵が働くことを隠す為のごまかしである
自分でそんなことを言う奴にろくな奴はいないから頭に叩き込んでおく様に!

回顧録にも書いた「バイクは正法じゃない」にも、その様な計略とともに門外漢の悪辣なやり口が凝縮されているのだ
門外漢は、その我見を正当化するのに何かにつけては正法を持ち出し、正法を錦の御旗にするのが常套手段であった
奴は、正法を錦の御旗にすることで筆者に疑いを持たせないようにしていたのだ
例の「頭が弱い」も、同じく疑いを持たせないように重ねて謀った念慮だ
自動二輪と法統相続を潰す為の計略を正法の名の下にすり替えてごり押ししたというのが真相である

その姿には、ご本仏への供養と偽って巨額の財務を漁る某団体の姿にも通ずる重大なものがあるのだ
(この部分削除)

その門外漢集団であるが筆者がこれだけ綴っているにも拘らず今日までだんまりを決め込んでいる
また、石之坊においても石の湯事件はもとより一派の惹起した不祥事についてだんまりを決め込んでいる
だんまりを決め込んでいるのは、反論が不可能であることと、謝罪と賠償を逃れんとして決め込んでいるという極めて卑劣で悪辣なやり口だ
そんなものがいつまでも通用すると思ったら大間違いだから覚悟しておけ!

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 計略 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-114.html

すり替え

門外漢女を着ぐるみにした電磁波部隊による破滅の企みによって筆者はあらぬ嗜好を刷り込まれ完全に別人の、そして極めて低レベルの思考にすり替えられてしまった
いまは、忌まわしい洗脳に巻き込まれる以前の筆者の姿を取り戻さんとしているその途にある
取り戻す、というか再構築するといったほうが合っているかも知れんな
洗脳生活が長かったので、以前の記憶にあってはその多くが消し飛んでしまい全ては取り戻せないだろう
無いものは作るしかないが、そこにも新たな刷り込みやすり替えの機会を窺う徒輩の存在があり前途は多難である
あの卑劣な連中が刷り込んだ物は、そのメンバーの一人の嗜好が色濃く反映されているものである
ただし、アイドル好きは千ラシ裏の痴犬の趣味である
以下は、犯人グループの一人の嗜好になる
・リクスーフェチ
・ストッキング&下着フェチ
・黒タイツ好き
・長身が好み
・ミニスカとか短パンとかが好み
筆者の嗜好は
・パンツルック、ジーパンとかスラックスが好感度
・ポニテとか三つ編みツインテとか耳の出る髪形、ただし短髪不可
・シンプルで上品なファッションの似合う人
・派手なのとか体の線が出るのはNG
・スレンダー系が好みだが160cmくらいがベスト
そもそも、JDがいいとかリクガがいいとかいうのは犯人の一人のリクスーフェチから派生したものであると思われる
そこに女子大生信仰を添加物として加えることで筆者を深みにはめようとしたものであり恐らく門外漢女の意向が強く反映されているのだ
折角の縁を潰したのは、斯様の内容での洗脳を徹底する為であり紛れも無いガスライティングである
その存在は門外漢女を含む敵一味にとって頭が痛いのみならず、自分の嗜好からも外れるので気に入らなかったということなのだろう
そして縁は抹殺され、実体の無いリクガ信仰だとかが席巻していった
それは全て敵の意向であり私の意向ではない
そして、門外漢と痴犬だけが残ったということだったのである
しかし、元から筆者の中には無いものは無いので洗脳が解けてしまえばただの瓦礫である

現在の筆者はイデオロギーがあってアイデンティティが無いといういわばねじれ状態である
アイデンティティ探しが即ち私さがしである
近いうちに痴犬の悲惨な末路を目の当たりにするのではないかというのが専らの推定である

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | すり替え はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-111.html

天使と悪魔

千ラシ裏女に出来て門外漢女に出来なかったことが一つある
それは何かというと、マインドコントロール手法の一つである「天使と悪魔」の天使役になることであった
それは、筆者が門外漢女は敵であると早期に感づいていたことによる
これが2006年から翌年にかけて約1年に及ぶ空白期の大きな成因である
結果的には筆者が惨敗していたものの門外漢サイドもその場限りで誤魔化すのが精一杯で策に詰まり何も出来なかったものであった
この空白期に門外漢女は表立っては行動に出ず裏で根回しに奔走していたというのが事実である
対して、千ラシ裏女は最初から最後までSGにおけるマインドコントロールとガスライティングの実質的責任者であるとともに天使役を見事に演じ切ったのである
しかし、この女とて時折り本性を見せることがあった
その時は、普段の姿とは180度がらりと変わって非常に口汚く、そして毒々しい態度に変わった
有名な捨て台詞の「お前の頭と同じでな!!」も、まさにその状態で出たものであった
後で追及してもしらばっくれる事が殆どで「そんなこと言ってないよ」などとのたまう体たらくであった
大粛清を決断できたのも、そうして千ラシ裏女の本性を垣間見ていたことが大きかったのだ
その姿は、あたかも学会員が一般の市井に対しては八方美人なのに対して法華講の者には一変して猛々しい、そして毒々しい態度に豹変するのと何ら変わらなかった
では、石之坊においての天使と悪魔について少々説明する
石之坊でそれが行われたのは筆者在籍末期に限られた
何故なら、石の湯事件以前には出来なかったからである
石の湯事件以前には特に筆者の盟友でもある前講頭氏を筆頭に道念のある信徒が少なくなかった
しかし、まっとうな信徒の存在が門外漢女にとっては目の上のたんこぶだったのである
門外漢女は、これらまっとうな信徒の粛清を目論んでいたのである
そこで、先の空白期の間には専ら派閥形成に勤しんでいたものと推定される
そして体制を整えたことの名刺代わりの事件が電磁波による機材売却強要事件でありその後の5.20事件なのであった
5月20日事件の後、石之坊への参詣は激減した
2007年11月(強制登山)
時期不明(2008年1月?ネットの話はこの時に出た)
2008年7月(夏期講習会)
2009年1月(思いつき参詣)
少なくとも大粛清以前はそれだけだったと記憶している
この時期は電磁波による洗脳の影響が最も強く、筆者にあっては狂った思想と歪んだ夢や憧れの類が席巻していた
この時期には少なからず人に迷惑をかけてしまうことがあったほどであった
なお、この時期のことに関しては洗脳の影響が最も強く、記憶のあやふやな部分があることをご了承いただきたい
折角の縁を悲恋にしてしまったのも、この時期のことであったのだ
門外漢女は、新入信徒には口八丁手八丁で取り入って、講頭Yには長年講頭を勤めた事のプライドと講頭を降ろされたことへの怨念を煽り立てて虜にし体制を固めたのだ
石之坊側が犯人であると主張している男は、スケープゴートにするために祭り上げられたのではないかというのが当家の見解である
そして王権復古を目論んだ―
石の湯事件は、かくして惹起したのであった
石の湯事件の後、道念ある信徒の殆どは追放された
門外漢女は、口八丁手八丁でネットの禁止徹底に奔走したのだ
最終的に、門外漢の一味とほんの少数の古参信徒だけが残った
2009年1月、思いつき参詣の際にO氏の姿は既に無かった
私は不審に思ったが、誰も真相を語ることは無かった
この頃から、大塚某が「天使と悪魔」の天使役となったのである
大塚は、私を石之坊につなぎ止めマインドコントロールとガスライティングを続行する上で重要なキーマンだったのだ
しかし、それは長続きしなかったわけである
同年秋の大粛清に端を発する解放聖戦のうねりが、それを許さなかったのである
11月、大塚は例の日払い発言に及んだことで私に対する信用を完全に失い没落したのだ
門外漢女は、筆者を非正規の派遣に引き戻すのを急ぎすぎたことで馬脚を露わしたのである
翌年4月初め、遂に講頭がその悪逆なる本性を露わにしたのであった
そこにあったのは、完全に門外漢の傀儡と成り果てたその姿であった
そして、私は最早躊躇する事無く講頭らを激しく追及した
その結果、創価広宣部は石之坊でのガスライティングの続行を断念し、その結果門外漢女の口車によって石之坊サイドは私を粛清することにしたのだ

時は流れて2011年5月、筆者は千葉県某所で千ラシ裏女と思しき姿を見た
動きが明らかに怪しく、スパイのそれと何ら変わらなかった
そこには、最早天使役を演じていた時の面影は微塵も無かった
しかし、同じ事を再度企もうとも最早それは通用しない旨謹告する
あれから、石之坊に関する情報が一切漏れ伝わってこないのは不気味に過ぎる
恐らく徹底したマインドコントロールと緘口令、ネット禁止の徹底で完全に統制されているのだろう
講頭Yは学会出身であり学会の時の考え方が抜けていないことが斯様の手法を使うことを躊躇しないことにつながっているのである
昨年9月1日に添書登山した折に御経日であるにかかわらず石之坊信徒と思しき姿を山内で見かけなかったこともそれと何か関係しているのだろう

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 天使と悪魔 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-109.html

何が危険だ!!

門外漢集団と千ラシ裏集団による法統相続妨害事件はこの二つの集団が某カルト宗教会員を介して連携するものだった
広宣部といわれる部署は依頼人からの情報で動く
この依頼が会員とつながりのある門外漢女によって為されたのが当該事件だった
工作員・千ラシ裏女はその任務にどこまでも忠実であった
この女の役割は二つあった
一つは筆者に対するスパイ行為だ
もう一つというのは所謂天使と悪魔というマインドコントロールの基本的手法の天使役として筆者をSGにつなぎ止め逃走するのを妨げるという役割が存じたのである
この女は門外漢女に都合の悪いことには目を光らせその芽を徹底的に潰したのだった
それはSG中期の事だった
既に筆者はすっかり洗脳されてしまっていたが、未だ僅かに法統相続への道念が残っていた
私の計画を散々しゃべらせておきながら、交際相手を捕まえる話になるや
「きけ~ん!!」(かなり上ずった声で)
と言い放ったのである
とどのつまり、私が法統相続を果たすのが危険だ、と言い放ったことになる
何がどう危険なのか、誰にとってまずいのか教えてもらおうじゃねぇか
門外漢女の意向右ならえということですか
まったく何が危険だ!
危険なのは千ラシ裏女、貴様のほうだ!!
この女さえいなければ…

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | 何が危険だ!! はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-105.html

SG・千ラシ裏問題の総括

SG・千ラシ裏問題はSG側の諸問題についてそのすべてが解明された
門外漢女の謀略とSGで起きたことの間には密接な関係がある事もわかった
そして、その双方をつないでいたのはあの巨大カルト団体の一部署であることまで判明した

何といっても重要なのは、筆者がSGに流れてきた経緯、そして今日に至るまでの経緯である
かかる経緯を解明した結果、門外漢女の意向を援用した謀略団体によってすべてが行われ誘導されてきたこと、ヒューミントが主体ながら電磁波による手口が刷り込み、煽動などに併用されてきたことが明らかになっている
そして、解放聖戦以後は専ら電磁波による刷り込みと操縦の手口が電磁波部隊によって行われてきたこと、そして解放聖戦以後も千ラシ裏女が工作員、エージェントとして働いてきたことがわかっている

門外漢女は、学会とつながりがある旨のほのめかしを行っていた
しかし、そのときには既に頭を押さえられていたので破折はおろか仄めかしであることにすら気づくことが出来なかったのだ
つまり、門外漢女は最初から何がしかの組織から派遣された工作員であるという可能性が浮上している
しかし、それが明らかになるにはまだ長い年月が必要になるであろう

電磁波による手口が明らかになって以来、シングスピール家ではこの間の経緯に関する内部調査を実施し解明を急いだ
その結果、実に多くのものが刷り込まれ、前回明らかにした以外にも多くの感情や嗜好などを刷り込まれていたこと、そして電磁波による攻撃で体調を崩していたことまでが明らかになっている
そして、そのすべてが門外漢女の意向に悉く沿っていることが明らかとなっている
門外漢女が入信してきて程なく、最初の刷り込みがあったことが当方の内部調査で明らかになっている

そして、門外漢入信以後ごく最近になって電磁波犯罪が明らかになるまでの間に、筆者が嗜好若しくは趣味(ホビーでない方)としていたもの、さらに夢や憧れそして悲願としてきたもののの多くが、元来の筆者の価値観には無かったものであり、それらは卑劣な連中によって刷り込まれたものであろうという結論に達しつつある

先の「最初の刷り込み」は、筆者の異性に対する嗜好に関するものであった
それは、一家の法統相続を妨害するために刷り込まれたものであると断定している
いずれにしても、SG・千ラシ裏問題の根っこは門外漢の一味にあるということがこれでわかった次第である
なお、調査に当たって、テレビ・新聞・雑誌等のメディアが起源であることが明らかなものはその対象から除いている

なお、Y.T問題に付いてはまだ多くが明らかになっていないが、Y.T絡みのバンドワゴンは敵対勢力側の意向で行われたのではないかという推定が有力となっている

しかし、千ラシ裏女を含めSGにいた人間は門外漢女の存在を知らない(知らされていない)ので、まさか自分たちのしてきたことが門外漢女の意向と同じだったとは夢にも思わなかったことだろう
だが、工作に関与、カルトに与同して来たことは明らかなので、これまでに出した処分についてはSG側の人間については有効とする

また、筆者がM.Sさんに対してとった行動も、M.Sさんが僅か一週間で辞めていったこともすべて門外漢女の意向であり、電磁波による手口でコントロールされていたものなのである
私の意向ではないので、そのことに対して反省しても無駄である
筆者もまさかあのような手口でコントロールされたとは思いも依らなかったのである

筆者の意向ではない行動をとらされたことについてはここに遺憾の意を表明します

Y.T絡みのバンドワゴンであるが、Y.Tに対する負の感情を筆者に刷り込んだ上で、言われたことには反発するという人間心理を悪用したものであった
Y.Tに対する悪い感情を刷り込まれた筆者に、逆のことを皆で煽り立てることでY.Tに対する憎悪を徒に煽り立てたのがあのバンドワゴンである
よって、あのバンドワゴンは謀略団体幹部の指示で千ラシ裏女が主体となって他の工作員等を巻き込んで仕立て上げたものであった
裏でわからないようにやってもいつかはバレるんだよ
という訳で真犯人は門外漢女であり千ラシ裏女であり、そして敵一味や門外漢の意向を受けた卑劣な連中である
奴らの所業は万死に値する

門外漢女のわざとらしい笑みも、これでその訳がわかった
「自分の意向どおりだ、いいぞ」という意味のものだったのである
奴は、自分の不満の捌け口として筆者をいいように操り、翻弄してきたのである
それはあの卑劣な連中にも、同じことが言える
また、千ラシ裏女についても同じで、裏でせせら笑っていたであろう事は想像に難くない
門外漢女がかかる謀略のためにどれだけのカネを使っていたかと思うと背筋が寒くなる思いである
それが思い通りに行かなくなったことで激高し、攻撃してくるとは一体どういう神経してるのか
門外漢女には、そのガス燈の炎に焼かれて息絶えるのが相応しいだろう

さいごに、巻き込まれた人たちについて
あの当時の筆者については頭を押さえられており如何なる行動についても敵対勢力の意向に沿って刷り込まれ操縦されたものであるのでその点に関してはご容赦いただきたい

この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。

記事中の鉄道関連企業社員である「Y.T」「A.T」については、実は交際の意思など微塵も無く敵対勢力の意向で動いていたことが最近の調査で明らかになっています。

カテゴリー: 敵対者批判, 門外漢・SG・千ラシ裏問題 | SG・千ラシ裏問題の総括 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-98.html