私さがし」カテゴリーアーカイブ

大粛清から4年…

早いものであの大粛清から四年余りが経った
大粛清によって筆者がSG現場から訣別したのは2009年9月8日のことだった
真の敵の正体が明らかになっていなかった当時は云うまでもなく、それが明らかになって全貌が暴かれつつある今でも大粛清は革命史の上で重要な意味を持つ
SGの総ては敵にとって大変都合がよいものであったからである
凡そ電磁波ガスライティングでは標的のみならず周囲の輩までも細かく洗脳し操縦できる
だから、SGに於ける対人感情とりわけ異性関係に於けるそれをまともに受けてはいけないのである
SG現場の輩はほぼ敵ばかりだし総ては真の敵によって掌握されていた
とどのつまりあの頃の異性関係は敵によって演出されたものに過ぎるものではない
敵による演出=幻に過ぎないということである
一方でSG現場には千ラシ裏女という広宣部員にして工作員の中の工作員がおり、更にSG現場じたいが工作員の巣窟であった
そこに筆者の味方はおらず、そこから逃れるにはあの方法しかなかったのである
敵が大粛清に大憤慨したのも、それまで意のままに操っていたと思っていたのが呆気なく崩れ去ったからである
だから敵は千ラシ裏女に筆者の引き戻しを命じたのであり、敵は筆者をSG以外では就業させないことに執念を燃やしたのであった
それが一年半という異例に長期の失業状態につながったのである
SG現場の複数の輩がバイク戦争犯罪にも関わっており、その爪跡は未だ癒えない
化城の崩壊も、ある意味この大粛清に始まったと云える
大粛清に憤慨した敵は、門外漢女をして親衛隊を結成せしめ、登山に訪れた筆者を威嚇させたのである
無論石之坊にも味方は一人もおらず、結果戦局は石之坊にまで拡大し、後に思わぬ突き上げに狼狽した門外漢の口車によって筆者は石之坊から不当に粛清されたため石之坊を脱退するに至っている
その門外漢の口車も、敵の洗脳によって池田イズムが骨の髄まで染み込んで、謀略によって役職を不当に簒奪したことが産んだと云える
筆者の石之坊脱退も敵にとっては大いに想定外であったに違いない
いずれにしても、大粛清こそ真の意味に於いて革命史の第一歩であり交特協とは比べ物にならない程重要な意味を持つのである

カテゴリー: 私さがし | 大粛清から4年… はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-149.html

決断

今、私は一つの決断を下した
今、自動二輪車で通勤している
仕事は雨でも雪でも行かねばならない
雨だとレインウエアが必要だし、雪だと乗れない
寒いのは割と平気だが、暑いのはダメ
それと、ヘルメットとかプロテクターとかウェアとかそういうのが面倒になってきた
朝出る時も時間がかかっていて、帰ってくるときも同じ
クルマのほうが簡単に出れて、しまう時も簡単だ
出し入れだけでなく、ウェアとかプロテクター、メットとかの脱着に時間がかかるのだ
先日の南房総ツーの折、片道3時間程度にもかかわらず翌日動けないほど疲れてしまった
今年43歳、体力的な限界もあると思う
筆者は、元々は、クルマに乗っていた人間である
それが、当時の情勢から車を手放してしまい、そこから狂っていったという経緯がある
しかし、当時は無駄遣いが減らせなかったうえ自己管理ということを知らなかった
その上、当時は風俗地獄で月に5万は使わされていたのであった(現在は、当然ゼロ)
いかに実入りが当時の足下に及ばなくとも、無駄を徹底的に削った今なら維持は出来る
寧ろ、先述の通りコストを削った分があらぬところに流れている有様であり、あらぬところに流されるくらいならクルマで使ったほうがいいという判断になる
事の起こりは、99年11月にとりあえずの足として原付車を導入したことであった
あくまで取りあえずの足であることをわきまえられていればよかったのだがそれで終わらせられるほど敵は甘くなかった
それは、「クルマは金食い虫だ」という先入観念の誇大な吹聴であった
金食い虫には違いないが、別の金食い虫がコスト削減させた分の金を簒奪せんとしたまでの話である
コストを低減した分楽になりすぎてしまい、意識の低下を招いて財布のひもが緩んでしまう、そういうことである
大体で以って、金食い虫かどうかはあくまでその人の考え方、価値観ひとつなのだ
それを云うなら、バイクだって大きくなればそれなりにお金がかかるのだ
恐らくは、クルマを取り戻させないがためのマインドコントロールが大いに関係しているのだろう
最近では、「結婚するまで車を買わせない」ことのマインドコントロールまでしてくる有様である
云うまでもなく、バイクをネタに数々の軋轢や交際の不成立などが演出されてきたことは最早疑う余地もない
早い話が、それらを演出するためのトリックとして使われていたということであり、横山一派もそれをわかっていて攻撃に加担していたのである
無論、横山一派の徒輩に創価型全体主義や自分の意に沿わない者への不寛容といった性質が根付いていることも敵を利したのである
横山一派の構成員どもは万死に値する
実は、現車両導入の頃
「公明党バイク議連」
という言葉を耳にしてアッ!と思ったのだが、もう後戻りができなかったという経緯がある
背景や目的はともかく、そういうものがあるということではやはり考え直さねばならないと思った次第である
少なくとも、そんなものの片棒を担がされるのは御免こうむる

クルマなら雨でも平気だし、備えをすれば雪でも走れる

先に、決断の理由を要点に括って総括する
1.体力的な限界を感じた
2.ライフスタイルの変化により、不整合が著しくなった
3.自分本来のアイデンティティとは違うと感じた
4.ここ10年の経緯に敵の刷り込みによるところが大きいと感じた
5.某バイク議連とやらに加担させられるのは嫌だ
これが主だった理由である
というわけで、近々14年程になる二輪生活に別れを告げることを決断した
近日中に行動に移すことになると思います。

[warning]この記事は、宗教に洗脳されていた頃に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。また、再掲に当たり一部を削除・修正させていただきました。[/warning]

カテゴリー: 私さがし | 決断 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-141.html

TODAY

これまで久しく忘れ去られていたこと。
これまでなおざりに
それは今日という一日がいかに大切であるかということ。
くだらないことに現を抜かしているのは今日という日を徒に浪費しているだけで、大切にしていることにはならない
その意味で、徒に目標を吊り上げて夢物語を追いかけるのは今目の前にある大切なことを粗末にすることになる
敵は、島流し時代の頃から様々な場面であらぬ夢憧れの類いを刷り込み、それに執着させることでパートナー不在の状態に押し止めてきたのだ
それは島流し時代にはロックやアイドルであり、また石之坊時代にはリクガだったのである
目の前のかけがえのない関係を破壊するのは夢憧れの類いであり、また引き裂くのに広く多用されてきたのがまた夢憧れの類いなのである
その意味では、実母の東大願望もこれと全く同じであり、同じ穴の狢である
はっきり言ってくだらないことであるが、先の見えない時代にそんなものを追いかけて大切なものを失うこと程本末転倒なことはない
いずれにしても今日を大切にしない人がどうして未来を成就できるのか
今を大切にすることもまた、臙脂色革命の一大命題なのである
今までは本末転倒なあり方がところどころにあって大切なことを見失っていたと思う
ありふれている今日をいとおしく生きたい―
これが今筆者の願うところである

カテゴリー: 私さがし | TODAY はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-139.html

ロードランナー

いま革命一家では臙脂色革命の精神に立ち返るべく一つの決断を下した
臙脂色革命では古臭い資本主義的な理想像が否定され、反消費主義の導入により新たな価値観に基づく運営を目指した
信心中心・反消費主義の一家建設である
しかし、これは敵の都合に触れるものであった
そして、敵の誘導で気が付いたら元の悪しき失地回復論に戻りかかっていた
敵にしてみれば、まだまだ煽れる要素はたくさん残っていたのである
しかしながら、敵が拘らせるものほどくだらないと気付いた筆者は心の重荷を降ろさねばならないと決した
身の丈に合わない、そして何の関係も無い者は例え現実に存在したとしても筆者にとっては幻影に過ぎぬ
法統相続の未達という事態、パートナー不在の現状が問題を大きくしているといえる
敵は、パートナー不在の状態ままで押し止めながら、徒に実現不可能なレベルまで目標を吊り上げ、それによって取るに足らぬことに執着させながら身近なところにあった縁は悉く引き裂いたのである
解放聖戦があって、リクスーは断固として否定されることとなった
しかし、敵は震災後の非常事態に乗じたマインドコントロールによって法統相続を妨害した
あらゆる事犯の記憶を徒に誇大にフラッシュバックさせてがんじからめにするという汚いやり方で押し止めたのだ
横山容疑者も、それと知って妨害に協力していたのだ
奴等は万死に値する

革命一家では臙脂色革命の精神に立ち返り、実現不可能なもの、現実と乖離しているものを遠離し、不釣り合いな関係を排除し必要最低限を確保しつつ無駄の無い、継続可能な生活を維持してゆくことを永遠の指針とする
また、パートナー不在の状態を一日も早く解消し堅固たる体制の確立に努める所存である

思い悩んでいた時にふと浮かんできたのがロードランナーの姿である
ロードランナーのように無駄が無く機動力に富んだ身軽な姿が理想的である
身軽だからこそしなやかに、軽やかに立ち回れるのだ
革命一家も重荷を捨ててロードランナーのごとく機動的な運営ができるよう努めてまいる所存である
ミッミッ!

カテゴリー: 私さがし | ロードランナー はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-138.html

時計

前史時代の時計がようやく動きを止めた
先ほど革命一家は問題の元女子生徒を破門した
この破門により前史時代の全てが筆者とは無関係となった
まともな思考であれば14歳でもあれがまともな交際でないことくらい気づいていたことだろう
来年で島流し問題勃発から30年になるが最近の調査結果はこれまで革命一家で常識とされていたものを根底から覆した
勿論島流し問題が今日まで尾を引いていることは重大な史実である
しかし、そこに問題の全てを押し付けるには無理があったということである
いずれにしても、筆者の人生は正当な理由もなく不当に30余年の間貶められてきたことに変わりはない
ただ、今日もなおガスライティングの島という認識が拭えないことは当時起きた史実によるものである
もし今、実母を破門すると云えば住職に止められるのは間違いない
しかし、あの島流しが重大なターニングポイントである以上実母と雖も大いに責任を問われるのは当然である
いずれにしても件のブルジョア家当主は最初から実母を利用するだけ利用して横死させるつもりだったのだ
その意味では、ブルジョア家当主は勿論件の敵も当初より筆者の学歴の断絶を狙っていたものであると云える
しかしながら、今日まで続くガスライティングの濫觴は島流しのはるか以前であったことが確定している
実際に80年代初頭には精神域介入とガスライティングが始まっており中学に入るとそれがさらにエスカレートしていたのだ
敵が島流し問題にすべてを押し付けさせたのは、電磁波ガスライティングがすべての原因であることが発覚するのを恐れたが故の隠蔽工作であり何重にもなっていたトリックの最後の砦であったのだ
従って、80年代初頭のガスライティング開始から人格破壊工作さらに学歴断絶に至るまで、すべてのストーリーはあらかじめ決まっていたものでありそのストーリーに強引にでも引き込んで行われた演出型ハラスメントであったということである
中学時代の虚偽交際事件であるがその発覚を遅らせたのも隠蔽工作である
件の女子生徒は※天使と悪魔の天使役でありトリックを構成して島流し以前を美化させるための重要な存在であったのだ
いつまでも天使役でいてもらいたかったというのが敵の偽らざる本心だったであろう
この女子生徒もカルト構成員であり工作の意図を承知して参加していたと断定したわけである
直接の容疑は件の虚偽交際事件であり不当交際行為(二股交際)とガスライティング違反である
当時の経緯を改めて精査した結果これまでの常識を根底から覆す史実が発覚したのである

前史時代の時計は永遠に動きを止めた
あの頃の全ては、もはや無関係である
※天使と悪魔…ガスライティングの一手法。周囲がターゲットの敵ばかりという状況を演出しておきながら一人だけ味方を演じてガスライティングの舞台につなぎとめておくやり方。

カテゴリー: 私さがし | 時計 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-136.html