「新天地からの手紙」からの編入記事」カテゴリーアーカイブ

「ためにする」輩について その2

東大地震研の出したとされる「予測」はやはり胡散臭いものだったようだ
何しろこの東大地震研とやらこそが地震研究の正しい発展を妨げてきた張本人だという
しかも、予測するに足るデータなど持っていないとの推定まである
つまり、先日の「予測記事」も所詮は権力3兄弟による「煽り・脅し・プロパガンダ」の領域を出ないものに過ぎなかったことになる
たとえ近日中にそれが来たとしてもだ
予測自体がでたらめなのだから、それが的中しようがしまいが正当化するに足らない戯論に過ぎないということである
地震に対する対策・心構えは常に必要なものなのだから、このような煽動に惑わされず常に一定の準備と警戒をしていればいい
日本における地震研究は東京大学の独壇場である
(BLOGOS:ガジェット通信)
二重の社会主義の一大構造である「学閥」の弊害が正当な研究を妨げ、東日本大震災における被害をとてつもなく大きなものにしたとしか言いようがない
まさしく、この国で「ためにする」人生を送る、或いは「ためにする」事に慣れ切っている輩が大半であることをもこの事は示しているといえる

「ためにする」輩は、その性質からそのほとんどがメディアスレーブであるとも言えるし、操る側、操られる側の双方が「ためにする」人生を送り、或いは「ためにする」事に慣れきってしまったその結果が今日の閉塞した社会を招いているといえるのである
その意味では筆者と敵対してきた連中などもまさしく「ためにする」人生を送り、或いは「ためにする」事に慣れ切っている輩であると言える(この件については後日一家ISのほうで取り上げる)し、筆者もそのような輩であると気づかずに他人に期待をしてしまってきた事が今日の状況を招いてしまったともいえる

このような社会、このような輩が蔓延する現代
その中で抱いた期待がことごとく期待外れに終わってしまったのも、ある意味当然のことであると言えよう
その意味でも、「失われた26年間」は、無かった事にしてもらいたい
そもそもが出会わなければよかったものばかりなのだから
「所詮は、そういう連中だったのか」
そこにあるのは、落胆と幻滅がすべてである
今後は、そのことを前提にして総てに対してゆかねばならないという事であろう
なお、私は基本的に「ためにする」ような考え方は無いが、私に対して「ためにする」行為で主権を侵さんとする輩に対してはそれ相応の対処をするのでくれぐれもお間違いの無いように

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-52.html

デマゴーグと「ためにする」輩について

このところメディアをはじめとする「御用」連中の狼狽が顕著になってきている
BLOGOSでも、御用メディア「アゴラ」は文字通りの御用街道を驀進中であり有害な情報が撒き散らされている
当日誌でも幾度か警告しているがくれぐれも御用メディアの狼狽には耳を貸さないよう…
最近「東大地震研究所」とやらが出したとされる「4年以内に首都圏直下型70%」とかいう胡散臭い話が一人歩きをしている
メディアも、ことごとくこれに追随してやたらと騒いでいる
なお、これ以上拡散して猛威を振るうといけないのでリンクは差し控える
来る可能性が無いとはいわないが何もいまさら騒ぐ話ではないしもともと数十年?百数十年おきに来ていて常に備えが必要なものをいまさらのように騒ぐというのは衆愚政治、つまりデマゴーグの典型的手口にすぎない
デマゴーグの手口として、やたらと民衆を恐怖で煽り本質的問題から目をそむけさせる手口は昔からあるものである
とかく、殊更のように「危機」を煽るのは昔からデマゴーグが繰り返してきたやり口である
以前に書いた権力3兄弟の「煽り・脅し・プロパガンダ」の手口がまさにこれである
ついでに、「外国は危ない」というイメージを民衆に植え付けてきたのも真実を見せたくないという権力3兄弟側の意向によるものであり、だから役所が書いていることも信用できないのである
役所の資料に騙されて大損をした経験のある筆者としては、この経験のもとからも改めて警告せねばならないものである
このようなデマゴーグの手口に乗せられて追及の手を緩めているようではこの国の未来はおぼつかない
この国のメディアというメディアは総てデマゴーグの一味であるということを我々は肝に銘ずるべきなのである
デマゴーグの証左として、こんなものもあるので参照いただきたい
政府は何を隠してきたか、復習本
24日にノダルフ・ヒトラーが施政方針演説を行ったが、このときの内容が自民党政治のときのデマゴーグと同じことを言っていたらしい
参照記事
これこそが、私が以前に書いた「二重の社会主義」が実際に存在する証左以外の何者でもないということだ
ノダルフ・ヒトラーは権力側の利益を代表こそすれ、民衆の代弁者などでは決してないことをも如実に示している
今後我々は、既成政党=質の悪い政治屋と手を切り、民衆のための代表者を政治の舞台に送り込んでいかねばならない
質の悪い政治屋集団と化した民主党を、労働者階級の手で政権から引きずり降ろさねばならない
また、自公の復権なんぞは決して許してはならない
自公こそは、この国を根本から腐らせた張本人であり、カルト宗教と深いかかわりのある、歴としたカルト集団だからである
みん党もまた、米帝隷属の政治集団であるので言語道断である
関連して、この国の真の民主化を妨げている大きなからくりをひとつ指摘しておく
それは、選挙時における預託金制度である
こんなものは他の民主主義国家では聞いたことも無いものである
この預託金制度こそは、権力3兄弟の一翼である大金持ちどもに有利に働くように作られた制度といって差し支えない
こんな体たらくであるから、本来は富裕層に対して大幅増税するべきものが消費税増税などという、民衆に負担を押し付ける本末転倒な話になるのである
次に、「ためにする」輩についてとても秀逸な記事を武田教授が掲載されたので紹介する
「よい子」の研究(3) 「ためにする」人生を送る人たち
「ためにする」ということに関して、
『「ためにする」というのは、何かのことをするときに「下心」があることを言います。』
(上記記事より引用)
とこの記事で示されている
「ためにする」の典型的なものとして、以下のようなものがあると思われる
1.何かに都合のよい事をして、その何かに取り入ること
2.都合の悪いものに対して、それを貶め、あるいは陥れるために何かをすること
3.出世や売名などのために、好きでもない事をして、或いは本当にするべきこと・真に大切なことをさし措いて伸していこうとすること
「ためにする」ものは大体、上記の3類のどれかに入ると思われる
1.は、権力や金のある者にゴマをすって何かを手に入れようという行為や、何がしかの命を受けてそのために悪いことをする、というものが該当する
2.は、某団体が対立宗派に対する悪質な妨害行為や、そのために権謀術数や罵詈雑言の限りを尽くしたことが有名であるが、それ以外にもライバルや対立者を蹴落とすためにそのような行為を行う事なんかが該当する
当日誌の管理者に対するそれを行う集団が存在するが、それについては一家ISに創設した「公式情報局」のほうで取り上げる
3.は、実に悲しいことであるがこの国の多くの人間がそれに該当するのではないかと
そのために、人生において本当に大切なことが見逃されてゆき、人生の本質とは異なる「上っ面」だけが追求されてゆく事になってしまったものである
また、これは権力3兄弟がそのように仕向けてきたものでもある
以前、「人は見た目が9割」などという悪書が蔓延し、民衆を誑惑(おうわく)したが、これこそが「ためにする」典型的なものではないのかと思われる
「いい学校、いい会社、いい男」なんていうのはその典型的な考え方であり、そんな考え方だから「悪い虫」などと人を虫けら扱いする発想も出てくるのである
ただ単に出世していない、見てくれがそれほどでもない、或いは自分のコミュニティにいない人だというだけで人を「悪い虫」扱いするのはそもそも人の道に外れる事なのではないのか
こんな体たらくだから、「ためにする」人間ばかりになって居心地の悪い、権力3兄弟に都合のいい社会になってしまうのである

『人間がこの社会で生きていくとき、「ためにする」のではなく、「自分の仕事に誇りを持って」、「自分の生き甲斐」、「天職」、「世のために」というように「下心」を持たずに、そのもの自体に夢と希望をもってやることが、日本全体にとって良いと思います。 』
(前記記事より引用)
このことに気が付いてくれる人がどれだけいるだろうか?
「よい子」ばかりが悪いことをするのも、このことがわかれば頷ける話ではないのかと

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-51.html

畜産物からの脱却

筆者がこの1週間何をしていたかというと、それは「畜産物からの脱却」の取り組みである
具体的には、近い将来の菜食への転換を目指し、
・肉
・卵
・乳製品
の排除と野菜・果物を積極的に取り入れる取り組みである
肉食が百害あって一利ない理由は下記に詳しい
健康面からの菜食のススメ2
(菜食のススメ)
上記サイトには宗教関連の記述もあるが、それを抜きにして読めば役立つことが多く書かれているので一読されたし
そもそも人間というものは肉を食するようには出来ていないのである
その弊害を一部列記してみる
・動物性食品の消化には多くのエネルギーを消費するので元気がなくなる。特に肉食動物の代表であるライオンは1日に体を動かすのはわずか2時間程度である。栄養価の高い物ほど消化にエネルギーを必要とするのだ
・蛋白質の取りすぎにより、筋肉を作ったり、筋肉の高い活動量を長時間維持したり怪我から身を守る集中力を保ったりするのに必要なエネルギーが、大部分消化のほうに回されるので、怪我や病気にかかりやすくなる
・肉が腸内で腐ることにより発癌性物質が生成され癌にかかりやすくなる
・肉を食することによってキレやすくなったり怒りっぽくなる。肉を食すると獣の習性が移る(屠殺時の恐怖により分泌されたアドレナリンが食肉中に残留している)
・地球環境の破壊の大きな原因は畜産業である。畜産のために多くの牧草や水を消費し、ハンバーガー1個で台所の広さの熱帯雨林が失われているといわれている(牛肉1kgを生産するのに16kgの穀物が必要である。牛1頭に換算すると…)
・日本で肉食が蔓延したのは畜産業界団体による大きなウソの宣伝が原因である。ウソをついてまで物を売ろうという浅ましい姿勢は現在の商業主義や企業社会主義に通じるものである
・狂牛病の発生したUKの牛や某国の大ネズミの肉の流通には闇ルートがある。この闇ルートは「アンタッチャブル」である。肉食は、そうした闇勢力を潤すことにもなる
これらはほんの一部である
この他、糖尿病や高血圧・腎臓病等の重い疾病も肉食が原因だし、肥満が増えるのも動物性蛋白・脂肪が消化しきれないで蓄積されるからなのである
世の中には「これでやせる!」「これで○○ボディを手に入れる!」などと喧伝して売られているものがあるが、肉食をやめないでそれを達成できるほど世の中甘くないのである
肉・卵・乳製品をやめることこそが肥満の解消への直道なのである
いずれ世界は個人も社会も次のシステムへ移行しなければ人類は生き残っていくことが出来ない
エネルギー問題、金融問題、さらには医療、農業、建築まで、20世紀の古い衣を脱ぎ捨て次のシステムへ移行しなければ生き残れないのである
その最大の障壁こそは畜産業であるといわねばなるまい
しかし、このことは権力3兄弟にとって都合が悪いのでマスゴミ等によって隠蔽されてきた上肉食の旗手である外食産業のプロパガンダも同じくマスゴミ等によってイメージを粉飾して流されてきたのである
人々は、権力3兄弟・マスゴミ・畜産業界等の喧伝により動物性食品がもっとも良質のたんぱく源だと思い込まされているのである
筆者は1年前に病に倒れてからいまだに通院しているが、病院は常に人で溢れている状態であり(混雑時のスーパーマーケット並みと言えば解っていただけるだろうか)医療関係もこの利害に絡んでいるのか?と思いたくなる状態だ
筆者の見立てとしては、健康な人ばかりになると医者・病院・製薬・栄養士等が儲からなくなるので畜産業界と裏で結託しているのではないか、ということである
健康な人ばかりになれば、病院が次々に潰れたとしても不思議は無いしそれでも問題にはならないはずである
実際、診療に対する保険料を払わなければならない立場の社会保険団体は、肉や乳製品のとり過ぎを注意するのであるが、畜産業界の利害団体は出したハンドブックに調査結果とは違う、沖縄の長寿老人はたくさんの肉を食べるから長生きができるかのようにウソを書いて全国にばら撒いたのである
そのため、栄養士などがこのウソの情報を盲信して肉や乳製品の普及に注力したのであるとされている
見方を変えると、病人が増えるとぼろ儲けできる立場にある医者・病院・製薬・栄養士等がこの畜産業界のウソに相乗りしたのではないかということである
更に、これら肉食はとんでもない価格破壊を引き起こしているが、その安さはどこのものとも解らないようなものを使っているからであり、その危険性は明白である
貧困層ほど肥満が蔓延しているのは安い肉食に飛びついてしまうからであり、まさに「安物買いの銭失い」なのである
これも格差社会が引き起こしたものであり、資本原理主義の弊害であるともいえるのである
肉食・外食は企業社会主義、商業主義、資本原理主義を利することになり、なおかつ自分の身体に無限といっていい危険をもたらす、ということを思い知り個々人が変わってゆかねばならないのである

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-50.html

マスゴミのウソ

この国のマスゴミは皆横並びになっている
しかも、クロスオーナーシップ(わからない人はググれ)によって系列化されているので相互チェックが働かない
更に、記者クラブの存在により御用記者以外のフリーの記者等は締め出されている
それらは総て権力の意向によるものである
この国の権力は、マスメディアが真実を伝えることを望んでいないというより権力に都合の良い情報しか流さないことを望んでいる
外部の情報に触れさせないというのは新興カルト宗教の手口と全く同じである
偏見や差別を作り出しているのもマスゴミだし社畜や杓子定規に代表されるメディアスレーブを作り出したのもマスゴミだ
だから、マスゴミを否定しないことには何も始まらないし何も変わらないのだ
マスゴミは日本にとって重要な事柄をいくつも隠している
この国の隠蔽体質は中国のそれをはるかに凌駕している
なぜ輸出が伸びないのか、というその根本の理由もいまだに隠蔽されたままだ
そこまでしても権力側の利権を守るのが権力3兄弟のやり口だしマスゴミは何一つ真実を伝えないどころかマスゴミによって捏造されたウソばかりが流されているのが現状である
日本の捕鯨が国際的に違法なものであることをどれだけの人が知っているだろうか
恐らく知っている人はあまりいないのではないだろうか
これも、マスゴミは権力側の一方的な情報(つまり、ウソの情報)しか流さないので国民には真実が知らされていない
恐らく、捕鯨に限らず総てに於いてそうだろう
日本の違法捕鯨について(1)
(Around the World in 80 years)
こちらと、その続編
日本の違法捕鯨について(2)
(Around the World in 80 years)
を読んでいただけばお解かりになるだろうか
これを読んで真実であると認めない人は明らかにメディアスレーブである
日本製品が海外で売れないのは、他ならぬ日本人のせいなのである
つまり、日本だけが国際的に違法なことをしているので不買運動を起こされているのである
だが、この事は利権団体である「(財)日本鯨類研究所」の利害にかかわるので隠蔽されているのである
この隠蔽だけのために多くの国民の利害が侵されているのだ
アイスランドとノルウェーも捕鯨を続けているが、この2つの国は自国の領海だけで行っているのだが日本の「調査捕鯨」は他国の領海、しかも国際捕鯨委員会が決めた「捕鯨禁止海域・クジラ保護海域」で違法に行われているということである
しかも、日本国は調査捕鯨を獲得するために賄賂や売春婦、経済援助などを渡して「票買い」をしていたのである
以下、日本の捕鯨が非難されている理由を上記サイトより引用して列挙する

  • 南極海クジラ保護海域でのクジラの密猟である
  • 絶滅危惧種に指定されているクジラを殺している(ワシントン条約、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約に違反している)
  • オーストラリア連邦政府・最高裁の「オーストラリア海域での捕鯨禁止命令」を無視している
  • 1986年にIWC(国際捕鯨委員会)によって定められた「商業捕鯨の永久モラトリウム」違反、及び再三のIWCからの勧告通達を無視している
  • 「調査」と称した商業捕鯨である→調査捕鯨を開始して以来(1987年?)一度も調査・研究発表をしていない
  • 倫理的理由:数時間に渡る苦しみの後死に至る、残酷である
  • 60年前には、45カ国が常時南極で捕鯨をしていたが、現在では日本だけだ
  • クジラを絶滅させることは、世界中の海の生態系を壊すことになる.ひいては人類絶滅に繋がる
  • クジラ肉の需要を作る為に助成金を出し日本各地に「クジラの町」を作ったり、水銀汚染のクジラ肉を学校給食として子供たちに食べさせている
  • (引用以上)

これだけ人の道に外れたことをしておきながら環境団体に対して「エコテロリスト」呼ばわりとは盗人猛々しいとしか言いようがない
日本の法律は日本国外にある日本の船舶、航空機に及ぶとしているがこのことにも疑問を呈しておく
オーストラリアの領海で法を犯せばオーストラリアの法律が優先して適用されるのが国際法上当然でありこれに日本の法律を適用しようとするのは明らかな越権行為ではないか
とすればシーシェパードの船長を逮捕したことは明らかな違法行為である
いずれにしても、「エコテロリスト」なのは日本の商業主義のほうである
真の意味での「エコ」を破壊しこれに敵対するという意味でな
なぜなら、環境問題の根本から捻じ曲げて商業主義のために利用しているしまだまだ使えるものを使わせないで捨てさせる方向に持っていっているのも企業社会主義のやり口である
フロンを全廃するのは当然のことではあるが旧車のエアコンもフロンを使用しないものに換装すればまだまだ使えるはずである
それをさせないで新車を買わせ古い車を捨てさせる
しかも、日本で捨てられたものは他国に輸出され環境破壊に貢献することになるのだ
某JRがまだ使える国鉄型車両を大量に廃車したことにも同じ問題がある
まして鉄道車両の空調装置は比較的簡単に換装できる
しかも「走ルンです」シリーズは車体強度にも問題がある
なぜなら安全性を軽視して作られており利潤第一主義の産物だからである
私が新型車両を撮らないのもこれに対する抗議の意味合いがある
それと、分割民営化の真の目的をご存知だろうか
それは、累積赤字などでは断じてない
その真の目的は、「労組つぶし」なかんずく国労つぶしにあった事がすでに明らかになっている
しかし、当時はインターネットも普及していない時代で誰もメディアを疑うことが出来なかったので政治屋のパフォーマンスに誰もが騙されてしまったのである
赤字ローカル線の切り捨ても、すべては労組つぶしのためのパフォーマンスに過ぎなかったのである
鉄道の利用客が減っているのは、何よりも鉄道会社の経営姿勢に問題があることが見透かされているからである
いったい誰が望んですし詰めの電車に乗って行きたいのか?
道路や駐車場のインフラが整備されないのも、利権にかかわるからでありそのような事柄に対してこの国の権力が重い腰を上げることはない
いずれにしても商業主義とは断じて戦わねばなるまい
だから、必要のないモノを買うことは企業社会主義を利することになるばかりか環境破壊を加速することにもなるのだ
だから、使えるものはなるべく買い換えないで使い続けることが望ましい
あと、休日に買い物にいくのが習慣になっているのは日本と米国だけである
欧州に行けば、休日に商店は閉まっているのが当たり前である
観光客相手の土産物店などはやっているところもあるがそれ以外は休みである
この国で常識とされていることは海外に行けばほとんどが非常識である
このことが知れると権力3兄弟に都合が悪いので、国民は「井の中の蛙」にされてきたのである
平和ボケという言葉が以前使われたが、その平和ボケを推進してきたのは他ならぬ体制の側なのである
国民が平和ボケしていたほうが、体制の側はしたい放題できるからである
だから、自ら進んで求めないような姿勢では、いつまでも飼い慣らされたままになってしまうのである

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-49.html

ノダルフ・ヒトラー

米帝の走狗・野田佳彦が遂にTPP交渉への参加を表明した
10日に発表されなかったことで見送りかと思われたがそんなに甘くはなかった
これで私の見立てが間違っていなかったことがはっきりとした
在京マスゴミは莫迦の一つ覚えのようにTPP参加を煽る「煽り一辺倒」であった
経団連の走狗と書いた者がいたが、笑止千万である
そんなに小さい問題ではないのがこの国の病理的構造なのである
経団連など、企業社会主義の一代表に過ぎないのである
だから、在京マスゴミについての説明は「官僚社会主義と企業社会主義という二重の社会主義の走狗」が正しいのである
やはり、反対派を沈める(静める、ではない)工作のための1日順延だったということだ
もしこれでTPPに参加などとなったら、この国は本当に終わりである
米帝の真の目的とは、日本の産業を収奪し、米帝の完全な植民地とすることにある
そうなれば、農業のみならず国民皆保険も崩壊するし1%の富が99%を支配する、米帝のような超格差社会になるだろう
タイトルにもした野田佳彦について少し書こう
この国では独裁者だが、米帝に対しては恭順なのでまさに「ポチ3号」である
その本質は、いわゆる「社畜」となんら変わることはない
権力3兄弟が60星霜を重ねて養成してきた「企業戦士=社畜」の集大成といってもいいのだ
また、この男の姿こそが「自分さえよければ」人間の典型的な姿でもある
その意味で、「自分に関係なければ無関心を装う」ことがいかに悪であるかを知るべきである
ありもしない「更なる不況」のプロパガンダで権力3兄弟はそのモットーである「生かさず、殺さず」をさらに推し進めた
このプロパガンダの裏で、企業社会主義はかつてないくらいぼろ儲けしており詐欺もいいところである
そして、権力3兄弟が最も恐れるものの一つが、民が蓄えを作り、あるいはプロパガンダどおりにモノを買わなくなることなのである
その意味に於いて、マスゴミやその他メディアを鵜呑みにし、その煽るとおりにモノを買ってくれる25歳以上の女たちほど権力にとって都合のいいものは無いのだ
だから、どんな場面でも女たちはもてはやされ、ちやほやされ続けてきた、ということにいい加減気づくべきである
企業社会主義にとって、モノを買わせるということは、ぼろ儲けをするのみならず、それ以上に重要な意義があるのだ
それが、生活には必要ないものを買わせてぎりぎりまでその蓄えを収奪することによって企業社会主義に縛り付け、その自由を奪うことである
産経系列の某メディアが他紙を「煽り系」などと書いたことがあるが、はっきり云って笑止千万である
なぜなら、総てのメディアが「煽り系」であるといえるし煽りこそが権力3兄弟の典型的なやり口だからだ
しかし、権力3兄弟の間違った決断は、権力3兄弟が終焉を迎えることをすでに決定付けてしまっているのだ
それが、原発事故に於いて「安全デマ」を押し付けて「避難」「疎開」を押しとどめたことである
このことにより、多くの命が奪われるであろうことは、「二重の社会主義」の担い手を失うことになるのだ
権力3兄弟の資金源である「必要ないモノ」を買ってくれる人がいなくなってしまうのだ
しかも、そのために権力3兄弟はメッキが剥がれてマスゴミのウソもつき通せなくなってしまった
たかだか「避難・疎開」にかかる費用を惜しんだがために、たかだか目先の利益を惜しんだがために権力3兄弟は終焉を迎えることが決定しているのだ
これがまさに、安物買いの銭失いなのである
いずれにせよ、これから日本の民は一つの決断を迫られることになる
それは、今までどおり「二重の社会主義」の奴隷として今まで以上に苦しい暮らしの中に生きるのか、それともこれを粉砕するために身命を賭するのか、或いはこの国を脱出して身を守るのかという決断である

カテゴリー: 「新天地からの手紙」からの編入記事 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-48.html