粛清」カテゴリーアーカイブ

Never Forgive,Never

周知の通り、5月8日に発覚した交際事犯、およびこれに付随する策動などの惹起審判が6月4日に行われた
実を言うと、その間にも更なる策動が惹起しておりそのことが審議を一層厳しいものにしていた
4日の審議の後にも策動のあったことが発覚し、結局本日付でその分も含めた再審議を行った

まず結果から先に申し述べるが、某病院の看護師・医師等計5人が永代追放となり、更に当該病院に籍を置く者は当家の関係箇所への出入りを厳しく禁じることとなった
この「関係箇所」には、当然のことながら筆者所属寺院も含まれる

当該事件のあと、第六次機材破壊策動が行われていたことが昨日になって発覚した
5月17日にやらされた非鉄の活動が敵によって機材破壊の目的で捩じ込まれたものであったことが発覚したのだ
この一件に病院関係者も絡んでおり、問題の看護師による更なる因縁付けが行われたものと判定している
この件についてはシングスピール日誌において詳報しているが、
・活動後の機材売却を煽ったこと、およびそれが活動の「前提」とされたこと
・既に見頃を過ぎたことを確認して煽り立てていること
・某医療関係者が絡んでいること
・当日の活動費の中にも数千円規模の無駄が盛り込まれていたこと
・この活動を行わなければ機材が持ちこたえられたと見られること
・来年でも出来るものをわざわざ煽り立てたということ
・日付合わせが行われていたこと。後述する
等から機材破壊策動であることを見抜き、更なる処断の強化を決意することとなった次第である

実は5月3日の活動がその発端となっていたているが、どちらの日付も活動を行うには非常に問題のある日付けであることが発覚し、「日付合わせ」とともにそれを実行するための巧妙な理由付けが行われていたことが判っている
こともあろうに、敵は「翌日に広布唱題会がある」ことを理由付けとしてこの規制をかいくぐっていたのである
なお、5月3日は憲法記念日であるが同時に「創価学会の日」であり、また同月17日は2011年にねじ込まれて大問題となり1年後に放逐された創価系アイドルグループの「結成日」であったことが判っている

人権侵害の主人公が創価学会広宣部であるという私の見立てが些かも間違っていなかったことを堅固に証明するものであり、日付規制はいかなる理由があろうとも厳格に遵守すべきであるということがこれではっきりした

かかる活動が機材の切り下げを狙って捩じ込まれたものであることに鑑み、必要性の薄いもの、代替画像のある物はこれを破棄することとしている
特に17日付の物は一の例外も無く破棄して葬り去る
敵が煽るからには何がしか裏があるということ、そしてそれが著しく不利益になることを確認して煽っていることを知り、絶対に機材を切り崩させないことが何よりも重要であると改めて認識を新たにしているところである
また、機材切り下げの原因となった輩に関しては一の例外も無くこれを厳しく取り締まり無慈悲に粛清する

勿論他の要因も大いにあろうが、この策動には敵側団体の者による複数の因縁付けが大いに関係していることに変わりはない
例の白樺何とかが今般の一連の策動に深く関わっていることが明らかであり、情状の余地は一切ないとはっきり言い切れる

今後、医療関係者・従事者に関しては交際から厳しく除外し以って事犯の再発を防止することとした
許されざる好意というものがあるということをここではっきりさせておく必要があるということである

先日、敵によって押し止められたものが計らずも奪還を果たした
バイク戦争犯罪によって折角の購入計画をふいにされたが、その策動を無意味にして余りあるものであった
内容から云っても明らかに「倍返し」であると云え、このことから敵によって押し止められたものはすべて「倍返し」で奪還できるということがはっきりとしている
今後も残りの奪還闘争に総て倍返しで勝利し、仏法の上からの正邪をはっきりさせることが何より肝要である
まだ四大奪還の一を達成したに過ぎず、特に機材と法統相続の倍返しでの奪還は必ず達成しなければならない
そのためには手段を択ばないつもりでいるので履き違えることの無いよう厳に謹告しておくものである

最後に、処断について改めてまとめておく
当該看護師
交際類似行為、およびそのもみ消し・隠ぺい、学会組織への依頼(因縁付け)により永代追放、復権絶対不可
医師
交際類似行為のもみ消し、及び洗脳事犯への関与などにより永代追放、復権絶対不可
師長
交際類似行為のもみ消し及び侮辱・名誉棄損により永代追放、復権絶対不可
他2名が永代追放。
また、この病院に籍を置く者は半永久的に当家関係箇所への出入り禁止とする。

なお、惹起者等が仮に法華講に帰伏することがあっても処分の撤回・切り下げには一切応じないこととするので履き違えないよう警告しておく

カテゴリー: 粛清 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-182.html

不当なる粛清、再び

結局、問題の件に起因して筆者は転院を強要されることとなった
16日に話し合いがあった訳であるが、話し合いと称するには到底ほど遠いものであった

前々日の時点で転院させるという話にはなっていないことを医師には確認している
しかし、当日の席において向こうから一方的に今後は他でやってもらうという話にいきなりなっていた
しかも、これまで病院側の人間が原因で起きたことや印象操作によるものを含め、総て筆者が一方的に悪いことになっていたのには開いた口がふさがらなかった
更に、問題の看護師は自分のやったこと総てに対してしらを切りとおすという大変悪質なざまであった
いずれにしても、この中一日の間に話が変わったであろうことは間違いなく、何者かの非常に強い圧力がかかったということである
看護師が問題行動を起こしたことは事実であり、それをすべて私のせいにして追及から「スタッフを守る」などという詭弁は到底信用の出来るものでないし納得など出来ようはずも無い

今回の問題は、折伏を前提に聞かれたことに応えたのを問題の看護師が横で聞いており、それからこの看護師による問題行動が始まり、更に電磁波によるマインドコントロールが併用されたものであり、恐らくこの看護師による因縁付けであろうと考えられる
恐らく、問題の看護師は「白樺」であったということであろう
そうでなければ圧力がかかったことが一目でわかるような対応にはならなかったであろう

ここに至るには、まず敵による双方に亘る印象操作があり、別の看護師による問題発言、これまた印象操作のための押し止めがあって当時の担当看護師との言い争いに発展し、それから問題の看護師に因縁を付けられて狼狽させられるという経過になっており、やはり追い出すための理由付けとしてマインドコントロールが用いられたということであろう

この原稿を書いている時点では転院先は未決であるが、数日のうちには決めないといけない状況である
同じ嫌われるのであれば、折伏を貫徹して嫌われようというのが筆者の決断になる

全ての同業者を一括りにするつもりは無いが、こういうことがあると医療関係者・従事者というものに対する見方が著しく悪くなってしまうのは避けられない
その意味で言えば今回の病院側の対応は最悪であり万死に値する

問題の看護師はこれで「守ってもらった」気になっているのであろうが、仏法というのはそんなに甘いものではないということを遠からず思い知ることに間違いなくなるのである
問題の件に対する一家の対応は22日に、惹起者に対する処断は23日にそれぞれ決定することにしている

いずれにしても、この一件に屈することなく今後とも失地回復のたたかいを貫徹してゆくということである

カテゴリー: 粛清 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-177.html

粛清貫徹

シングスピール家では、今粛正と粛清を強力に推し進めている
その中で、久しぶりに敵人の粛清が行われたのは先に申しあげたとおりである
リンク解除以来紛争のくすぶっていた元リンク先サイト管理者であったが、先日の事件を端緒として以下の二件を認定するに至り、2014年4月22日付で正式に永代追放とした
三件あるので三度の永代追放に相当するのは云うまでもない
1 先日の言論封殺事件の惹起。共犯者共々永代追放(これを主原因とする)
2 リンク解除に至った当人の行動によるトラブルの惹起
1についてはこちらの記事も参照してほしい
当該者のチャンネルを読まされていたことから惹き起こされたとも云えるが、明らかに喧嘩を売っていると取れる発言を度々行っており、自分から突っかかっておいて引きずり込む、自分で挑発して引きずり込んでおきながら粘着呼ばわりする、そして都合の悪い文面には触れず切り文で応えるという極めて悪質かつ異常な手口から最早更正の可能性は潰えたというのがシングスピール家の判断である

演出型ハラスメントに手を出した人間はその理由の如何に関わらず一の例外も無く厳しく粛清するということである
それは他の惹起者についても同じである旨併せて警告しておく

既に何度も永代追放に処せられている門外漢女と千ラシ裏女であるが、彼奴等についてもこのほど「因縁付け」を行ったと認定された次第である
両者とも敵側のエージェントであり、特に後者が非常に悪質な工作員であると断罪している
2009年秋から始まった解放聖戦の初期戦闘でSG現場から去ったことに対する因縁付けを千ラシ裏女について、2010年4月に門外漢女の追及を始めたことに対する因縁付けを門外漢女について認定し、同じく人工透析への転落に直結したと判断したものである
この両者の永代追放は既に各々八度目という悪質さで、最早開いた口が塞がらない
また、これらの者の工作による折伏妨害が二つもの身近な縁を失うに至ったという判断であり、その意味において彼奴等は某サイト管理者にも増して万死に値するといわねばなるまい
門外漢女については、結局追及を逃れるべく口車を駆使して結果筆者が石之坊から不当に粛清されたという顛末でもある

その門外漢集団の惹起した5・20事件、つまり支部総会における受付恐喝事件から7年を迎えようとしている
7年を迎える前に今後どう対応するかを現寺院と協議しなければならない
筆者の信行を減退させたことが最大の問題なのであって、金額の問題ではないということを石之坊関係者の一々に思い知らせるということである
当時、筆者は第一次機材破壊策動によって不必要にはたかされた状態でほぼ強制的に参加させられたうえ、バス代として取っておいた金銭を受付の女に「ご供養は無いのか」と脅され掠め取られた結果帰路にバスを使えず駅までの約9キロを2時間以上かけて歩かされたというのがこの事件である
その門外漢女も受付に同席しており、言い逃れは絶対にできない
つまり、受付の女どもは筆者に対する孤立化の目的を以ってこの事件を惹起したというのがシングスピール家の判断になる
石之坊の講頭(当時副講頭)は、この事件についても加害者を全面的に擁護し筆者の孤立化に加勢した
今度こそ事件の責任を取ってもらうし惹起者どもを許すつもりは絶対に無い
この事件も今日の状況に直結しており、絶対に許してはならないと云うことである

シングスピール家では「粛清貫徹」と「FLAT & NEWTRAL」をスローガンに掲げて立て直しを進めている
立て直しには粛清が付き物である
一家の邪魔をするのであれば何人であっても粛清の対象たり得る
妬みや未練による行動を行う者は予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことに必ずなるということを関係者は一々に肝に銘じるべきであるということである

この記事は誤認定の取り消しにより2014.6.27に加筆・修正されました。

カテゴリー: 粛清 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-173.html

NEUTRAL

シングスピールは、今新たなスタートラインに立っている
先のエントリでもお知らせしたとおり、新しいプロジェクトがスタートすることになった
普通に考えれば人工透析から脱出など考えられないのだろうが

ここで、シングスピールはこれまでのもの全てを例外なく一度クリアし、フラットにしてニュートラルにすることにした
敵を切り、人工透析を切るには避けて通れない命題であるとも云える
敵は、毎日のように苛烈な揺さぶりをかけてきている
恐らく、筆者が偶然にも敵のオウンゴールによって目覚めたことにただならぬ焦燥があるのであろう
アタマの疲れが腎臓の疲れにつながることから、精神的な混乱と疲労を惹き起こすために行っているのであろうか
人工透析になってまだ7か月しか経っていないが、これまでに多くの印象操作が行われ、多くの軋轢を惹き起こしてもいる

先般、シングスピール家でもこのことが大きな問題になり、立て直しと綱紀粛正の徹底が叫ばれている
印象操作のネタになるものは全て敵であるという徹底した意識を持ち、綱紀粛正を進めている
人工透析からの脱出と完全な社会復帰のためには、塵一つのレベルに至るまで徹底した粛正が必要だということになる
また、その邪魔になるものは何であろうとも粛清の対象になり得るということでもある

恐らく、筆者に透析から脱出してほしいと考える医療関係者は皆無であろう
透析というのはそれだけ美味しいビジネスだからである
しかし、それは筆者の意向とは相容れないことである

綱紀粛正に当たり、交際問題に関して「医療関係者は大幅に割り引く」という申し合わせが決定した
可能性こそ残しているが、他の候補者がいればそちらを優先するということであり、事実上の規制である
他に候補者が現れないということはあり得ないし、もしあったとしたらそれは利権が動いたとシングスピールは見做します
どこの人間であろうとも、医療関係者であろうとなかろうとこの人工透析脱出と社会復帰のためのプロジェクトに理解を示さない者、支えることのできない者は交際から除外するということになる

さて、敵による交際破壊が行われた大きな理由が判明した
それは、筆者をより長期間にわたってマインドコントロールの支配下に置き愚弄し続け愉しむためという非常にくだらない、かつ人には非ざる理由のためにかけがえのない縁を破壊したのである
機材破壊工作も、因縁付けを別にすれば都合よく振り回して弄ぶためであったということになる
因縁付けはあくまで後天的なものであり、大きな理由はこれである
バイク戦争犯罪でさえ、最大の理由は同じである

そのバイク戦争犯罪においてはとあるサイトのブログを見続けさせることによって大きな影響を受けさせ、以って後追いをさせた敵の策謀によってなお且つ本来ある計画が捻じ曲げられていたことが判っている
本来40万円ほどであった計画が捻じ曲げられた理由は、ずばり「仏壇購入計画を頓挫させるため」である
また、頓挫させることによって店に行きづらくさせて分断するという許しがたい奸計が仕組まれていたことも判っている

以前の調べではバイクを始めたのが2009年の10月頃のことで、その直後の12月に敵による「自動二輪計画圧殺」の意図的発覚という出来事があったのである
これは偶さか解放聖戦の最中の混乱の中で起きた出来事が敵によって利用されたもので、対象者がバイクを始めたのを確認した上で2005年に門外漢女によって演出された「自動二輪圧殺」を意図的に発覚させることで、くすぶっていた「バイク」にガソリンをかけたかのごとく燃え上がらせ、軌道を狂わせたものである

そもそも自動二輪計画自体が敵による刷り込みかつ演出であり、横山容疑者による圧殺自体も同じく演出である
そして、彼の意図的発覚も同じく演出であるということになる
そもそもすべては広宣部主導による演出型ハラスメントの産物であり、すべてがマッチポンプ事犯である
そしてそのすべては、先に挙げたとおりより長期間にわたってマインドコントロールの支配下に置き愚弄し続け愉しむため、そして都合よく振り回して弄ぶためであったということである
更には、筆者を人工透析にまで貶めたことですら斯様の非常にくだらない理由において行われたということである
そして、今行われているすべての印象操作も同じくこの理由によって行われている
利権側の策動はあくまで別個のものであり、敵〔広宣部電磁波部隊〕と関連性は無い
敵は小さい理由でしかないものを殊更に大風呂敷を広げていかにもそれらしく見せて存在を誇示したがる習性があるということに注意しなければなるまい

自動二輪免許を取ることや、バイクの購入などは本来人生を変えたり人生を賭けるほど大きなイベントではありえないしそうであってはならない
その様に思わせたのも同じく大風呂敷であり、決して家運を賭けるような代物ではないということである
必要であれば買うし、便利であれば使うし不要になれば手放す、ただそれだけである
それは、今後においてもすべて同じとする
免許自体は人生において役立つ可能性があるので否定したりすることは無いが、今後の導入や運用においては確固たる信念を以って臨むこととするということである
どんなに大きくても150㏄クラスがいいところであり、それ以上は決して必要ないというのが以前から変わることの無い筆者のポリシーであるが、それをスリカエさせたのが敵の策動でありマインドコントロールであったということである
間違っても同じマインドコントロールに二度もやられるようなことは無いのである

敵による印象操作を含めたあらゆる操作や揺さぶりの手段になるものは元から絶たねばなるまいというのが一家の方針になる
復活の妨げになるものは、何であっても例外なく粛清の対象になるということである
それがNEWTRALにするということであり、すべては新しい出会いに期待するほかないということになる

透析にまで貶めたのがくだらない理由である以上、透析からは絶対に脱出して復活しなければならないというのがシングスピール家の確固たる方針になる
理由が何であれ邪魔すれば消される、妬みや未練そして自分勝手な感情で動く者はそのことによる予測不可能な凄惨な結末に全面的かつ致命的な責任を一方的に負うことになる、そういうことである旨関係者は一々に肝に銘じるべきであると謂っておく

この記事は誤認定の取り消しにより2014.6.28 1:16に修正されました。

カテゴリー: 粛清 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-172.html

粛清から3年 4

3年前の4月10日に大きな粛清があったのだが今や風化させてはならない節目のひとつになっている
焼け野原同然だったあの頃
戦災復興は未だ半ばであるが
焼け野原同然の状態は解放聖戦終結後一年近く続いた
しかし、そこから僅か一年強で自動二輪計画を奪還しそして生活の再生を果たした
よくぞあの焼け野原から立ち上がったものだ
だがそれを面白くない敵一味は筆者を始末しようとした
始末に失敗すると電磁波による操作で筆者を撹乱しようとした
持ちこたえていると電磁波ガスライティングで操作されてあの忌まわしい事件が惹起した
あの場にあって筆者を貶めようとした両名は間違いなく洗脳されている
その後も電磁波ガスライティングによる混乱が三ヶ月続いた
そこから辛くも逃れたのは仏天の力用に他ならない

生活の再生には筆舌に尽くし難い苦労があった
反消費主義への転換、そして信心第一への転換の取り組みがあった
更に直近では刷り込まれたものの排除粛清、悪習の排斥、アイドルなどの全面的禁止の取り組みを行った
そして、何より重要だったのは交際統制である
法統相続は重要であるが、拙速はならない
今は未だそこまで境涯が上がっていないと一家は決している

筆者は未だ戦災復興の途にあってまだまだ修行を積まねばならない
この状態で何かを作る愚を冒すことはできない
失地回復の重要性を無視して隙あらばねじ込もうとする徒輩は筆者にとっては失地回復の敵であり邪悪なる悪魔でしかないことをはっきりとしておく必要がある
斯様の徒輩は無慈悲に粛清することとなる旨通告する
一見鮮やかにも見えかねない生活再生には地味かつ地道なる数々の取り組みがあることを努々忘れてはならないのである
(おわり)

カテゴリー: 粛清 | 粛清から3年 4 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-121.html