ウェブ運営関連」カテゴリーアーカイブ

雑記帳をWPに移行

雑記帳については過去ログをまとめた時にぶろぐんで立ち上げて運用していたところであるが、先の記事を執筆していて、公開しようとしたらエラーが出てはじかれてしまい、ブラウザの戻るでも表示されず結局藻屑と化してしまった
一生懸命書いているのにあんなことになってしまい非常に幻滅した次第である

また、ぶろぐんスクリプトについては2012年以来アップデートも無く、ユーザも少なく今後の発展も望めない状況でもある
更にライセンスの存在や使用条件の厳しさなどは前近代的に過ぎる
ぶろぐんは既に終わったシステムだということだろう

そこで今般、2012年から本格的に導入してすでに実績を積んでいるWordPressに切り替えて雑記帳を運用することとした
テーマについてはシングスピール日誌ですでに実績を積んでいるのでこれをそのまま使っている
プログラムは旧回顧録ブログで使用していたものを流用することで設置の手間を省いている
ベースURLと各個別記事URLについては変更なしで移行することに成功しているがそれ以上は物理的に不可能なのでご容赦願いたい
続きを読む

カテゴリー: ウェブ運営関連 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-169.html

大規模改修

先程シングスピール家ウェブサイトのほうを大規模改修の為一時クローズさせていただいた
あわせて、当サイトの「カメラ・二輪車館」内に一家の臨時コンテンツを立ち上げ今後の改修の基礎とした
ずっとこのままでも良さそうな出来栄えではあるがたとえ値段が3桁であってもドメインを買ってしまった以上このままという訳にはいかない
正直、改修に当たってデザインも決まっていないしこのままXMLでやるかCMSを入れるかも決まっていない
プレスのことを考えるとWPとかが頭をよぎるがテーマが…
せっかく作ったデザインなのであれをそのまま使いたい気持ちは当然ある
ただ、そのままだと従前の物に引きずられてなかなか思いっきりというわけにもいかない
大規模改修にはなおお時間をいただく予定である
自動二輪事業もあるのでなかなか時間的にもきついというのもある
いよいよ明日は綱紀粛正の日であるが如何であろうか

記事中にあるウェブサイト、及びコンテンツはいずれも現存しません。

カテゴリー: ウェブ運営関連 | 大規模改修 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-65.html

再構築

現在、メインの常磐路ウェブ(当サイト)のほか2つの業務用サイトを運営しているが一部のコンテンツについて内部矛盾を抱えていたり、話が長くてまとめられない状態があったりしているところである
特に「カメラ・二輪車館」とKRCCサイトでこの傾向が顕著であり、これまでも対策に当たってきた
しかして、これらについて原因というものを考えるに、1から書き直さないと以前に書いている内容に引きずられてしまうというものがあるかと存ずる
前に書いたものから流用してしまうのがいけなかったりするんだけどね
したがって、これらコンテンツについては一部を除いて一旦全部消去した上で一から書き直すこととした
話が長くてまとめられないのは以前からの短所であるんだけどね(は関係なし)
いずれにしても一から書き直すので所により内容がまるで違くなる所もあるのでご了承を
対象は「カメラ・二輪車館」の現有機材・歴代機材以外のコンテンツとKRCCサイトの最近書いたところ以外の全部である
余談になるが、某Aちゃん(この間のAさんとは別の人)は自分の母親に「ママちゃん」だってw
一昔前では考えられないよね
核家族化の弊害だな
「お父様・お母様」の厳父慈母の時代が懐かしい…

記事中にあるウェブサイト、コンテンツ等はいずれも現存しません。

カテゴリー: ウェブ運営関連 | 再構築 はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-64.html

2月を終えて

今月は結局この記事を含め8件※とかなり少ないほうになった
その最大の要因は戦後処理をめぐって特大級のgdgdがあったことに尽きる
未だ反動勢力が転覆を諦めていないことを痛感させられるものであり決して油断がならないことの証左であろう
しかしいかなる手段を用いようとも失地回復を転覆させることなど出来まい
転覆を諦めない反動勢力はやがて「ワイリーコヨーテ」の様になるだろう
あらゆる攻撃と祈念は全て反動勢力自身の身にブーメランのように跳ね返って降りかかるということだ
ゴミメディア鵜呑みの敵対者・反逆者・反革命・反動分子どもはその悪逆なる策動の展開がもたらす破滅的な結果に全面的且つ致命的な責任を負うことになることを肝に銘じるべきであると再度云っておこう
反動分子の味方は反動分子だけであると思い知ることになろう
反動分子のような徒輩に限ってゴミメディアの書きたてること全て鵜呑みだったりするものだ
まともな諸兄はゴミメディアの悪質な煽りと叩きの手口にだまされることの無いよう
活動再開については戦後処理の行方を見て来週初め頃に結論を出す予定であるが大きく遅れることはないだろう
残念ながら一部の対象車両が間に合わないが当初より予想されたことでありご了承いただきたい
※当時のブログにおいて。

カテゴリー: ウェブ運営関連 | 2月を終えて はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-12.html