アイドルの話

現在旧ブログは店じまいしてしまったので解りにくいかもしれないが、敵によって都合よく利用されてきたのがアイドルの存在であった
敵がアイドルを捩じ込んできたのが、島流し時代の特に高校時代に入ってからであった
既に新回顧録でこの時代を記述しているので出し惜しみしないで書くが、某女子生徒との一件があって以降にアイドルは捩じ込まれた
ちなみに、その前にねじ込まれたのが某インチキロックグループアル爺である
以後、これらを敵は巧みに利用して印象操作に資して孤立化を推進してきた訳である
当時捩じ込まれたのはY.M、R.Hを中心に5、6名に上る(すべて粛清済み)
88年夏にY.Mのファンが惹き起こした尊属殺人事件が契機となり、アイドルはダメだということになってこれらを粛清し、「まともな」女性歌手の音楽を導入した
これは筆者の今日の音楽政策を決定付けるものであったが、敵は数年をかけてこれをひっくり返してしまった
今回顧録に載っているのはこの辺までである
顛末を云うと、敵はこの後某グループアイドルを二組捩じ込んだ
2000年末から2001年にかけてのことである
この二組はS会系と言われるA社からCDを出していた
「D」と「F」である
その後、過去の記事にもあるように2003年にアル爺を粛清したが、この二組はこの時点では残った
ただ、「D」でのメンバーチェンジの件もあり熱はかなり冷めてはいたが…
ただ、ファンサイトとかのことがありかなり引きずってはいたものの翌2004年にそれを閉め、これらは粛清された
当時、ソロにしろグループにしろアイドル自体が冬の時代で、ちょうどAKBの結成前夜といったところであった
「P」(粛清済み)も厳密にはアイドルであるが、あれは少し違う見方をされていたので除外するとAKBには興味なし、ちょうどMさん引き離し策動の勃発の頃に敵が捩じ込んだのは何と韓流アイドルであった
当時偶さか入っていたCATVが利用されてしまったのである
このCATVではKBSとやらが追加料金なしで見れたほかM何とかという有料チャンネルまで見させられた訳である
韓流アイドルSNSDがいいように利用される中でMさんとの仲は引き裂かれた
次記事で取り上げるが、並行して利用されたのが「リクガ」である
結局、Mさんとの仲は引き裂かれ、その後SG現場を「解放聖戦」で去ることとなった
その後、大震災があってそのあとのうねりの中で韓流の反日の実態が問題となりSNSDとはお別れとなり、その後粛清となった
しかし、敵はこの流れを読んでいたのかSNSD粛清前夜の頃にとあるアイドルグループを捩じ込むべく、筆者に点けさせたのは何と犬HKラジオだった
犬HKは犬HKでもテレビでカネ取るのは有名だったこともあり信用していなかったが、折しも大震災後で公共放送の重要性云々謂われていたこともあり、ラジオにはそれほど警戒していなかったというのが本当のところである
11年5月のある土曜日のことである
当時は敵の仕組んだ「リクガ禍の反動」で女性不信が席捲しており、そのことがアイドルにとって追い風となったのは疑う余地のないところである
この時犬HKラジオが流したのが、以前6人組で現在5人組の「M」である
その中でも敵が特に強烈にプッシュしたのが最年少の「桃」だったのである
その後、大震災後のうねりの中でSNSDと「P」が粛清され、「M」も約1年で粛清されることとなった
しかし、その後も敵はその元メンバーを捩じ込もうとするなどたたかいは一筋縄ではいかなかった
結局、「M」は元メンバーを含めて粛清されることとなり、ここにシングスピール家ではアイドル全面禁止が漸くにして実現することとなったのである
その後、アイドルは偶像崇拝であり謗法に当たるとして再度、禁止が徹底されている
「M」の粛清と前後して以前手放させられたり手放すまで行かなかったまでも疎遠になっていたアーティストたちを復活させる取り組みが行われて今日に至る訳である
これが今日に至るまでの対アイドル闘争史である
アイドルというのは男女間を引き裂き分断するためにあるといっても過言ではない
実際に、アイドルが原因で別れたり恋仲が実らなかったりという話しもよく耳にする
「他の原因があって別れた」が公式発表(?)であっても、それは起爆装置に過ぎず実際にはアイドルにはまっている相手方に大きな不満があるというケースもある
機材をIYHしたくらいで別れるというのは考えにくい話であり、アイドルのほうが主原因であるとしか思えない
敵に翻弄されてきた半生は、アイドルに翻弄されてきた半生でもあったということである
アイドルというのは人を誑惑するものであり、誑惑によって男女間を引き裂き分断する訳であるから相当の重罪を犯していることになる。
某アイドルメンバーが半年もたたぬ間に二度も骨折するなどというのは昔では聞いたことも無いような、信じ難い話である
当該グループはS会系であるとも謂われている、そのことも関係あるのであろうか
全てのアイドルを粛清した現在でも、敵は折に触れて何がしかのアイドルを捩じ込んでこようとするなど油断がならない
よりによって現代のアイドルはネットを宣伝・プロパガンダのツールとして巷間に捩じ込んでこようとしているのが現実である、心して警戒しなければなるまい
ご覧の方々におかれては、アイドルなどの誑惑に惑わされること無く、身近な縁を大切にしていただきたいと切に願うものである

カテゴリー: バンドワゴン, 雑感 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-167.html

8%

今日(4/1)から消費税が8%に引き上げられた
くだらないことにカネを出しておいてよくも庶民から殊更に巻き上げられるものだと思う訳であるが
ともかく当面の高税率時代に対処してゆかないとならない
今日早速所用で1円刻み運賃というものを利用した
トータルで50円近く違ったりするのだが、何ゆえICカードでなくてはならないのか?
ICカードへの疑問もあり、筆者の場合は無記名式にしている
未確定要素もあるので何ともいえないところはあるが
とりあえず遠征の予定があり一円もはたけない状況が続いている
実は予算的に結構ぎりぎりなこともあり状況によっては縮小or延期ということも視野に入っている
云うまでもなく、天候不順なら延期にするが
4月の撮影は近場が中心になる事と思う
撮りたいものはあるが、今すぐでなくていいものは機会を改める
これからの高税率時代、煽動されるがままにはたいていては生活が行き詰るようになるのは目に見えている
エコだ、環境だといいながらガリガリに煽り立てて物を買わせるという異常さにいい加減気付くべきであると
これからの時代は、反消費主義の時代である
反消費主義とは、出来るだけ物を買わないようにする、使えるものは使える限り長く使うこと、そしてゼイタクをしないことが根幹になる
使えるものは使える限り長く使ってモノを買わないようにするのが一番エコで環境にもやさしい、モノに愛着も湧いてモノを大切にするようになる、お財布にもやさしいということである
全てのメディアがプロパガンダマシーンであり、真実を報じるところなど存在しないと気付く人が急増しているようだ
テレビ・ラジオ・新聞などのマスメディアだけがメディアというわけではないことを知り、メディアから離れるという決断が必要であると申し上げておく
云うまでも無く、雑誌の類も非常に危険なメディアであるということになろう

カテゴリー: バンドワゴン, 雑感 | コメントする
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-166.html

惹起した策動について

先般常磐路ウェブでは機材の増強を行った(14日発表予定)が、これと前後してこれまでに類を見ない大型の破壊策動が惹き起こされた
敵の策謀とは思うが、ツイッター上で筆者に対する誹謗中傷が繰り広げられたのである
好事魔多し、とはよく言ったものである
ツイッターからの引き揚げを余儀なくされたものの、機材計画をはじめとする実生活には影響を及ぼす事無く終わらせることが出来た
惹起者の処断については機会を改めてやる

この策動については、「第五次機材破壊策動並言論妨害事件」と命名し、機材破壊策動の一であると認定するに至った
常磐路ウェブは2007年以降四度に亘る機材破壊策動の攻撃を受けており、これによる損害額は数十万円にも及ぶ
策動はその時々によって手を変え品を変え筆者の周囲にあるものを都合よく利用して行われてきた
これまで、2003年にリンク解除となったサイトの管理者が依頼して起こったとされてきたが、今回の策動でそれが揺らいでいる
あえて名指しはしないが、2012年にリンク解除となったサイトの管理者が利用されたものであった
今回の策動は、惹起者のチャンネルを「読まされていた」ことによって敵が動き、挑発を受けたものである
恐らく、事件の惹起には私が10年来の法華講員であるため敵幹部に目をつけられた、というのもあると思うが

今回の策動には以下に掲げる目的があったものと推定している
1.機材を何としても他のメーカに変えさせようとした(これまでの策動にも共通)
2.ウェブ活動や言論の妨害および折伏妨害
3.敵を作り身構えさせることで様々な生活上のチャンスを遮ろうとした(これが一番大きかったりする)
4.今進行中の「選択と集中」に対する嫌がらせ
5.信行に対する嫌がらせ

先般、更新チャンネルを巡る策動の折には学生が中心となって策動を惹き起こしていたが今度は社会人である
「××はだめ」といった類の線引きが何の意味も成さないことを改めて実感する
やはり、身構えていてはいけないのである
創価員に限らず、独善性・意に沿わぬ者への不寛容性・攻撃性・暴力性が広く蔓延していることが憂慮されているが、これもメディアや商業主義に潜む謗法の念慮が広く浸透していることによるものである
特にゲームが危ないと思われ、私は講中でも子供のある親には「ゲームには謗法の念慮が入っているからやらせない方がいい」と言っている
前にも書いたと思うが、私は科学的ではなく宗教的見地から「ゲーム脳」があると思っている
今般の策動は、まさしく「ゲーム脳」の連中によって起こされたものであるし更新チャンネルを巡る策動もそうだ
そもそもゲームに関しては創価学会がその制作の多くに深く関わっているといわれている

ツイッターに関しては一部で「悪魔のシステム」と謂われているが、今回の策動ではそれを図らずも実感することにもなった
意に沿わぬ者への非寛容性と攻撃性にしてもそうだ
ツイッターには著作権も人権もあったものではないということだ
そんなこともあって、チャンネルにはクラッシャブルゾーンになってもらったということでもある
私がSNSをやらない大きな理由がそこには存ずる

機材破壊策動には、その時々によって何がしかの「付録」が付いていることがこれまでに共通する大きな特徴になっている
今回は、先に掲げたとおり4つもの「付録」が付いており改めて敵の意に沿わぬ者への非寛容性を浮き彫りにしている
機材破壊策動であると断定したのは、今回の惹起者が偶さかキヤノンのカメラを使用している者であることからである
とどのつまり、そこに敵は目をつけ利用したということなのである
そして惹起者にけしかけて騒動を起こさせた―
そのことによって嫌気を起こさせ、以って機材システムの変更に走らせる、そういうやり口だったわけである

これまでの経験から、これは策動であると見抜くことが出来、予定を変えずに全てを遂行するに至っている
「残念だったな、広宣部の諸君」という発言はそういう意味で発したのであって惹起者の連中に発したのではない
五度も機材破壊策動に乗せられるほど私も莫迦ではないということだ
ネットでは一敗地に見えたが、大切なのは実生活である
今後は、敵の挑発に乗せられないように細心の注意を払い、実生活そして信心に影響を及ぼさないようにする

この記事は、現在とは異なる思想の時代に書かれたものであり、現在の思想・見解・方針とは異なる内容が含まれています。また、「常磐路ウェブ」は現存しません。最新の情報は、「お知らせ」コンテンツ内ページをご覧ください。

カテゴリー: 機材破壊・変更強要策動 | 惹起した策動について はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-165.html

Against

シングスピール家は、今新たなスタートラインに立っている
敵が刷り込んだかりそめの「失地回復」とは違う、真の意味での失地回復を目指したたたかいのスタートラインである
筆者は、2013年中盤に仕掛けられた行き倒れ策動によってあらぬ方向に走らされ、そしてせっかく得た金員もすべてはたかされた
そして9月、もう後戻りのできない体にされすべての望みを絶たれた
これまでに、多くのものが敵によって刷り込まれ、そして敵に都合の悪いものは排斥され、身近な縁は徹底的に引き裂かれてきたことが判っている
障がい者の身に貶めたのも、女が寄り付かないようにという奸計が最もたる都合になるだろう
「障がい者」のレッテルを貼ることで女が寄り付かなくなるように、そして離れていくように仕向けることがその目的なのだ
云うまでもなく、身近な人ほどマインドコントロールにとって邪魔になるのは云うまでもない
身近な人こそが、強力な歯止めとなってマインドコントロールに引きずり込まれるのを阻止できるからである
実際、敵が私に「障がい者」のレッテルを貼ったことで離れていった女もいるのだ
表向きだけ見て人を見くびる女というのは、例の「人は見た目が9割」の邪義を鵜呑みにしているとしか思えない
人間にとって、身分だとか収入だとか肩書だとか面構えとか体型だとか髪型だとかいう表向きの部分などたいして重要ではないのだ
それだけの理由で人を見くびる=人の内面を見ていないということなのである
人の内面を見ていないから、当然人の心の痛みなど解ろうはずもない
貼られたレッテルを見て離れていくような最低女は金輪際御免蒙る
この様な情勢を受けて、シングスピール側としても思い切った身辺整理に踏み切った
思い出は機材の足しにすらならない、足手纏い足かせにはなるが
併せて、厳戒態勢を1月中途で、所属寺院内以外での交際統制を2月末でそれぞれ解除して戦時体制を解除した
敵は、これまで多くのものを刷り込んで強要してきたが、或る時は「リクガ」を、或る時は「失地回復」を口実に多くの縁から背けさせるため不必要な規制を多く構えさせることで常に身構えた体制になるように仕向けてきたのである
その結果、身近な縁がことごとく失われ結果マインドコントロールの渦に留め置かれた結果がこの「障がい者」のレッテルだということだ
身構えていてはチャンスは来ない、そうと知って敵はそのようにさせていたのである
なお、年齢制限については必要な規制として存置している
年齢オーバーの女に用は無いからである
敵は、その用の無い女に限ってこちらに差し向けてくるのだ
そして、当然にはねられる
それを何度か繰り返した段階で、逆に敵対するように仕向けてくるのだ
この手口は古くからある敵対者養成の手口だ
いずれにしても、身構えるところにチャンスはやってこない
折伏も身近な縁から、である
従って、資格要件も大幅に緩和し、事実上のボーダレスとしている
学歴の枠も、職業業界の枠も飛び越えて初めて手にすることのできるものがあると信じて進んでいくのみである
学歴の差がどうだとか、高卒でないと云々というのは足かせにはなっても幸せをつかむためにはならない
折伏とはオールカマーでなければならないからである
身構えずNEWTRALで行く、そういうことである
とりあえず、新しいカノジョが出来たらお寺に連れてくるという方向でおk
それと、一度私を見くびった女の復活は絶対にないということだけは厳に申し上げておく
こともあろうに、所属寺院住職や講頭に誹謗の砲撃を浴びせている者があるらしい
それを受けた今日のご指導であると受け止めているが、斯様の者は広宣部や敵対者連と何ら変わらない、同じ穴の狢となるのである
そんなだからレッテルを見ただけで人を見くびるように成り果てるのである
いつか広宣部を、そして見くびった連中を見返すためのたたかいは既に始まっているのである

カテゴリー: 雑感 | Against はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-164.html

Aというロックグループのこと

2003年8月、筆者はある石之坊講員から折伏された
それは大阪遠征の帰り道だった
そして、それからネットで種々調べて真実を追求した
その結果、8月の下旬には帰伏の結論がほぼ固まっていたのであった
云うまでもなく日蓮正宗は謗法厳戒の門流である
謗法厳戒のことは帰伏の前でも重々承知していたので、当時の生活に押し付けられていた様々なものが問題になったのであった
勿論、当時において敵の存在などは分からない状態であったし押し付けられていたことも分からなかった
しかし、それでも日蓮正宗の教義の上から明らかに謗法であれば、当然に粛清の対象になり得たということである
以前にも少し触れたと思うが、粛清の対象になったのはロックグループ「A」である
これを捩じ込まれたのは1986年頃、島流し時代にまで遡る
首魁のT.Tはもう60目前、と書けばどこのことを言っているのかは明らかであろう
島流し時代に捩じ込まれたものにはAのほかアイドルが数名あった
その中に、1988年の目黒の事件で問題になったY.Mもいる
アイドルどもは目黒の事件に対する反省から粛清となり、初めて自分の意志で第1号アーティストを導入したのである
しかし、そのことが敵の逆鱗に触れてくだらない理由で別れさせられ、元の木阿弥になってしまっていたのだ
その状態が続く中、2003年になって漸く光が差し込んだのであった
暗闇を照らした光はその問題点を暴き、Aが歌っている内容のほどが問題となったのみならず、首魁のT.Tがキリスト教の影響を多大に反映していることが大きな問題となった
かくして、入信の決定からほどなくAの粛清が決定したのであった
入信を目前にしたある日、筆者は荻窪の中古ショップにそれを持ち込んだ
売却価格は、20タイトル程で約7500円であった
そして入信の日を迎えることとなるのであった
この日蓮正宗への入信は、敵の都合に真っ向から逆らうものであった
それは、この時点で20年余りに亘って敵が積み上げてきたことを一瞬にして不意にし兼ねないものだったからである
入信して以後、筆者は敵の計略による様々な迫害を受けるようになった
そして、そうこうしているうちに門外漢女が入ってきて様々な謀略に手を染めるようになったのである
最初から謀略で入ってきたか?というとそれは無いと思う
後から敵のエージェントになったのであって、敵にしてみれば都合のいい人間が入ってきた、しめしめと思ったことであろう
そして敵は、予ねて捩じ込みに精を出していた「バイク」の極大化を実行に移し、一方で門外漢女にはそれに真っ向から刃向うように仕向けたのである
そして「バイクは正法じゃない」の妄言が生まれ、そして敵は自動二輪計画なる者を筆者に強要したのである
かくして「自動二輪圧殺事件」は演出されたのである
以後、「バイク」はいたるところで利用され、賠償金簒奪事件そして行き倒れ策動にまで発展したのである
日蓮正宗への入信はもとより、それに伴うAの粛清共々敵の都合に真っ向から逆らうものであった
何故ならばAこそが筆者を意図的にミスリードするべく敵が捩じ込んできた必殺兵器だったからである
そのAの存在が粛清によって筆者の思考から一掃されたことは、敵にとっては大いに想定外であったのである
日蓮正宗への入信以上にAの粛清が敵にとっては大いなる想定外だった、ということである
今にしてみれば、Aの歌っている内容は支離滅裂で一貫性が無く、インチキででたらめに満ちていると云える
そんなものに15年以上付き合わされたのである
しかも、島人の中では「(筆者の名前)と云えばA」のイメージがあまりにも定着してしまい非常に迷惑千万であった
今の価値観に照らして、Aは明らかにそこから大きく逸脱しているし女のA中毒者の派手さ加減を見れば筆者には到底合わないのは明らかである
でたらめといえば、一時期捩じ込まれかかったインチキアイドル「M」(茶畑崩壊アイドル)もでたらめに満ちている
云うまでもなく「M」も敵が捩じ込んできたものである
Aの粛清からMのねじ込みまで8年を要している辺り、Aの粛清がいかに敵にとって大きな痛手であったかが窺える
ちなみに、崩壊したのは「M」首魁のK.Mの地元の茶畑である、あれが顕罰でなくて何を顕罰と呼ぶのであろうか
長らく革命一家では所謂四天王以外のアーティストを一切認可していなかった
四天王の中には初めて筆者の意志で導入した第一号アーティストもいる
2014年1月14日から22日にかけて、再承認も含め4組のアーティストを追加で承認した
その中には、初めて平成生まれのアーティストが含まれている
勿論、全部自分で書いているシンガーソングライターである
あとは再承認が2組、80年代のアーティストでありながら今回が初めての承認となるものが1組である
8組もあれば、もう十分であろう

カテゴリー: 自主独立闘争の真実, 自主独立闘争関連 | Aというロックグループのこと はコメントを受け付けていません。
この記事のURL:http://peintre-celebre.com/weblog/blog-entry-162.html